【サタデープラス】血管若返りにがごめ昆布と山うにとうふ

豆腐

2016年5月21日放送の「サタデープラス」の「Dr.プラス」は「2大血管若返り食材大調査SP」

血管を若返らせる食材として“がごめ昆布”と“山うにとうふ”がとりあげられました。

「血管を若返らせる」食材を2人のスーパードクターが紹介!

スポンサードリンク

がごめ昆布

血管若返り食材ひとつ目は「がごめ昆布」。

函館でとれる昆布で、粘りの成分「フコイダン」「アルギン酸」が
健康改善にさまざまな効能をもたらすのです。

血管を若返らせるスーパーな食材があるということで、
やって来たのは北海道函館の函館市臨海研究所。

教えていただくのは北海道大学水産学部、安井肇博士。

がごめ昆布は
北海道の函館周辺の海で採れる昆布の一種。

大きいものは幅50センチ、
長さ3メートルにもなるというがごめ昆布。

実は十数年前までは見た目も悪く、
真昆布を育てる邪魔になると、
邪魔者扱いだったそうです。

しかし、近年、安井ドクターらの研究で、
驚異の健康成分が明らかとなり、
一躍注目の食材に。

がごめ昆布は表面に凹凸があります。
そして、ねばねばこそ、安井ドクターが注目した健康成分。
がごめ昆布の3割以上は、食物繊維。

ねばねばの正体は、フコイダンとアルギン酸という
2種類の水溶性食物繊維。
血液をさらさらにする働きがあるといいます。

このフコイダンは、動脈硬化の原因の一つである、
血液中の悪玉コレステロールや、中性脂肪が増えるのを抑え、
さらに腸で吸収される前の余分な脂質を、絡め取って、
排出する働きがあるともいわれています。

海藻の中でもがごめ昆布にはこのフコイダンが
特に多く含まれており、
その量、真昆布の2倍以上。

そしてアルギン酸は
ナトリウムイオンをどんどん体の中にいる
ナトリウムを回収してくれる。

高血圧の原因であり、日本人の多くが
とり過ぎといわれている、ナトリウム。

つまり塩分を効果的に体の外に
排出してくれる働きがあるといわれています。

こうしたがごめ昆布の水溶性食物繊維は、
食品だけでなく、お肌の保湿にも効果的と、
今や化粧品やシャンプー、せっけんなどにも使われています。

全身をケアしてくれるがごめ昆布のねばねば成分、
フコイダンとアルギン酸。

安井ドクターによれば、より効果的に摂取できるお勧めの方法があるという。

それはがごめおぼろ昆布。

薄く削るので、細胞を破壊することで
成分が多く溶けだすといわれています。

がごめおぼろ昆布は
がごめすり身団子汁、がごめ昆布巻きおにぎり、マグロのカルパッチョ、
地元定番のがごめ納豆に松前漬け、はたまた冷やしラーメンに載せたりと
さまざまな料理に応用できます。


スポンサードリンク

樫の木豆腐

続いて、血管若返り食材を教えてくれるスーパードクターは、
白澤抗加齢医学研究所所長、白澤卓二ドクター。

老化防止のスペシャリスト。
白澤ドクターがお勧めするのは樫の木豆腐。

このお豆腐を作っているのは、実は熊本県の五木村という所。

樫の木豆腐はどうやってつくるのかというと
原料の大豆は普通の豆腐とまったく同じ。

それを、通常のおよそ3倍の量を使います。

濃度の高い豆乳ににがりを入れて、枠の中へ。

そしてここからがポイント。
重しをのせて、40分間、じっくりと圧縮。
すると水分が抜け、3倍の大豆の栄養成分が凝縮された、
樫の木豆腐が完成。
だから栄養成分も3倍になってるのです。

豆腐など大豆製品に含まれるたんぱく質のグリシニンは、
動脈硬化の原因となる中性脂肪や、
コレステロールを減らしてくれる働きが確認されており、
この成分が、普通の豆腐のおよそ3倍も入っているのが、
五木村の樫の木豆腐なんです。

そこで、五木村に住む30代から80代までの
男女10人の血管年齢を測定。
10人中7人は、血管年齢が実年齢を上回ったのです。
今回の調査で、血管年齢が若かった人は、
樫の木豆腐をほぼ毎日食べていたのでした。

そして、白澤ドクターによれば、樫の木豆腐の産地にはさらに一手間加えて、
栄養価がアップした、800年の歴史を誇る特別な豆腐があるという。

最強の豆腐、樫の木豆腐のパワーアップ版とは山うに豆腐。

早速、その山うに豆腐を製造しているという、五木屋本舗を訪ねます。

製造工程を見せていただくと、まずは樫の木豆腐を長方形にカット。
それを1日乾燥させ、水分を飛ばす。
するとチーズのような色に変わり、乾いたスポンジ状に変化。
それを秘伝のもろみみそで、半年間漬け込むという。

この山うにとうふの歴史は古く、
およそ800年前、五木村に逃げ延びてきた平家の落人が、
栄養価の高い保存食として、豆腐のみそ漬けを作ったのが、
始まりといわれているんです。

白澤ドクター「発酵と豆腐の組み合わせ。
そうすると、発酵で出てくるその栄養素というのは、
お豆腐の中にない栄養素があるのです。
ですから、その栄養学的なバランスというのは、
山うにとうふのほうが、(樫の木豆腐の)さらに上を
いってるというふうに考えていいと思います。」

もろみにより新たに加わる栄養素とは?

白澤ドクター「おみその中に入ってる、栄養素の中でビタミンBは、
たとえば脳の活動とか機能に非常に重要なんです。」

半年間、みそに漬け込まれた樫の木豆腐は、
ぷるっぷるに変身。

血管を若返らせる栄養成分に、
脳を活性させる成分もプラスされた山うにとうふ。

そこで、五木屋本舗の従業員の方々や観光協会の方々に、
おいしい山うにとうふの食べ方を教えてもらうことに。

まずは熱々のごはんに山うにとうふをそのまま載せて頂く、
これが五木村定番の食べ方。

大豆に含まれるたんぱく質には、
糖の吸収を抑える働きがあるため、ごはんと一緒に食べると、
血糖値の上昇を抑えてくれる効果も期待できるという。

さらに驚くべき効果もあるというのが、大豆に含まれるイソフラボン。

このイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをするといわれています。

イソフラボンと女性ホルモンは、その構造が非常に似ているということで、
イソフラボンをとることで、女性ホルモンと同じように、
お肌がすべすべしたり、保湿効果がアップといったことが
期待できるというんです。

続いては、五木村の伝統料理。
地元で取れたいのししの肉と、
山うにとうふをからめて焼き上げた、
しし肉の山うにとうふあえ。

動物性のたんぱく質と植物性の大豆のたんぱく質を
同時にとれる一石二鳥な一品。

こちらは、豚肉や鶏肉で作るのもお勧めです。

さらに、山うにとうふは昨年、フランスに上陸。
現地で大評判となり、持っていった商品はすべて完売。

その味にフォアグラみたいと、
パリっ子たちのハートをわしづかみにしたそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ