【コロシアム】柳澤英子さんの「つくりおきダイエット」のレシピ!

ダイエット

2016年5月2日放送の「直撃!コロシアム」は「ダイエット」がとりあげられました。

今夜の50人はダイエットの成功者と負け組!

その中で作り置きおかずで-26㎏痩せたという
柳澤英子さんの「つくりおき(作り置き)ダイエット」のつくりおきレシピを紹介!

スポンサードリンク

柳澤英子さん

柳澤英子さん、本も出されているのですね。

柳澤英子さんは長年の不規則な生活で52歳まで太っていた。

ダイエットしようと思ったが、
食事は我慢したくなくて、
自ら生み出した“作り置きおかずダイエット”のダイエットに成功。
73kgk\から47kgへ。

旦那さんも10kgの減量に成功しているとのこと。

1週間分のおかずが1時間で作れる。
忙しくてもすぼらでもできる簡単ダイエット!

作り置きおかずダイエット

【作り置きおかずダイエットやせるポイント】
1.炭水化物を大幅カット
2.すべてのおかずを電子レンジで作る

【1品目:シュウマイ】
1.合いびき肉に塩コショウで味付け。

2.①に細かく刻んだニラを混ぜる。

3.つなぎとしてマヨネーズを加える。

マヨネーズは卵よりもコレステロールが低く、
コクも出る。

4.よくこねて肉だねを作る。

5.加熱したキャベツで肉だねを包む。

キャベツで包み炭水化物をカット 

シュウマイの皮よりも炭水化物を1/10以下に。

6.電子レンジで4分加熱すればできあがり。

焼くの油をカット

【2品目:ギョウザ】
1.油揚げを半分に切る。
2.シュウマイの時に作った肉だねをを作り
油揚げに詰める

餃子の皮よりも炭水化物を1/20以下におさえられる。

油揚げで包み炭水化物をカット

3.電子レンジで5分加熱すればできあがり。

【3品目:豚巻きピーマン】
1.豚バラ肉を塩コショウで味付け。

2.半分に切ったピーマンにスライスチーズを
のせて①の豚バラ肉で巻く。

3.容器に入れて電子レンジで5分加熱すればできあがり。

【4品目:肉だんご】
1.豚バラ肉に塩、コショウをして団子状にまるめる。

2.トマトなどと一緒にレンジでチンする
色んな料理に便利に使いまわせます。

このような感じで1時間で12食のおかずが完成。
これがあれば外食や買い置きの必要なし。

スポンサードリンク

そのほかのダイエット法

「ダイエットの勝ち組」25人に自己流ダイエットで
やせたかどうかをアンケートすると、
16人がYESと答えた。

“109ダイエット”の太田葉子さんは、「モデルになりたい」と姉に
ポロっといったところから姉に109に連れて行かれ、
「服着てみ」と言われ、どれも着れず、
そのときにほかの客や店員に笑われたことがきっかけでダイエットを始め、
モチベーションを上げたという。

テニスラケットの1日素振りを300回とかスクワットをしたり、走ったり、
1日10食べていたのを3食に減らした。

“ハイヒールダイエット”の仲田千夏さんは、
いろいろなダイエットをしたが続かない。

どうやったらダイエットが続くかを考え、日常化することが大事。
日常歩いていると気付き、ハイヒールを履くようにしたという。

最初はなかなか体を支えられなかったが、段々と歩けるようになり、
ハイヒールが高くなってったそう。

ハイヒールをはくとバランスよく立とうとするため
自然と体の中心に力が入り
インナーマッスルが鍛えられ代謝が上がるという。

これに対し「ダイエット負け組」の後藤さんは
履いてもやせない、そもそも履けないと主張、
仲田さんははくだけじゃやせないと指摘したのでした。

鈴木真幸さんは、先端が柔らかい“やせ箸”を自作したそう。
やせ箸で早食いを防止できるという。

ゆっくり食べる事で満腹感も得やすい。


感想

つくりおきダイエットで-26kgとは驚きですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ