【この差】リプトンのおいしいアイスティーの作り方と味ぽんで角煮のレシピ

アイスティー

2016年5月1日放送のTBS「この差って何ですか?SP」の
「製造メーカーがアドバイス!差がつくワンポイントテクニック」

その中からリプトンのティーバッグでアイスティーを美味しくいれるテクニックと
味ぽんで角煮を作るレシピを紹介!

スポンサードリンク

ティーバッグでアイスティーを美味しくいれるテクニック

世界トップシェアの紅茶ブランドリプトンにティーバッグで
アイスティーを美味しくいれるテクニックを教えていただきます。

アイスティーやホットティーに使う水は「水道水」が1番いい

「ミネラルウォーター」のように、マグネシウムなどのミネラルが多い水で紅茶をいれると、紅茶に含まれる「茶成分」の抽出が妨げられ、紅茶の色や味に影響がでてしまう。

一方「水道水」は、ミネラル成分が少ないので紅茶の色や味に影響が出にくく、また、水道水はミネラルウォーターより多くの空気を含んでいることから「ジャンピング」(お湯の中で茶葉が浮き沈みする現象)という現象が起こる。

まずはお湯をコップ半分いれる

※グラスは耐熱グラスを使用し、あらかじめ温めておきます。

コップ1杯のアイスティーを作る場合、氷で薄まってしまうので、濃いめに作るのがポイント、コップの半分くらいのお湯をいれる。

ティーバッグは振らない

ティーバッグを振ってしまうと茶葉が開くのをせかしてしまい、本来抽出されるべきお茶の成分が抽出されなくなってしまう。温度も下がってしまう。

お湯に優しくティーバッグをいれたら、小皿やソーサーなどでコップにフタをして1分から1分半くらい蒸らす。高温状態をキープすることによって紅茶の成分が最後まで抽出される。

氷をたっぷりいれたグラスを別に用意し、そこに素早く紅茶をいれる

氷をいれて冷えた状態の所に熱い紅茶をいれると一気に冷える。

一気に冷やすと紅茶の成分である「カフェイン」、「タンニン」が結晶化せずに透明感あるアイスティーが出来上がる。

【美味しいアイスティーの入れ方の手順のまとめ】
1.水道水を沸かす。
2.グラスの半分くらいお湯を注ぐ。
3.②のグラスにティーバッグを入れ動かさず。
蓋をして約1分蒸らす。
4.氷をたっぷりいれたグラスを別に用意する。
①の紅茶を素早く移す。



スポンサードリンク

味ぼんをムダなく使い切るテクニック

味ぽんは食材にかけて食べる人が多いようです。
しかし、味ぽんは加熱する料理にすごくむいているとのこと。

そこでミツカン社員がおすすめする
味ぽんの加熱調理レシピ。

strong>
【味ぽん角煮のレシピ】

『材料』(4人分)
豚バラ肉(ブロック)→500g
ゆで卵→ 4個
味ぽん→ カップ 3/4
水→ カップ1と1/2
みりん→ 大さじ2
しょうが→ 1片

『作り方』
1.鍋に豚バラ肉とかぶるくらいの水(分量外)を入れ、
火にかける。沸騰したら10分ゆでる

2.ゆで上がったら鍋から引き上げ、ゆで汁は捨てる。
豚肉はお好みの厚さに切り分ける

3.鍋に豚肉、ゆで卵と調味料(味ぽん、水、みりん、しょうが)を入れ
て落とし蓋をとり、煮詰める

(しょうゆの代わりに味ぽんを加える)

4.豚肉と、半分切ったゆで卵を器に盛りつけ、
好みでゆでたチンゲンサイなど青菜を添えれば角煮のできあがり!




【ミニトマトのぽんピクルスのレシピ】

『材料』(1人分)
ミニトマト→ 3個
味ぽん→ 大さじ2
はちみつ→ 少々

『作り方』
1.ミニトマトはへたをとり、
楊枝で数箇所穴をあける

2.「味ぽん」と「はちみつ」を混ぜ合わせ、
ミニトマトを1時間ほど漬け込めばできあがり。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ