【ウラマヨ】洗濯の裏技!シミ汚れの落とし方や早く乾く部屋干しの方法

洗濯の方法

2016年5月7日放送の関テレ「ウラマヨ!」は
「野菜!洗濯!快眠!春の裏技大公開SP」

こちらでは5月28日に放送されましたので
「洗濯」についての裏技だけ紹介します。

スポンサードリンク

洗濯マイスターの杉山司さん

今主婦の間で大注目。
洗濯マイスターの杉山司さん(33歳)。

2年前に書き上げた洗濯専門の著書は
新人では異例の1万部を完売。

洗濯マイスターの汚れスッキリ♪

本業は洗剤を作る会社の開発担当。
これまで15種類の洗剤を販売し
累計5万個を売り上げました。

一番のヒット商品が「泥スッキリ303」

高校生の野球部員が使ったあとの
泥が染みついた靴下を洗ってみると。

みるみるきれいになっていき5分で真っ白に。

会社があるのは静岡県浜松市。
この日は泥汚れ以上に落ちにくいとされる
化粧品汚れを落とす洗剤を研究していました。

3つの試作品の洗浄力を検査。

理想の洗浄力が得られるまで実験を繰り返し
年内には販売する予定とのこと。

そんな杉山さんのもう1つの顔が洗濯マイスター。
全国から洗濯に関する悩みが葉書やメールで
月に2000件以上寄せられたこれまで
5万5千人の洗濯の悩みを解決してきました。

今回は中でも杉山さんが激押しする裏技を大公開!


洗濯マイスターの洗濯術 裏技5連発

【洗濯マイスター激オシ!春の洗濯術 裏技5連発!】

洗濯術の裏技①
【春は“すすぎ”を1回にするべし!】

全自動機能のすすぎはだいたい2~3回がおもになっています。

よ汗をかきやすい夏以外はすすぎは1回でOK!
洗濯時間の短縮、水道代の節約になって一石二鳥。

また、洗濯槽への衣類の入れ方によって、
よりキレイに洗える裏ワザが。

重たい衣類、分厚い衣類を洗濯層の外側に
軽めの衣類を洗濯層の内側に
入れていきます。

洗濯機はクルクル回転して、
遠心力で汚れを落としていくので
外側に重いものがあると早く回転し、
洗浄力がアップ!

洗濯術の裏技② 
【曇りの日でもよく乾く!“段々”干し】

下着、バスタオル、トレーナーなど
ジャンルごとに洗濯物を干していませんか。
これだと天気が悪い日は乾きにくかったりします。

まずは洗い物に一工夫。
表面が色あせないようにズボンやスカートは裏返しに。
こうすることポケットも空気に触れやすくなって乾きやすくなります。
他にも色物は全て裏返しに。
シワになりやすい分厚い服は、上下に振ってシワを伸ばし。
タオルも上下に振ることで毛先が立ち、風合いが残ります。

スポンサードリンク

そして竿に干すときには「段々干し」にします。

丈の長い衣類と短い衣類を交互に干します。

こうすることで短い衣類と長い衣類の間に空間ができ、
衣類が空気に触れる表面積を広くなるため
早く乾くようになります。

さらに、薄手と厚手の衣類も交互に干すことで
重なりあわずより早く乾かすことができます。

洗濯術の裏技③ 
【ベビーパウダーを薄くつけるだけ!衣類を汚れにくくする裏技】

ズボンのお尻やワイシャツの襟や袖、
部活動のユニフォームなどすぐに汚れてしまいます。

そんな時は衣類にはつけるだけで汚れにくくする
“ベビーパウダー”が便利。

洗濯後、乾いた服に薄くつけるだけで、
汚れにくくなるのです。

ベビーパウダーは粒子が細かいため繊維の奥にまで
パウダーが浸透し汚れが付きにくくなります。

本来赤ちゃんの肌につけるものなので、
生地を傷つける心配もありません。

洗濯術の裏技④
【シミ汚れを一瞬でキレイにする方法】

カレーやスパゲティなどを食べていて、
ワイシャツなどついてしまうことがありますね。
そんなときはこの方法を使いましょう。

用意するものは「中性洗剤+クレンジングオイル」。
食器洗い用洗剤とメイク落としのオイルです。

これらを1:1でスプレー容器に入れて作り置きします。
乳白色になるまでスプレー容器を振ってよく混ぜます。

1.汚れの固形物を取り除く。
2.汚れの部分をお湯につけてスプレーしたらもみ洗い。
3.洗い流す。

シミがついたらできるだけ早く洗うことで取れやすくなります。

なぜきれいになるの?
食べこぼしの場合、汚れは大まかに2種類。

水溶性→食べ物など
油溶性→油、調味料など

クレンジングオイルは油溶性の汚れ、
中性洗剤は水溶性の汚れを落とすことができるので、
それらをうまく混ぜ合わせることによって、
ほとんどの汚れを簡単に落とすことができます。

洗濯術の裏技⑤ 
【クリーニング不要!ワイシャツの洗浄法】

シャツの襟などの黄ばみの汚れの原因は皮脂汚れ。

1番効果的な洗い方は「つけ置き洗い」です。

1.バケツなどにぬるま湯(約40度)をはり、
洗剤を入れ混ぜ合わせる。

2.黄ばみの部分をにつけ、10分~半日つける。

3.衣類用のナイロンタワシで
黄ばみのついていた部分をこするときれいに。


すぐに乾く!部屋干しの極意大公開!

春は花粉やPM2.5の影響で洗濯物を
外に干すのがおっくうになる季節。

そこですぐに乾く!部屋干しの極意大公開!

【部屋干しのポイント】
1.空気に当たる表面積
2.湿度
3.風の通り道

干し方は「段々干し」

衣類と衣類の間隔は「握りこぶし」
バスタオルを干すスペースがない場合は
ピンチハンガーに「蛇腹干し」

トレーナーは逆さまに干すと、
乾きにくい脇の部分を空気に当て乾きやすくなる

ズボンは中に空洞を作るように干すこことで
空気に触れる範囲が大幅に広くなります。

【部屋干しの裏技】

乾きづらそうな分厚い衣類の間に
乾いたタオルを掛ける

乾いたタオルが周りの衣類の湿気を
吸ってくれるので乾きやすくなる。

洗濯物の下に新聞紙を置くと生乾きのにおい解消!

新聞紙をくしゃくしゃに丸めたものを
干している洗濯物の下にいくつか転がしておきます。

生乾きのにおいの原因は長時間干すことで繁殖した雑菌。
それが時間がたつにつれて増えていく。

それを防ぐためには早く乾かすこと。
そのために衣類から出ている湿気を新聞紙に吸い取らせて、
早く乾かすようにします。
部屋干しの湿気は下にたまりやすい。

扇風機の弱風を全体に当てる
弱風を洗濯物全体にあたる角度からまわす。
弱風なら半日(12時間)扇風機を回しても電気代は約10円。

実際に実験してみたところ
普通だと部屋干しで乾くのに12時間ぐらいかかるところ
新聞紙&扇風機で乾かしたところ6時間ぐらいで乾いたそうです。

梅雨の時期にも使えますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ