【黄金伝説】店主が頑固なのにお客が集まる店!くろば亭・清水屋・とんかつ一

うどん ざる ごまつゆ 

2016年5月26日放送の「いきなり!黄金伝説。」の
「店主が頑固なのになぜかわざわざお客が集まる有名店」

ナイツの塙宣之と土屋伸之が
くろば亭・清水屋・とんかつ一を調査!

スポンサードリンク

3位:くろば亭

お店:くろば亭
住所:神奈川県三浦市三崎1−9−11
HP:http://www.kurobatei.com/

ちょっと怖そうな店主。

いきなりの衝撃のメニューが登場。

『マグロのかぶと焼き(大)21000円』
※要予約

マグロのかぶと焼き

メバチマグロの頭をオーブンで4時間焼き上げたもの。

御主人がカブトを成仏させるために読経し、ほら貝を吹く

まずはほほ肉を特製ポン酢でいただきます。

土屋「うまい!このやわらかとコク」

続いて眼肉。目の周りのお肉の味は?
塙「うまっ!生臭さが全くない」

他にも珍しい料理「鮪骨ズイ」
マグロ船の船員が1番好きだという「鮪ワタ(胃袋)」

揚げたてのトロ串と特上の赤身をご飯にのせて、
天ぷらのタレをかけた「まぐろ漬けトロ天丼」

「鮪カルビ焼き」
回遊魚が泳ぐ際に最も必要な血合いの部分を使用。
血抜きして揉む作業に1日かかっている。
肉に浸けているタレは作るのに5年かかっているとのこと。

塙「世界一うまい。
牛肉よりも食べやすい。やみつきになるな。」



2位:清水屋

お店:清水屋 
住所:群馬県渋川市伊香保町水沢204

創業年数400年以上の老舗。
室町時代からある老舗中の老舗。
現在の17代目は店を継いで40年。

常連客は、西村京太郎さん、吉川英治さん田中角栄さんなど。

頑固店主は大河原清一さん。

調理をするのは18代目の息子の健太さん。

うどん ざる ごまつゆ 

『作り方』
まずは塩水を薄力粉に入れて、手でこねる。

20分ほどこねたら、生地を踏み固めていく。

畳んで踏んで畳んで踏んでを繰り返していくと、
グルテンが徐々に結合していき、コシの強さが生まれる。

そして1晩寝かせる。
生地を寝かせるのは通常2~3時間といわれていますが
一晩寝かせると生地がしっとりとした食感に。

1晩寝かせたら均等に生地を切り分け、
生地を丸める。

さらに、3時間寝かせてからまた踏む。

麺をのばしたら、
4mm程の厚さに切り天日で干す。

表面が少し乾燥したら、
5~6分ほどゆで冷水で締めぬめりをとる。

ほうれん草、梅シソ漬け大根、刻み海苔を盛り付ければできあがり。
(季節によって具材は変わります)

お店のメニューはこれだけ。
『うどん ざる ごまつゆ 1155円』

このざるうどんのつけダレは特製ゴマつゆ。
手作業ですり潰したごまにだし汁を合わせ、
丁寧にこしてサラサラに。

タレもざるうどんも同様1種類のみ。

まずは麺だけで味わう。
塙は「これは凄い、これだけでいいですね」。

次につゆを付けて食べた。
土屋「小麦の香が生きている」

すると店主が「何でうどんがおいしくできるのか。
“温もり”って知ってますか?
人間には温もりがあるんです。
機械にはないんです!
機械には絶対出せません!」



スポンサードリンク

1位:とんかつ一(はじめ)

お店:とんかつ一
住所:静岡県下田市東本郷1丁目13-1

創業47年のお店。

初めてくるお客さんは必ずミックス定食と決まっているとのこと。
店主は小川直明さん。

塙「豚のこだわりは」
店主「そんなもの全然ないですね。」
塙「油のこだわりは」
店主「そんなのも全然ない。なるべく安いものを使って、
腹いっぱい食べてもらいたい」

ミックス定食は
メンチカツ・ヒレカツ・カニクリームコロッケ・鶏唐揚げ

ミックス定食

そしてごはんにカレーをかけて
お味噌汁もでてきました。

さらに揚げ物にカレーをかけて「うちのタレですよ。」
などと言っていました。
ご飯もみそ汁も、おかわり自由。

豪快店主のボリューム満点メニューだが
実はすごいのはここから。
問答無用におかわりを勧める店主。
キャベツやパスタを盛られ、おみそ汁も。

そのためネットにはカウンターに座るなと
書かれているとのこと。

店主の小川さんは「お客さんが喜んでくれるなら
なんだっていい」と話したのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ