【ジョブチューン】ドン・キホーテのお買い得商品の見抜き方!「限定価格」「驚安」「ロープライス保証」

ドン・キホーテ

2016年5月14日放送の「ジョブチューン」は「家族連れに大人気のお店スペシャル」

「ミスタードーナツ」「ニトリ」「ドン・キホーテ」「安楽亭」が集結!

ここではドン・キホーテを紹介!

本当にお買い得な商品の見抜き方や
「限定価格」「驚安」「ロープライス保証」などの価格表示のヒミツ。

スポンサードリンク

ドン・キホーテのぶっちゃけ

日本最大級の総合ディスカウントストアドン・キホーテ。

1989年に東京都府中市に1号店をオープンし、
現在では全国各地302店舗あります。

その人気の秘密は驚異的な安さ。

そしてトイレットペーパーからブランド品まで
幅広く扱い、
大型店では10万点アイテムに及ぶというの充実した品揃え。

年間に2億8000万人もが訪れる大人気店。

そんなドン・キホーテのぶっちゃけ。

『ドン・キホーテの店内の価格表示の中で
「限定価格」と書かれているものは赤字覚悟の一番お買い得品!』

本当にお買い得な商品にしか限定価格とつけない。

実際に赤字の商品もあるそうです。


「限定価格」「驚安」「ロープライス保証」などの価格表示のヒミツ

ドン・キホーテでは「限定価格」以外にも
ざまざまな価格表示があります。

「驚安価格」と書かれた商品もお買い得。
ほとんど利益はないそう。

ロープライス保証と書かれたものは、
近隣のライバル店より少しでもお安く提供するプライス設定。

他店よりも必ず安い値段で提供している。

ドン・キホーテの値札は「限定価格」「驚安」「ロープライス保証」がお買い得!

また、お買い得品は店頭に置かれていることが多い。

ドン・キホーテのお買い得品があるのは、
店内の奥まった場所や棚の一番下などわかりにくい場所にも多かった。

これはドンキのコンセプトである
「宝探しの感覚」で楽しんでもらえるように。
これはアミューズメント性を大事にしているため。

「お買い得品」は「店頭」「店内の棚の下段」にある!

スポンサードリンク

ドンキの家電が安いのはなぜ?

一流のメーカーを取りそろえているし、
他にもドン・キホーテのプライベート取り扱っている。

大きな声では言えないが、プライベートブランド家電は
一流メーカーの部品・工場をそのまま使っているので
大手のブランドに引けを取る商品ではない。

それでも大手メーカーの半額で提供している品もあるという。

また、ドンキには家電ソムリエと呼ばれる家電のプロがいて
毎日深夜24時までフリーダイヤルで相談に対応している。

購入後の様々なアフターサービスはもちろん
購入前にどの家電を買うべきかといった相談まで
無料で対応してくれるそうです。

得する買い物の仕方

「マジカ」というドンキ会員サービスに入ると
お買い得商品がメールで届く。

チラシにはのせられないお得な
情報を教えてくれるそうです。

例えば、大手メーカーで140円のお茶のペットボトル。
ドンキ店頭価格だと105円

マジカ会員価格だと65円!
とのことです。

半額以下ですね。



感想

この日の放送されたそのほかのお店はこちら↓
【ジョブチューン】安楽亭の食べ放題で元を取る方法、おいしいお肉の食べ方!

【ジョブチューン】ニトリの最大5割引で買う方法!オススメ商品はスキレット鍋など

【ジョブチューン】ミスタードーナツのおいしく食べる方法やおいしいランキング

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ