【スッキリ】松尾タカシのお尻トレーニングでシェイプアップや腰痛対策

体操

2016年5月27日放送の日テレ「スッキリ!」の「知ってスッキリ情報クリップ」

話題のお尻トレーニングとは?

おしり専門トレーナー 松尾タカシさんが
おウチで出来るおしりエクササイズの方法を伝授!

スポンサードリンク

松尾タカシさん

今、尻を鍛えることにこだわったトレーニングが盛んなのだそうです。

アマゾンのこり・痛みランキングで1位を獲得した
話題のトレーニング本
松尾タカシさんの「おしりを鍛えると一生歩ける!」

5万部を販売。

松尾タカシさんによると
「お尻が発達するとボディラインが変わる」というのです。

お尻にある大でん筋は体の中で最も大きな筋肉。
お腹周りなど他の多くの筋肉と繋がっているため、
ここを鍛えるとシェイプアップ効果が高いというのです。

【人間のお尻の形は3タイプ】
真っ直ぐに立った状態で横から
お尻のでっぱり具合をチェックします。


【洋梨タイプ】

背中とお尻が同じライン上にあり、体に曲線がある
腰がそってしまうため背中の筋肉に負担がかかり、
肩こり腰痛になりやすい。


【扁平タイプ】

背中からお尻までほとんど凹凸がない。
筋肉が発達していないため、
歩行中の衝撃をお尻で吸収できず
足腰に負担がかかりやすいといいます。


【アヒルタイプ】

お尻が後ろに突き出ている
理想のお尻。
外国人女性に多い。
お尻の筋肉が発達していて体重が支えられるので、
足腰の負担が少ない。



スポンサードリンク

松尾式おしりエクササイズの方法

レッスン1
【おしりの筋肉をカンタンに動かすトレ―ニング】

1.壁の横に立ち、壁に手をつき壁側の足を水平に上げる
2.上げたももを数cm上下に動かす
3.これを左右30回繰り返す

おしりエクササイズ

30回がキツイ場合は10回から。
上げた脚と反対側のお尻の筋肉が自然に伸び縮みして
鍛えることができる



レッスン2

【寝る前の30秒でおしりエクササイズ】

1.ひざを立て仰向けに寝る
2.おしりを持ち上げ肩から膝まで一直線に
3.そのままの姿勢でひざを最大限に開き30秒間キープ

おしりエクササイズ

仰向けになりお尻を上げることで
普段伸びているお尻の筋肉が収縮し、
さらにひざを開くことにより、
筋肉が締まる

おしりと連動しているお腹の筋肉や骨盤の中の筋肉も使って
運動するので、いろいろな所にプラスの影響があるそうです。

シェイプアップに腰痛対策にお尻トレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ