【この差って何ですか?】レタスサラダ、チャーハン、肉巻きのレシピ

レタスの肉巻き

2016年5月29日放送の「この差って何ですか?」で
「レタス」がとりあげられました。

日本一の産地といわれる長野県・塩尻市を
上地雄輔とアンジャッシュの児嶋一哉が訪ね、
地元主婦の皆さんにとれたて瑞々しいレタスを使って調理してもらいます。

サラダ、サラダチャーハン、レタス肉巻きのレシピの紹介!

スポンサードリンク

レタス産地の料理のレシピ

【おいしいレタスの見分け方】
切り口が白い
きりくちが10円玉から
500円玉ぐらいのものが甘い

【レタスの料理の下ごしらえ】
1.レタスは酢水(水2カップに対して酢小さじ1)に3分さらす

酢を入れることによって苦みがおさえられ、
食感もよく、おいしくなる

2.レタスを一口大サイズに手でちぎる、
レタスは切る時に繊維と垂直に切ると苦みがなくなる

3.ザルにレタスを入れて、ボウルで蓋をし上下に振り水切りをする



【レタスのごま油サラダのレシピ】

レタスのごま油サラダ

『材料』
レタス

ゴマ油
白いりゴマ

『作り方』
1.ポリ袋の中にちぎった生レタスを入れる。

2.さらに袋に塩、ごま油、白いりゴマを加える。

3.袋を軽くもんで、
器に盛り付ければできあがり。




【温玉しめじレタスサラダのレシピ】

温玉しめじレタスサラダ

『材料』(1皿分)
レタス(外葉)→4枚
ぶなしめじ→ 50g
ニンニク(薄切り)→ 1/2
鷹の爪(種をとり小口切り)→ 1/2本
オリーブ油 →大さじ1
塩 →少々
温泉卵 →1個

『作り方』
1.レタスの外側の葉(硬い葉)を、一口大に手でちぎる。
ぶなしめじは石突きを取り、耐熱皿に入れて、
水を少しふり、ラップをかけ、
600Wの電子レンジで1分加熱する。
レタスとぶなしめじを皿に盛り付ける。

2.フライパンにオリーブ油を熱し、ニンニク、鷹の爪を加えて
熱々になるまで熱する。

3.②の熱した油を①の皿に盛り付けたレタスとぶなしめじの上にかけ、
その上に塩をパラパラとふる。
温泉卵をのせてできあがり。




【レタスチャーハンのレシピ】

レタスチャーハン

『材料』(2人分)
レタス→ 4枚
ご飯 →360g(茶碗中盛2杯分)
長ネギ→ 1/2本
ベーコン→ 2枚
卵→ 2個
塩→ 少々
コショウ→ 少々
醤油→ 小さじ2
ゴマ油→ 大さじ1

スポンサードリンク

『あんの材料』
水 →360cc
醤油 →小さじ1/2
みりん →小さじ1
鶏がらスープの素(粉末)→ 小さじ2
水溶き片栗粉→(片栗粉 大さじ1、水 大さじ2)

『作り方』】
1.レタスは一口大サイズに手でちぎる。
長ネギは、小口切りにする。
ベーコンは1cm幅に切る。
卵は溶きほぐしておく。

2.フライパンにごま油を熱し、
ベーコン、ねぎを炒める。
ご飯を加えたら塩、コショウをし、鍋肌から醤油をまわしかける。
最後に溶いた卵を加えて混ぜあわせる。

3.あんをつくる
鍋に醤油、みりん、鶏がらスープの素、水を入れて混ぜ、
ひと煮立ちさせる。
水溶き片栗粉を加えて、
混ぜながらとろみがつくまで1分ほど加熱する。
適当な大きさにちぎったレタスを入れてあんと絡める

あんかけにレタスを入れることでシャキシャキ感が味わえる

4.できたチャーハンを皿に盛りつけ、
レタス入りのあんをかければできあがり。


【レタスの肉巻きのレシピ】

レタスの肉巻き

『材料』(2人分)
レタス→4枚くらい
豚バラ肉薄切り→ 6枚くらい
塩→ 少々
コショウ→ 少々
小麦粉(薄力粉)→ 適量
溶き卵→ 適量
パン粉(細かい)→ 適量
サラダ油 →適量
なめこ→ 適量
大根(おろす)→ 適量

『作り方』】
1.豚肉は長い場合は切る。
レタスは大きめに手でちぎる。

2.豚肉を広げてレタスを数枚重ねてのせてきつめに巻き、
塩コショウをふる。

レタスの肉巻き

3.②を小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。

4.揚げ鍋(もしくは)フライパンにサラダ油を入れて、
180度でキツネ色になるまで揚げる。

ソースも産地ならではのこだわり
なめたけと大根おろしを混ぜてそえればできあがり。




【レタスの丸ごと蒸しのレシピ】

レタスの丸ごと蒸し

『材料』
レタス→1個
ジンギスカン(味付けラム肉)→ 1袋(270g前後)
ピザ用チーズ→ 適量

『作り方』
1.レタスは芯をとり、十字に切り込みを入れる。
芯は細かく刻む。

2.ジンギスカンはフライパンで焼く。

3.レタスの葉の間や芯の部分に
②のジンギスカンとピザ用チーズ、
刻んだレタスの芯を詰める。

ジンギスカンを焼いた際に出た肉汁も入れたり、
かけたりする。

4.ラップをかけて600Wの電子レンジで
5分加熱すればできあがり。

※長野県では、生のラム肉がたれに漬け込まれた「ジンギスカン」が定番。
スーパーでも販売されています。
長野で焼肉というとジンギスカンなのだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ