【好きになった人14】大和悠河がディグラム診断で福永活也弁護士とカップル成立!

カップルの恋人

2016年5月24日放送の「好きになった人14」の大和悠河さん。
なかなかいい出会いがないという元タカラジェンヌ。

ディグラム診断で導き出された男性とカップルは成立する?

スポンサードリンク

大和悠河とは?

元タカラジェンヌの大和悠河さん(38歳)
宝塚歌劇団では男役トップスターとして活躍。

2009年の退団時には
約8000人ものファンが駆け付けました。

現在もミュージカルやオペラなど、
幅広く活躍。

プライベートでは自宅があるのに
帝国ホテルのスイートルームで暮らし、
1貫1600円のお寿司を一口で食べ、
一度の買い物は100万円越え。

誕生日には多くの女性ファンが
お祝いに駆け付けます。

華麗なる元タカラジェンヌの大和悠河の恋愛

バレンタインの思い出の同級生

小学校の時は片思いが多かったそうす。
男子に混ざって
野球やサッカーをやるような
活発な子供だったそうです。

宝塚で男役をやっていた時期は
恋愛お休み期間。

小学校6年生にデートして以来、
まったくデートしてなかった悠河さんが、
最近デートした相手がいます。

会いたい人

小学校3年生、4年生の時に同級生だった
間瀬信一郎さん。

普段は物静かで大人しい人でしたが、
同級生の男の子がいたずらや悪い事をした時に
真剣に怒っていた姿がとても素敵で
キュンとしたそうです。

バレンタインの日に
チョコを持っていったのですが、
恥ずかしくて渡すことができなかったそうです。

【会いたい理由】
当時思いを伝えていたら答えはどうだったのか知りたい

間瀬さんは仕事の都合で
来られないとのこと。

VTRで登場。
現在は舞台やイベントなどの
音響の仕事をしています。

間瀬さんによると
悠河さんは運動神経が良くて
ちょっと大人っぽい感じで
笑顔が素敵。

大人しい感じだったので、
まさか宝塚のトップスターになるとは
思いもしなかったそうです。

悠河さんが好きだったことは
全く気づかず。
話を聞いてショックだったとのこと。
もっと早く言ってくれればよかったのにと。

バレンタインに思いを伝えていたら
もちろんOKだったとのこと。

スポンサードリンク

先日デートした相手

宝塚を卒業して7年が経つ悠河さんですが、
卒業したらいい人が現れるのではないかと
思っていたそうです。

しかし、なかなかい方が現れないそうです。

そんな悠河さんが「好きになった人」の企画で
ディグラム診断で導き出した
相性ぴったりの相手とデートをしました。

ディグラム診断とは
今めちゃくちゃ当たると大評判の性格診断です。

20個の質問に
「はい」「いいえ」「どちらでもない」
と答えるだけで
人間の性格を大きく27に分類することができます。

前回、新山千春さんの性格を徹底分析し、
相性ピッタリな相手とお見合いデート。
見事カップルが短女子ました。

そこで今回、大和悠河さんにもディグラム診断。

木原誠太郎さんによると大和悠河さんの性格を波形で言うと
【N2型】

結婚するまでに
時間がかかる人に多いという
N2型。

♪————————-♪
N2型女子
・人見知り
・周囲に気を遣って本音を言えない
♪————————-♪

そしてタレントから一般男性まで1000人の男性の
診断データから相性ピッタリの男性が見つかったのです。

ディグラム診断が導き出した相性ぴったりのお相手は
福永活也さん(35歳)。

福永さんは職業が弁護士で、
趣味が登山と海外旅行。

今までに訪れた国は114ヵ国。

福永さんは人見知りの悠河さんと
相性ピッタリな台形1型男子。

♪————————-♪
台形1型男子
・すごく優しい
・決断力がある
♪————————-♪

悩みがちな悠河さんの人生をリードしてくれそうな
特徴があります。

ディグラム診断結果から
木原さんが最善のデートプランをプロデュース。

2人は車に乗り込み、
スイーツを食べながらよみうりランドへ。

まず喫茶店でプランを決め、
アシカショーを見学。

いくつか乗り物に乗ったあと
ジェットコースターを体験。

記念にプリントシールを撮影し、
彼の馴染みの店で食事。

スタジオで再会。
二人ともすごい楽しかったそうです。

カメラ無しでもう一度会いたいか会いたくないか選択。
2人ともマルだと真ん中のハートが点灯します。

運命の赤い糸
見事点灯し、カップル成立!



感想

ディグラム診断、話題ですね。

でも大和悠河さん、帝国ホテルのスイートルームで暮らし、
一度の買い物は100万円越えということで、どうなんでしょう。

大和悠河さんと福永活也弁護士の恋の行方が気になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ