【サタデープラス】ポリ袋で作る塩パン&ドーナツ!世界一簡単なパン教室

塩パン

2016年5月21日放送の「サタデープラス」の中のスタディープラスは
世界一簡単なパン教室

教えてくださるのはパン作りの本も出版する梶晶子先生。

ポリパンといってポリ袋でパンの生地を作り、フライパンやトースターで焼く超お手軽パン。

今回は塩パンとドーナッツを作ります。

スポンサードリンク

大人気!梶晶子先生のパン教室

パン作りの本も出版する目から鱗のテクニックに人気殺到の「世界一簡単なパン教室」

講師は梶晶子(かじあきこ)先生。

最大の特徴は『ポリパン』と『フライパン』。

ポリ袋で生地を仕込むので、台所がよごれずアウトドアでもできるポリパンは、
手軽にパン作りを楽しめる簡単な手法。

オーブンではなく、フライパンやトースターを使って焼き上げます。

♪————————-♪
西荻窪 happy DELI
世界一簡単なパン教室
3時間4,000円
月に12回開催
♪————————-♪

【サタデープラス】ポリ袋で作るパン!梶晶子先生の世界一簡単なパン教室

以前番組で紹介し超簡単だと話題になった、
「世界一簡単な、ポリ袋を使ったパン教室!」の第2弾。
今回は鈴木奈々さんが挑戦!

前回は、「フォカッチャ」と「ちぎりパン」を紹介しましたが、
今回はいま大人気の塩パン!そしてお子さんも大好きドーナツまで。

簡単!塩パンのレシピ

『材料』
強力粉→150g
水→80g
砂糖→大さじ1/3
塩→小さじ1/3
天然酵母→大さじ1
(ドライーストでもo.k)

オリーブオイル→大さじ1

『作り方』
1.分量通りの材料をポリ袋へ入れる。

2.袋に入れた材料を振って混ぜる

少し空気を入れるのがポイント

3.約3分でパン生地完成!

4.袋のまま、一次発酵へ
倍の大きさになるまで置いておく。(今の時期なら6時間)

容器などにいれて、目印をつけておき、2倍になるまで待ちます。

パン教室

赤ちゃんのほっぺのやわらかさ

5.生地をそのままフライパンにのせる。
こんもりさせる感じで。

フライパンに蓋をして二次発酵。

6.約1時間後、二次発酵が終了。

7.表面に岩塩、オリーブオイル(溶かしバターでもo.k)をかけて
ふくらみすぎないように指でぐさっとさす。

ポリパン

8.そのままフライパンで焼きます。
強火でまずは30秒、その後弱火にして10分焼く。

9.ひっくり返して同じ時間焼けば塩パンのできあがり!

塩パン

※今回はフライパンで作りましたがトースターでもできます。
およそ10分、こんがりキツネ色になるまで焼けばできあがり。

塩パン



スポンサードリンク

フライパンで絶品!ドーナツのレシピ

『材料』
強力粉→150g
溶き卵→1/2
牛乳→60g
塩→小さじ1/3
砂糖→大さじ1と1/3
溶かしバター→大さじ1

シナモン・砂糖→お好みで

『作り方』

1.ポリ袋にすべての材料を入れる。

2.袋に入れた材料を振って混ぜる

3.生地を適当な大きさに分けて、
丸く成型してフライパンに並べる。

4.油を生地が入ったフライパンに直接回しかけて火にかける。

低い温度から揚げたほうが
表面はカリッと、中はふっくら揚がる。

ドーナツ

5.ひっくり返して裏面も焼く。

6.揚がったらポリ袋に入れて
砂糖やシナモンと一緒にシェイクすればドーナツのできあがり!

ドーナツ



感想

本当に簡単ですね。
鈴木奈々さんもおいしい!と絶賛していました。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ