【マツコの知らない世界】大食い小林尊、赤阪尊子、新井和響、ジャイアント白田

大食い

2016年5月3日放送のTBS「マツコの知らない世界」の中で
「大食いの世界 」がとりあげられました。

小林尊、赤阪尊子、新井和響、ジャイアント白田、
高橋信也さんが集まり、大食い対決にも挑戦!

スポンサードリンク

フードファイター・小林尊さん・赤阪尊子さん

今回の案内人、伝説のフードファイター・小林尊さんは
大食い界のプリンスとして活躍。
ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権を6連覇、世界一に。

現在はニューヨークに住み、アメリカで最も有名な日本人と呼ばれています。

そして、スペシャルゲストとして
元祖大食い女王・赤阪尊子さんが登場。

10年前にレーシックの手術をしたので
トレードマークのメガネはかけていません。

赤阪尊子さんは元祖大食い女王で、
超人的な食べっぷりで長年日本大食い界をけん引。
まさに飢えるジャンヌダルク。

食欲増進のため、大量の砂糖を入れた飲み物を
がぶ飲みするのも有名。

【小林尊さんのプロフィール】
1978年3月15日生まれ(38歳) 
長野県出身

大食いのきっかけ
大学時代にココイチで人生初の大食いに挑戦したこと!
デビューは2000年22歳の時にTVチャンピオンに初参戦!
赤阪さんを破り優勝。

主な実績
「フードバトルクラブ」初代王者
ネイサンズ国際ホットドッグ早食い大会6連覇

主な記録
ホットドッグ69本(10分)
チキンウイング337本(30分)
ハンバーガー97個(8分)
カレー13皿(6分6秒)

現在
世界で活躍する現役のフードファイター


【赤阪尊子さんのプロフィール】
1955年2月25日生まれ(61歳)
大阪府出身

大食いのきっかけ
中学時代で家事全般を任されそのストレスで大食いに。
(昔は今と違って家事が大変だった)

デビュー
1993年37歳のとき、「TVチャンピオン」に初参戦し優勝!

主な実績
TVチャンピオンで計5回優勝。

主な記録
ラーメン15杯(60分)
寿司62皿(30分)
わんこそば470杯(30分)
巻き寿司6m

現在
保険の外交員を退職し、年金暮らし

現役時代はおにぎり5合分を持ちあるいていたそうです。

おやつはたっぷりのバターと砂糖を塗った食パン3斤に
飲み物がボウルいっぱいのカルピス。

小林さんと赤阪さんが初対決したのは2000年のTVチャンピオンでの大食いで
60分間でラーメンを多く食べた方が優勝というもの。
当時、赤阪さんはメガネをラーメンの丼に落とすハプニングも。

小林さんが勝ったが、
名前の字も同じで、赤阪さんは負けてもあまり悔しくなかったそう。


一世を風靡した大食いスターたち

一世を風靡した大食いスターたちがスタジオに登場!

新井和響さんは、
スピードが武器のファイター。
2000年、ネイサンズの国際ホットドッグ早食い選手権に
小林さんに先駆けて出場。

パンを水に浸けて食べる「TOKYOスタイル」をあみだし、
ホットドッグ早食い世界1に!

第1回フードバトルクラブでは小林と直接対決し、
激闘の結果、小林の勝利。

現在は週4日筋トレをしていて、48歳とは思えない肉体を維持している。

スポンサードリンク

ジャイアント白田さんは、
195センチの長身で、
第2回フードバトルクラブでは小林に挑戦し優勝した。

現在は大阪・なんばに串カツ専門店「しろたや」をオープンし、
自ら厨房に立っている。

高橋信也さんは、
2001年第1回フードバトルクラブでテレビ初出演、
いきなり赤阪さんと対決、準優勝を果たした。

褐色の肌に金髪というルックスからマイケル高橋と呼ばれるように。

利き腕を骨折して出場した大会では骨折した右手を使って挑戦。
その後はフードファイターブームを牽引。
現在はIT企業の執行役員として活躍中。

また、赤阪さんの全盛期の食費は10万円ぐらいで
お米は80キロくらい食べていたとのこと。

大食い界の元祖・赤阪さんの大食い都市伝説。
決勝が翌日の時に深夜コンビニで大量に食べ物を買い、
食べてしまっていたそう。

大食いファイターはスピードも大事だが胃の容量も大切。

胃の拡張トレーニング方法

みんな大会の日に向けて胃の拡張するトレーニングをしていたそうです。

赤阪さんは米7合を雑炊にして食べ、胃の容量を大きくしていたそうです。
(それはトレーニングじゃなくて節約じゃないの?とマツコ)

マイケル高橋さんは、最初は水5~6リットルを飲んで胃の拡張をする。

小林さんも水4リットルを一気飲みするトレーニング。
さらに大会直前にはなんと12リットルもの水を胃におさめるという。

白田さんは水半分、食べ物半分のトレーニング。

たくさん食べると肋骨以外のあらゆる所が、背中も伸びるそうです。

世代によって稼いだ額がケタ違い

フードファイトで稼いだ金額ランキング
1位 小林尊 1億円以上
2位 ジャイアント白田 5000万円以上
3位 新井和響 700万円
4位 赤阪尊子 500万円
4位 マイケル高橋 500万円

小林尊さん1億円以上とはすごいですね!

赤阪さんの時代はノーギャラの仕事も多かったそう。

フードファイターの主な収入源は
・大会の賞金
・テレビイベントの出演料
・大食いチャレンジ店の賞金

大食いチャレンジ店の中には成功しそうになると
嫌がらせをしてくるお店もあるそう。

高橋さんは3枚のステーキをチャレンジするというメニューで
最後の1枚がほぼ生肉状態。
逆に闘志が湧いてクリアしたそうです。

新井さんは偽の時計で、
本当の時間より早く終了してしまったそうです。


大食いバトル

フードファイターたちによる1分間の寿司早食い対決をすることに。
対決は新井、高橋、白田、小林さんの4人。

【結果】
新井さん 26貫
高橋さん 26貫
白田さん 26貫
小林さん 44貫(22皿)

小林尊さんダントツですね。
1貫あたり1.3秒の速さで食べている計算です。



赤阪尊子VSマツコのカレー大食い対決!

赤阪さんとマツコさんが
カレーライス3皿早食い対決をすることになりました。

カレーライス3皿(1皿500g)の大食い対決で、早く食べた方が勝ち。

赤阪さんは前回マツコの食べっぷりを見て対戦してみたい、
早食いの素質があると思ったそう。

小林さんは女王赤阪と対決のはマツコしかいない!とコメント。

赤阪さんとマツコのカレーライス3皿早食い対決がスタートし、
ほぼ同時のタイムで食べ終え名勝負に!

対決はビデオ判定に任されることに。

結果は…
引き分けとなったのでした!

マツコさん、すごいですね~。

マツコさんは「もうやんね~から!」と言っていましたが、
どうでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ