【林先生の初耳学】足を組むと顔デカに!骨盤のゆがみ改善体操で小顔に

小顔体操

2016年5月15日放送の「林先生が驚く初耳学!」で
「足を組んで座ると顔がデカくなる」がとりあげられました。

小顔になる骨盤のゆがみ改善体操も紹介!

スポンサードリンク

足を組んで座ると顔がデカくなる

小顔だと思う女性芸能人ランキング
1位は榮倉奈々さん。

その榮倉奈々さんが出題。
「顔の大きさっていつでも変わらないと思っていますよね?
でも足を組んで座ると顔の大きさが変わってくるんです。」

脚を組んで座ると顔がデカくなる理由は?

林先生

初耳!

足を組むと顔が大きくなるその原因は
「身体のゆがみ」

下半身の足と上半身の顔は離れているので
全く関係ないと思いそうですが
実は大間違い。
 
足を組んで座ると骨盤が歪んでしまうのです。
骨盤とは上半身と下半身をつなぐ要。

脚を組んで座ることで体の片側に重心がかかり
骨盤が歪んでしまうのです。


【骨盤の歪みをチェックする方法】

1.足をまっすぐに伸ばして座る

2.かかと同士をつける

3.足がV字なら骨盤は正常な位置にあります

4.そのまま足の力を緩める。

ここでもし右足が傾けば
骨盤が右側に歪んでいる可能性があります。

スポンサードリンク

しかしなぜ骨盤が歪むと顔までデカくなるのか?

骨盤のゆがみは体全体に影響を与えます。
その歪みが広がって

背骨や首の骨まで歪んでしまうのです。

首が歪むと血液やリパの流れが悪くなります。
そうすると老廃物がたまって顔がむくんでしまいます。

 
顔のむくみをストレッチやマッサージで解消しても
足を組み続けて骨盤が歪んでしまっていると

またすぐにむくみ顔に。


【骨盤のゆがみ改善体操】

1.立った状態で足の親指同士をくっつける。

骨盤のゆがみ改善体操
 
2.体の正面で手の小指を合わせる。
 
3.そのまま肘を曲げずに頭の上まで伸ばす。

骨盤のゆがみ改善体操
 
4.この状態で30秒間キープ。
 
5.ゆっくりと手をおろす。
 
この体操を1日1回行ってください。
 
体の中心をまっすぐ上にすることで
骨盤の歪みを元に戻すことができます。
 
骨盤が歪んでいる女性がこの体操を
1週間行ったところ、
あごのラインが細くなり
ウエストも65cmから61cmになったそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ