【ナイナイアンサー】焼き梅干しとあずきスープでラクやせダイエット!

ダイエット

2016年5月10日放送の「解決!ナイナイアンサー」の中の「ラク痩せダイエット」

ご飯もお肉も我慢せず2週間のラク痩せダイエットに挑戦!
スーパーで買える焼き梅干しとあずきスープでラクやせダイエット!

ダイエットに挑戦したのは、椿鬼奴さん、AKB48島田晴香さん、猫塾の田辺智加さん。

スポンサードリンク

焼き梅干しでダイエット

【短期間でラク痩せダイエット食材①】

ダイエット最先端!
いつもの食事に焼いた梅干を一緒に食べるだけで
脂肪がぐんぐん燃える。

梅の研究の第一人者、
和歌山工業高等専門学校の奥野准教授にお話を聞きます。

和歌山の調査で、
1日の梅干しの摂取量と、
どれだけ太っているかを示す、肥満指数(BMI)との
関係性を調査したデータによると、
1日3個以上梅干しを食べている人は、
それ以下の人と比べ、BMIの数値が低くなっているそう。

その理由は梅の中に入ってるバニリンという成分が、
肥満予防にすごく効果があると考えられています。

このバニリンは梅干し以外、ほとんど含まれていません。

実は、バニリンに脂肪燃焼効果があることが、
近年の研究で明らかに。

摂取されたバニリンは小腸で吸収され、
脂肪細胞を刺激します。

その結果、脂肪細胞を燃焼し、小さくすることで、
体重の減少につながるのだという。

およそ1日3個食べると効果があるといわれています。

たくさんのバニリンを摂取するためには、
3つといわず、もっとたくさん食べたいところ。

しかし、梅干しには塩分が多く、
それ以上食べると塩分の過剰摂取になり、
むしろ健康によくない。

そこで、梅干し3つでもバニリンがたくさん摂取できる技を発見!


梅干しを焼き梅干しにすることで、バニリンが20%増えるのです。

【焼き梅干しの作り方】
お皿に梅干し10個をのせてラップをし
500Wの電子レンジで1分加熱するだけ!

梅干しの中のバニリンを増やす方法。
それは、加熱すること。

奥野先生のグループが研究中のデータによると、
もともと常温の梅干しの中には、
脂肪燃焼効果のあるバニリンのほかに、
形は似ているが脂肪燃焼効果のないバニリングルコシド
という成分が含まれています。

しかし、このバニリングルコシドに熱を加えると分裂して、
バニリンに変化するとのこと。

そこで電子レンジの登場。
500Wで1分加熱すると、梅干しの中のバニリンがおよそ20%増加。
より脂肪燃焼効果がアップします。

温めると、若干見た目は変化するが、
味自体は変わらないようです。

※冷めてもバニリンが減らないので、
まとめて加熱して冷蔵庫に保管しても大丈夫です。

すでに加熱されている焼き梅干しも売られています↓




あずきスープでダイエット

【短期間でラクやせダイエット食材②】

あずきを煮るだけ!
食前に飲めばダイエットの天敵、
血糖値の上昇を抑える魔法のスープ

小豆にもポリフェノールが含まれています。

赤ワインやチョコレートなどに含まれているポリフェノール。
望月先生によれば、ポリフェノールを摂取するなら、
赤ワインやチョコよりも小豆がお勧めだという。

そもそもポリフェノールには、食後の血糖値を抑え、
過剰な糖が脂肪に変わるのを抑える働きがある。

つまり、食前に小豆スープを飲むことで、
血糖値の上昇を抑え、
いつもの食事のままでもダイエット効果があるという。

さらに、ポリフェノールには、動脈硬化や心筋梗塞の原因
といわれるコレステロールを体外へ排出する効果も。

では、赤ワインやチョコなどに比べ、なぜ小豆がいいのか。

小豆に含まれるポリフェノールは、
赤ワインの1.5倍から2倍ほどのポリフェノールが含まれていて、
それがダイエットに効果的に働く。

小豆に含まれるポリフェノールは、赤ワインの1.5倍から2倍。

さらに、赤ワインやチョコレートには、単純糖質といって、
吸収のしやすい糖質が含まれています。

小豆にも糖質が含まれていますが、
吸収が穏やかな複合糖質となっているので、
ダイエットには適しています。

小豆スープの作り方は?
通常、小豆を煮るときには捨ててしまう煮汁。
実はこの煮汁に、ポリフェノールはほぼ溶け出してしまっている。

そこで、煮汁を捨てることなくスープにするのに必要なのが、魔法瓶。

スポンサードリンク


【あずきスープのレシピ 】

あずきスープ

『あずきスープの材料』
乾燥あずき→50g
塩→少々
コンソメキューブ→1粒
お湯→400ml

『あずきスープの作り方』
1.魔法瓶に乾燥あずきを50gを入れる

2.塩とコンソメキューブを入れます。

3.お湯を400ml注ぎ、軽くふります。

4.横にした状態で一晩放置するだけ。(6~7時間)

翌日には、小豆のポリフェノールがぎっしり詰まったスープが完成。

めちゃめちゃおいしいというわけではないが
毎日続けて飲めるようです。

さらに、スープを飲んだあとの残った小豆の豆にも、
驚きのダイエット効果が。

小豆の注目すべきは、食物繊維の多さ。

実は同じ100グラムに含まれる食物繊維の量は、
ごぼうの3杯、さつまいもの8倍に匹敵する。

そして、その食物繊維は体内では消化も吸収もされずに、
水分を吸収し、数倍から数十倍に膨張。

これにより、腸を刺激し、便通を促してくれる。

小豆に含まれる食物繊維は、体内の老廃物を外に出すとともに、
腸内環境を整えてくれるので、
代謝を上げて痩せやすい体を作ってくれるのです。

これを生かさない手はないですね。

【あずき餃子のレシピ】
1.残ったあずきをみじん切りにする

あずき

2.塩もみしたキャベツ・大葉を①のあずきと合わせる
3.にんにく・しょうがをすりおろし、加える

にんにくには、血管拡張など、血流をよくしてくれるさまざまな作用が。
血流がよくなると、基礎代謝が上がり、カロリー消費量もアップ!

4.食材をよく混ぜ合わせる
5.餃子の皮で④のあんを包む
6.フライパンで焼き上げればできあがり

【あずきミートソースパスタ】
お肉の代わりに小豆をいれることで
あずきミートソースに。

【あずきハンバーグ】
ひき肉にのこった小豆を混ぜてハンバーグに。

島田晴香さんは前からお通じの調子があまりよくなくて悩んでたそうですが、
お通じの調子がとてもよく、朝起きてトイレに行くという習慣になったそうです。



タオルで短期間でラクやせエクササイズ

薄着になり始めるこの季節。
夏服美人に欠かせないほっそり二の腕にくびれウエストを手に入れたいところ。

家庭のタオルを使えばパーソナルトレーナーいらず!
失敗しないラクやせポーズ

教えてくれるのは、ダイエット本も出版しメディアでも話題。
イケメンパーソナルトレーナー、相田直輝。

今、エクササイズ界でブームとなっている、パーソナルトレーナー。

パーソナルトレーナーとは、マンツーマンで
トレーニングを専任指導してくれるトレーナーのことで、
その費用は、安くても、1時間5000円ほど。
高いと1万円以上。

効果はあると分かってはいるものの、なかなか気軽には利用できない。

しかし、ご家庭のあるものを使うだけで、お金をかけずに、
まるでパーソナルトレーナーについてもらうような効果的な
トレーニングができるという。

この運動で使うのはタオル。

何も持たずに動作すると、軸がぶれたりしてしまうけれども、
タオル持つことによって、軸が安定する。

【ぷるぷる二の腕をエクササイズ】 
1.背中の後ろでタオルを垂直に持つ
2.左腕は下に負担をかけ右腕を上に上げる

ぷるぷる二の腕をエクササイズ

この上下運動を10回。
左右入れ替えて10回ずつを1日3セット行う。

ぷるぷる二の腕の原因は、上腕三頭筋が衰えることで脂肪がつき、
たるんでしまうため。

この運動をすることで、上腕三頭筋が効率よく鍛えられ、
ぷるぷる二の腕がほっそりするという。

タオルがあることによって、左手でしっかり引っ張って、
より後ろの筋肉にストレッチが効いてくる。

【ウエストのくびれを作るエクササイズ】 
1.立て膝になり、タオルの両端を持って腰をひねるだけ

顔は正面を向いて、お腹だけを動かすように意識する

ウエストのくびれを作るエクササイズ

ウエストのくびれを作るエクササイズ

左右20回。
立てひざを変え、左右20回
合わせて1日2セット行う。

この運動を続けることで、おなかの横の筋肉を引き締め、
女性らしいくびれたウエストが手に入るという。

2週間後のダイエット結果

焼き梅干しとあずきスープ、
タオルエクササイズを2週間続けた結果!

田辺智加さん
体重→-4.7kg!
ウエスト→-11.2cm!

椿鬼奴さん
体重→-2.1kg!

AKB48島田晴香さん
体重→-3.1kg!
腹囲→-8.6cm!
二の腕→-1.6cm!

スポンサードリンク

2 Responses to “【ナイナイアンサー】焼き梅干しとあずきスープでラクやせダイエット!”

  1. チカル より:

    小豆スープは、
    400mlを3食に分けて飲むの?

    • chico より:

      番組では1日に飲む量については
      特に何も言っていなかったと思います。

      1回で作った400mlを3回にわけて食前に飲めば
      いいのかなと思うのですが、
      断定はできません。

      よろしくお願いします。

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ