【ガッテン】目ぱっちり二重メークで頭痛・肩こり・腰痛が改善!

2016年5月25日放送の「ガッテン」は「医学がお薦め!
メークで体が若返る劇的ワザ」

目の若さも体の健康も両方ゲットできる夢の最新ワザを初公開
目ぱっちり二重メークで、頭痛・肩こり・腰痛が改善!

スポンサードリンク

二重の手術で、頭痛・肩こり・腰痛が改善!?

目にあることをするだけで頭痛や肩こりなどが改善するそうです。

兵庫医科大学病院で70代の夫婦が目をパッチリにするという。
両眼で40分から50分ぐらいで終わるという。
三村治医師はパッチリ目を作るベテランドクター。
健康のために手術で目をパッチリにするのです。

このように頭痛や腰痛などを治すために
二重の手術を受ける方が多くなっているとのこと。

Tさんは1か月前に二重にする手術を受けました。
肩こりを治したくで手術を決意したという。
手術してからはマッサージ機に乗る回数が少なくなり、
重だるさもなくなっているそうです。

なぜ、こんなことが起きるのか?

私たちのまぶたは、老化など
様々な原因でたるんでしまいます。
すると、まぶたの力だけでは目が開かず、
代わりに「おでこの筋肉」を使って
まぶたを持ち上げようとします。

このとき、おでこにシワが入り、
常におでこの筋肉が緊張した状態に。

おでこの筋肉は、後頭部・肩・腰の筋肉と
つながっているので、
おでこの筋肉が緊張すると、
その緊張が全身に伝わり、
頭痛・肩コリ・腰痛を引き起こしてしまう
ことがあるのです。

まぶたの手術は、
まぶたがどの程度下がっているかによって
健康保険が適用されるか決まる。

瞳孔にまぶたがかかる、症状が重いとと眼瞼下垂という
病気となり、保険適用となる。
日帰りで両目で保険適用の手術費用は1万5千円から5万円が
自己負担になるといわれています。

スポンサードリンク

簡単!まぶたのたるみチェック法.

1.人差し指でまゆ毛を押さえて、
おでこの筋肉を使えなくする

2.ゆっくり目を開く

3.瞳孔(黒目の中心部分)に
まぶたがかかっていなければ正常。
かかっている場合は、
まぶたのたるみが進んでいます。

※まゆ毛を押さえずに普通の状態で
瞳孔にまぶたがかかる場合は、
重度のたるみです

パッチリメークでも頭痛・肩コリは改善する!?

ただ、目を二重に手術するのは抵抗がある人もいます。

ということで取材班がリサーチを続けたところ、
二重メーク用の「のり」や「シール」で
まぶたを持ち上げることで、
まぶたのたるみを解消できることがわかりました。

今回、ガッテンでは
パッチリメークの頭痛・肩コリへの効果について、
大実験を行いました!

参加して頂いたのは、
まぶたのたるみと頭痛・肩コリに悩む男女5人。

一週間パッチリメークを続けてもらったところ、
5人中4人の方で頭痛・肩コリが改善するという
驚きの結果に。

二重メーク用品はどこで手に入る?
二重メーク用品は全国のドラッグストアで
数百円~二千円ほどで購入することが可能です。
最近では「のりタイプ」「テープタイプ」
「ファイバータイプ」など様々な商品が販売されているので、
自分の使い方に合ったものを選ぶのがよいようです。

頑固なたるみまぶたを持ち上げるコツ
番組では、メーキャップアーティストの山本浩未さんが、
まぶたが厚くてなかなか持ち上がらない人向けの
パッチリメークのコツを教えてくれました。

【のりタイプ】 
1.クレンジングオイルなどで
まぶたを拭いて接着力を高める。

2.二重にしたいラインを決めて、
付属のスティックでクセ付けする。(シミュレーション)

3.シミュレーションしたラインに
のりを「幅広に」ぬる。

4.のりが半透明になるまで、しっかり待つ。

5.まぶたを優しく持ち上げて接着して、
しばらくキープ。その後、微調整。

【テープタイプ】 
1.クレンジングオイルなどで
まぶたを拭いて接着力を高める。

2.二重にしたいラインを決めて、
付属のスティックでクセ付けする(シミュレーション)

3.シールを取り出す時は、スティックで。
指で触れない。

4.シミュレーションしたラインにシールを貼る。

5.シールごと押し込むように
まぶたを優しく持ち上げる

6.一枚でうまくいかない時は、シールを二枚使う。
一枚目とズラして貼るのがコツ。

老化以外のまぶたがたるむ原因

まぶたがたるむ原因は、老化以外にもあります。
ガッテン!が行った街頭調査では30代でもまぶたがたるんでしまっている人が多くいることが明らかになりました。

その原因は、いったい何なのか?

実は、まぶたの中にある「腱膜(けんまく)」
という部分が損傷してしまっていたのです。
腱膜は、まぶたを持ち上げる「上眼けん挙筋」と
まぶたのふちにある「けん板」という組織をつなぐ薄い膜です。
この腱膜が物理的な刺激で損傷を受けると、
まぶたがたるんでしまうのです。

番組で紹介された、腱膜を損傷させてしまう生活習慣は二つ。

・まぶたを強くこする(花粉症・アレルギー・メーク落としなど)
・ハードコンタクトの長期着用

まぶたに触れる時はとにかく優しくすることを心がけます。
また、まぶたのたるみ予防を考えるなら、
ハードコンタクトではなく、
ソフトコンタクトの使用がおすすめ。
但し、ソフトコンタクトの場合も、
付け外しの際に上まぶたを傷つける可能性があるので、
上まぶたを引っ張らず、
下まぶたを押さえて付けることをおすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ