【世界一受けたい授業】紫外線対策!肌の隠れジミを減らす方法とは?

紫外線

2016年5月7日放送の「世界一受けたい授業」の中で
「紫外線」がとりあげられました。

5月の紫外線は真夏並み!今すぐ始めよう!紫外線対策。

東海大学の佐々木政子先生がに教えていただきます。

スポンサードリンク

紫外線とは?

しみ、しわ、皮膚がんの原因になる紫外線。
4月~5月頃になると一気に増えます。

太陽から直接届くだけでなく、空気中の分子にぶつかって
あらゆる方向から肌に届く紫外線。

紫外線には実は2種類あります。
UV-AとUV-B。

【UV-A】
太陽から地表に届く紫外線のおよそ95%をしめています。
窓ガラスを通って室内にも入り込み、
日常生活の中で意識せずに浴びているため、
生活紫外線とも呼ばれています。

この紫外線は肌の奥まで届き、
コラーゲンにダメージを与えます。
そしてこのUV-Aは5月が一番多いのです。

【UV-B】
肌の奥までは届かないものの、皮膚へのダメージが強い。
太陽から地表に届く紫外線のおよそ5%ですが、
エネルギーが強く浴びすぎると
皮膚の炎症や皮膚がんの原因に。

そんな紫外線について、東海大学名誉教授 太陽紫外線研究の第一人者
佐々木政子先生に教えていただきます。


紫外線の疑問

・日焼けしやすいのは、男性?女性?
答えは男性
なぜ男性の方が日焼けしやすいのか
理由は解明されていない。

・日本人は肌タイプが三つ。
A→すぐ赤くなりわずかに黒くなる
B→赤くなった後いつも黒くなる
C→あまり赤くならずすぐ黒くなる

日本人で一番多いのはBのタイプ。

一番紫外線の悪影響を受けやすいタイプは
すぐ赤くなりわずかに黒くなるAのタイプ。

皮膚がんなどの発生リスクが
Bに比べてAのほうが3倍から5倍ある
と言われています。

・20代と60代 日焼けしやすいのはどちら?
答えは60代

一般的に60代は、20代に比べて、
あまり日に当たらない表皮が薄くなっていて
紫外線の影響を受けやすい。
ただし、長年真っ黒に日焼けし続けている方は例外。

スポンサードリンク

紫外線対策

紫外線をどういう対策で防げるのか実験をしました。

天気のいい日に日傘をさして歩くと
紫外線(UV-A)を約95%もカットできました。

しかし日傘だと、地面から反射した紫外線は
ブロックできていないので気にする人も。

地面からどれくらい紫外線が反射しているか?
ごく僅かなのでほとんど気にしなくてもいいレベルでした。

紫外線対策に日傘を上手に利用しましょう!

肌の炎症や皮膚がんの原因になるUV-Bは、
服の素材によって素肌にあびる紫外線量が違ってきます。

吸湿性に優れた綿と速乾性に優れたポリエステル
どちらが紫外線から守ってくれる?

正解はポリエステル
ポリエステルは紫外線を通さないのです。
ポリエステル分子が紫外線を吸収するのです。

色はあまり関係ないですが、黒は熱をため込むので
夏は熱中症予防のため白がおすすめ。

隠れジミを減らす対策

紫外線で女性にとって気になるのが、
皮膚の下に隠れている隠れジミ。

今のところ目に見えていないけれど、
将来的にシミとして出てくる可能性があります。

ゲストの犬山紙子さんが皮膚の下の隠れジミをチェックします。
肉眼で確認するかぎり、左頬には26個ほどのシミ。
しかし、左頬の隠れシミは46個。

右頬は肉眼で27個ほどのシミ。
しかし右頬の隠れジミは73個ほどもあったのです。

隠れジミを減らすのに効果的なのが野菜ジュース。
特に人参を入れると良い。

隠れジミがたくさんある50代の女性が
ニンジンベースの野菜果物ジュース(1日200ml)を
8週間飲み続けたところ
隠れジミが減少していました。

人参にはβカロテンが含まれており、
βカロテンが新陳代謝をよくし、
これが隠れジミを減らす効果があると考えられます。

βカロテンはジュースにすることでそのまま食べるより
吸収力が高まります。

紫外線を浴びることも必要

紫外線を浴びるのは悪い事ではない。

UV-Bは浴びるとビタミンDが体内生成され、
骨を強くする効果があります。

紫外線を避けすぎると骨粗しょう症になることがあるのです。

このため、適度な紫外線を浴びることが重要。

1日のうち10時~14時が最も紫外線が強いといわれており、
この時間を避けて15分ほど日光を浴びると
ビタミンDの不足を防げるといわれています。

特に手のひらを太陽に向けることがオススメ。

手のひらにはシミの元になるメラニンが
ほとんどないため日光浴を楽しめます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ