筋膜リリースでダイエット!【主治医が見つかる診療所】

ダイエット

2016年5月9日放送の「主治医が見つかる診療所」は「最新ダイエット特集2HSP」

筋膜リリースで痩せやすい体を作るエクササイズなどを紹介!

スポンサードリンク

筋膜リリースとは?

たるんだお腹を引き締め、やせやすい体を作る
筋膜リリース

ストレッチは筋肉を伸ばしてほぐすことで体の運動能力が高まり
代謝もアップする効果があるといわれています。

そして、近年それぞれの部分の筋肉を伸ばすだけでなく
全身を伸ばすことが痩せやすい体を作るのに
より効果的だとわかってきたといいます。

運動機能の改善のスペシャリスト竹井仁博士によると、
「筋膜」とは1つ1つは基本的にバラバラの筋肉を、
ボディースーツのように覆ってつないでいる膜の事。

全身の筋膜はつながっているため、
一箇所の筋膜がこわばると、他の場所にも影響が出てしまう。

そのため、こわばった場所をストレッチで伸ばすだけでは不十分。

全身の筋膜をリリースしてあげる(ほぐしてあげる)事で、
全身の筋肉がしっかりと動くようになり、
代謝が上がってやせやすい体になるという。

また、筋膜のこわばりは普段のクセで起きるという。

例えば足を組むときいつも同じ足を上にして組んでいたり、
カバンを肩にかけて歩く際もいつも同じほうだったりする。

【クセによる筋膜のこわばりを防ぐ方法】
・意識して足を組み替える

・かばんを逆に持ちかえる

髪が長い人は首を曲げやすい方向が髪の分け目によって違い。
髪が視界を遮らない方に向けがち

・意識して髪の分け目を変える



筋膜リリースでダイエット

【やせやすい体を作る「カンタン筋膜リリース」その1】
1.テーブルに両手を乗せ、軽く体重を支える。

2.両手をテーブルに沿って前に伸ばす。
この時、両足を浮かせずに体をL字に曲げ、両手を伸ばすようにする。

L字 筋膜リリース

3.体をL字に曲げたまま30秒キープ。

※無理をせずにできる範囲で行ってください。

普段なかなか伸ばさない肩から背中、モモ裏をつなぐ筋膜を伸ばすことができます。
痩せやすい体作りにはこの部分の筋膜が大切。
肩から背中、太モモには大きな筋肉が集中。
動きやすくすることで代謝UP!

1回30秒を1日3セット
慣れてきたら徐々に時間を伸ばし、1回90秒を目指すとよい。


【やせやすい体を作る「カンタン筋膜リリース」その2】
1.左手をテーブルに乗せ、右足を前に出してヒザを曲げる。
この時、左足のヒザは伸ばし、両方の足の裏はしっかりと床に着ける。

2.右手を斜め上に伸ばして30秒キープ。

3.そのまま上体を右に90度ひねり、さらに30秒キープ。

バレリーナ風筋膜リリース

※無理せずに、できる範囲で行って下さい。

左右入れ替えて、それぞれ1日3セット。
慣れてきたら1回45秒を目指すとよい。

体をひねることで先ほどは伸ばさなかった部分の筋膜も伸ばすことができ、
背中や腰などの大きな筋肉がより動きやすくなります。

1回でも効果が実感でき、体も温まってきます。

スポンサードリンク

自宅でカンタン!やせやすい体を作るエクササイズ
【1つ目:普段使わない肩甲骨をほぐすエクササイズ】

1.右手のヒジを直角に曲げ、頭の後ろへ。
左手のヒジも直角に曲げ、腰の後ろへ持って行く。

2.両方のヒジを、肩甲骨を回転させるイメージで中央に寄せ、5秒間キープ。

筋膜リリース体操

3.③反対側も同様に行う。

無理せず気持ちいいところで5秒キープするのがポイント。

左右10回程度を、1日3回位から始めるとよい。
※無理せずに、できる範囲で行って下さい。

【2つ目:たるんだお腹を引き締めるエクササイズ】
1.ヒザを立てて仰向けに寝る。
2.お腹をパンツのゴムから離す感覚で引っ込める。
3.肩甲骨を床から浮かせ、手先でヒザ頭を触る。
その状態でⅴ秒キープ。

※無理せずに、できる範囲で行って下さい。

初めは5回くらいを1日3回程度。
慣れてきたら10回くらいを1日3回程度。

筋膜リリースをやった後にエクササイズを
2週間ぐらい続けると効果が実感できるそう。

4週間行うと周りからの見た目も変わるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ