【スマステ】外国人が集まる人気スポット!おりがみ会館&黒門市場&伏見稲荷神社

外国人

2016年5月21日放送の「SmaSTATION!!」ことスマステは
「日本人も知らない?外国人がわざわざ集まる
『意外な』人気スポットを大紹介!

グルメ・エンタメ・ファッション。
外国人から通した日本の魅力はココにあった!日本を再発見!

スポンサードリンク

外国人旅行客が増えている

昨年、外国人の来日数が過去最多の1900万人を突破。

45年ぶりに海外に行く日本人の数を、
来日する外国人の数が抜くという現象が起き、大きな話題をさらった。

ことしはさらにハイペース。
3月までに500万人を超える外国人が来日。

そこでSmaSTATION!!では、
外国人向けの日本ガイドの専門家に、アンケートを実施。

最近急激に外国人観光客に人気が出ているスポットを、
ランキングにしました。

というわけで今夜は、日本人が知らない!
外国人がわざわざ集まる人気急上昇スポットランキング2016。

外国人がわざわざ集まる人気急上昇スポットランキング2016


【5位:魚べい 渋谷道玄坂店】

『超高速&トリプルレーン&激安!近未来型の回転寿司』

そのスポットがあるのは、東京・渋谷。
JR渋谷駅から歩くことおよそ5分。

店内はちょっと変わった細長い作りで、
一直線にお客さんたちが並んでいる。

第5位、東京・渋谷、魚べい。
こちらは、全国におよそ90店舗を展開する回転ずしチェーン店。

しかし、なぜこんなにも外国人観光客が集まるのか。
だから外国人に大人気!

こちらの回転ずしのレーンはまっすぐ。
そのレーンのスピードは、超高速。
しかもトリプルレーン。
3つレーンがあるから、いろんな所からおすしが来る。

回り続けて乾いてしまうおすしを減らし、
ねたも常に新鮮という利点から出来たシステムなのだが、
それが外国人観光客には全く新しい回転ずしとして映り、
人気が出たのです。

注文のしかたも、日本語と英語の両方に対応した
タッチパネルを採用しており、
外国人でも簡単に注文できるようになっている。

またメニューのほとんどは、
108円とリーズナブルな価格なのも人気の秘密。




【7位:ハリネズミカフェHARRY】

『犬&ネコ&フクロウに続く動物カフェはハリネズミ』

続いてのスポットがあるのは、東京・六本木。
日比谷線六本木駅から歩いておよそ1分。

見えてきたのは、外国人だらけの行列。
オープン前にもかかわらず、長蛇の列が。

早速お店の中を見てみると、
一見、普通のおしゃれなカフェのようだが、
何やら皆さん、うれしそうに箱を渡されている。

外国人も朝から並ぶ、癒やしのカフェ。
第7位、東京・六本木、ハリー。

ハリネズミは名前からも勘違いされがちですが、
ネズミではなく、実はモグラの仲間。

こちらでは、日本で飼育が許可されている
ヨツユビハリネズミという種類のハリネズミを、
30匹以上飼育。

生後1年未満の赤ちゃんばかりなので、
大きさも手のひらサイズ。

システムは平日30分、1080円で、
好きなハリネズミを選び、抱っこしたり、
なでなでしたり、写真が撮れると、
大人気のカフェなのだ。

日本は猫カフェやフクロウカフェなど、
動物と触れ合える国として話題になっている中、
ついにハリネズミカフェまでできたと、
SNSなどを通じて広がり、
その人気は、回転時間前から外国人が並ぶほど。

しかし、なぜこんなにも外国人観光客が、
ハリネズミカフェに殺到しているのか。

実はハリネズミは、ドイツやイギリスなど、
ヨーロッパの国々では、庭に住み着いて、
害虫を駆除してくれると、とても好感度の高い動物。

しかし、ドイツでは野生のハリネズミを触ってはいけなかったり、
オーストラリアでは、飼うことができない。

自分の国では触れ合うことが難しい
ハリネズミの赤ちゃんをだっこできると、
外国人たちがこぞってやって来るようになったのです。

時間内であれば、いろいろな子をだっこしてもOK。
ちなみにこちらのカフェ、国外に持ち出さないのであれば、
気に入ったハリネズミを
その場で購入することもできますよ。



【8位:さくら亭】

『自分で焼くのが最高!心身アート+絶品お好み焼き』

続いてのスポットがあるのは、東京・原宿。
明治神宮前駅から歩くことおよそ4分。

中には国内外の新進気鋭のアーティストたちが
手がけた、さまざまな作品が。

実はこのエリアは、アーティストたちが
オリジナルの作品を発表できる
ギャラリースペースとなっているのだ。

そのエリアの奥に、外国人に人気のお店が
あるというのだが、
見てみると、次々に外国人観光客がやって来た。

第8位、東京・原宿、さくら亭。

現代的なレストランと違って
独自の雰囲気を持ったユニークな店です。

こちらのお店、世界的に有名な旅行ガイドブック
ロンリープラネットにも掲載されています。

こちら、創業18年のお好み焼き屋さんなのだが、
オーナーが隣接するギャラリースペースを持っているため、
店内の壁も、アーティストたちに開放し、
店自体をギャラリースペースにしてしまったのです。

しかし、なぜこんなにも外国人に人気なのか?
外国人のお客さんには、みずからお好み焼きを
焼く行為がとても新鮮らしい。

このお店には、そんな外国人観光客のために、
英語で書かれた焼き方の説明が渡されます。

またメニューには、タコスミートがたっぷり入った
メキシカンお好み焼きや、
とろとろチーズとからめて食べるピザもんじゃなど、
外国人にも親しみやすいメニューが豊富。
それではここで、外国人観光客に人気のメニューランキングをご紹介。

第3位、お肉を一切使わないので、
ベジタリアンにも人気、トマトソースが決め手の
ヘルシービーンズお好み焼き。

第2位、坂本九の大ヒット曲で
世界中に知られたこの日本食、
すき焼き風焼きそば。

第1位、見た目のインパクト抜群。
ブランド豚、アボカドポークを使った
黒豚お好み焼き。



【5位:東京すしアカデミー】

『世界的和食ブーム!2ヶ月で寿司の基礎を速習コース』

続いてのスポットがあるのは、東京・新宿。
西新宿駅から歩くことおよそ2分。

ここに外国人の観光客がどんどんやって来る。
果たして彼らのお目当てとは。
新宿のど真ん中で日本の伝統料理を学ぶ!
第6位、東京・新宿、東京すしアカデミー。
2013年、ユネスコが和食を無形文化遺産に
登録したのをきっかけに、世界的認知度が高まり、
近年、海外では和食が健康食として注目されています。

そんな中、本格的なすしを学びたいと、
外国人が急増しているという。

おすし屋さんですしを握れるようになるまでには、
皿洗いや出前といった下積みを経て、
最低5年の修業が必要といわれるしかし、
こちらの東京すしアカデミーでは最短2か月という期間で、
基本的な包丁の使い方から、
小魚のさばき方、すしの握り方を学ぶことができる
江戸前寿司ディプロマコースがあり、
一流のすし職人に作り方を教わりながら、
本格的なすしを学ぶことができると、
日本人はもちろん、外国人に特に
人気のコースなのです。



【4位:オニツカタイガー 表参道】

『なぜタイ人に人気?爆買い続出の老舗シューズ店』

スポンサードリンク

続いてのスポットがあるのは、東京・表参道。
表参道駅から歩くことおよそ5分、
こちらの建物店内を見てみると、
外国人の観光客で埋め尽くされている。

実はほとんどがタイから来た観光客。
タイ人に人気のジャパニーズシューズ。

第4位、東京・表参道、オニツカタイガー。
オニツカタイガーとは、
1949年にスポーツシューズメーカーとしてスタートした、
日本の老舗シューズブランド。

2003年には、タランティーノ監督の
キル・ビルの主人公が履いていたことでも集め、注目を集め、
世界的人気を博したことでも知られている。

しかし、そのオニツカタイガーが、
なぜ、これほどタイ人観光客に人気なのか。

実は今、タイの人々の中では、日本旅行がブーム。
経済発展が著しいタイでは、富裕層が増え、
海外旅行に行く人が増加。

さらに日本への入国ビザの規制緩和もあり、
2015年には、日本を訪れたタイ人渡航者数は、
79万人以上と、過去最高を記録した。

そんなタイで今、セレブや有名人がこぞって履いているのが、
オニツカタイガーなのです。

中にはこんな写真を持っている人も。
なんとタイのプミポン国王が、
オニツカタイガーを履いている写真。

タイの人々にとって、
国王はとても重要な存在なんです

タイには直営店がないため、
親戚や友人の分まで大量に買って帰る人が続出。

表参道店では、タイ語を話せるスタッフを
配置して対応しているとのこと。

もちろん、タイ人観光客だけではなく、
日本製の靴は、各国の外国人に人気。

中でも人気なのは、ニッポンメードシリーズという
国内生産にこだわったものだそうです。



【2位:黒門市場】

『関空が外国人入国者数1位に!食い倒れ市場の新サービス』

続いてのスポットがあるのは、大阪・日本橋。
近鉄日本橋駅から歩くことおよそ1分。

アジアからの観光客がほとんど。
果たして、そのお目当てとは?
アジア系観光客が殺到する、
食い倒れの街を支える巨大市場。

第2位、大阪府日本橋、黒門市場。

こちらは鮮魚店や青果店などおよそ180もの店舗が
軒を並べ、大阪の食を支える地域密着型の市場。

築地に外国人観光客が多いのは有名だが、
大阪の市場に、なぜアジア圏の観光客が押し寄せているのか。

実は格安航空会社・LCCの普及などにより、
中国や香港など、アジア圏からの関西空港への直行便が増便。

大阪へのアクセスがよくなり、
ことし2月の関西空港の外国人入国者数は、
なんと50万人を突破。

初めて成田空港を抜き、国内最多に。

それではここで、黒門市場の外国人に人気のお店を3つご紹介。

まずは毎日目利きしたマグロを仕入れ、
豪快に店頭でマグロをさばく、まぐろや黒銀。

こちらは本マグロの希少部位、
カマトロを惜しげもなく使用したカマトロにぎり寿司や、
大トロの刺身が人気なのだが、中でも外国人に人気なのは、
本まぐろ三色丼。
大トロ、中トロ、赤身が載ったぜいたくな一品。

続いて、神戸牛や黒毛和牛など、高級和牛を扱う、丸善食肉店。
実は海外では、神戸牛を食べるのがステータスとなっており、
連日大行列のお店。

こちらでは肉を買っても、その場で食べるしかない
外国人観光客に対応して、
精肉店にもかかわらず、
買ったお肉をその場で無料で調理してくれるのだ。
中でも一番人気は、神戸ビーフサイコロステーキ。

最後はこちら、目の前で新鮮なウニやカキを開いてくれる、
西川鮮魚店。
こちらの一番人気は、北海道産大ぶりの紫ウニ。

ちなみに大体お店は夕方5時から7時には閉まってしまうので
夕食をお目当てに来る方はご注意を。




【9位:With Bunny 浅草店】

『ビル1うさぎの楽園!人気の秘密は抱っこ』

続いてのスポットがあるのは、東京・浅草。
東武スカイツリーライン浅草駅から歩くことおよそ1分。

お昼12時のオープンとともに、
外国人観光客が店内へと吸い込まれていく。

一体、外国人観光客のお目当てとは?
浅草に現れるウサギの楽園。

第9位、東京都浅草、ウィズバニー。
店内には短い毛とふわふわの手触りが特徴の、
ミニレッキスや、耳が垂れていて小柄のホーランドロップ、
目元にアイラインが入ったようなドワーフホトなど、
全部で8種類26匹のウサギがいる。

こちらのお店では、たくさんの珍しいウサギを
見ることができるだけではなく、
お気に入りのウサギを抱っこしたり、
直接触れ合うことができるのです。

実はこちらのビル、5階すべてが利用可能な
スペースになっていて、2階と4階の部屋は、
パーテーションで仕切られたシェアルーム。
5階の部屋は、個室。
さらに屋上では、ウサギを散歩させたり、
外で遊ぶこともできるのです。



【3位:伏見稲荷神社】

『剣舞を知ってますか?サムライ伝統芸能を本格体験』

続いてのスポットがあるのは、京都・三条。

世界最大級の旅行口コミサイト、
トリップアドバイザーが作成した2015年、
外国人に人気の日本の観光スポットランキング。
全国の人気観光スポットが並ぶ中初登場で
8位にランクインしているのです。

次々と外国人がやって来る。
果たして、そのお目当てとは?
京都でサムライを学ぶ!
第3位、京都・三条、サムライ剣舞シアター。

ここ、サムライ剣舞シアターは剣舞の流派、
正賀流宗家の孫、鉤逢賀師範が剣舞を多くの人に
知ってもらうために、2014年にオープン。

伝統芸能の剣舞というものを知っていただこうという、
まず目的が第一にありまして、
剣舞で表現している武家の文化とか、
精神性というのをお伝えするというのを
プログラムにしています。

刀や扇子を使って、武士が詠んだ漢詩や、
和歌の吟詠に合わせて舞う伝統芸能、
剣舞を間近で見ることができたり忍者が登場し、
客席に近寄る場面も。

ナレーションは外国人向けにすべて英語なのです。

と、ここで、何やら衣装に着替え始めた。
お客さんも剣舞をステージで披露できるのです。

教えてくれるのは、長年、剣舞に精進してきた師範たち。
もちろん、指導は英語。
まずは刀の振り方。
続いてさやへの納め方。
さらに、回転切りなど、指導はおよそ1時間半にも及びます。

そして、いよいよステージで本番。
最後はそれぞれ修了証を受け取り
記念撮影をして、レッスン終了。




【1位:おりがみ会館】

『世界的ブーム!伝統&カワイイで人気 おりがみ会館』

いよいよ第1位の発表。
そのスポットがあるのは、東京・御茶ノ水。
JR御茶ノ水駅から歩くことおよそ7分。

第1位、東京・御茶ノ水、おりがみ会館。
こちら、創業158年。
老舗和紙専門店。

1階と2階には、立体的なリアル折り紙や、
1枚の折り紙で作った何羽もの鶴を折った連鶴など、
200以上の折り紙作品が展示されており、
4階の工房では、職人が、はけで和紙を染めて、
折り紙を作る様子も間近で見ることができる。

1枚の平面な紙を、切ったり貼ったりすることなく、
折るだけで立体的な形を作る繊細な折り紙に興味を示しているのです。

3階の売り場では、さまざまな和柄模様や、
ダルメシアンなどの動物柄など、
500種類以上の折り紙が販売されている。

さらに英語の説明書が入っているセットも販売しており、
お土産として最適だと、買い求める人が後を絶たないのです。

こちらでは、館長の小林さんが、大きい折り紙をお手本に、
本格的な折り紙の折り方を教えてくれる教室も、
定期的に開催。

以上が日本人の知らない!外国人がわざわざ集まる
人気急上昇スポットランキング2016でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ