【聞きにくい事を聞く】主婦が選ぶ絶対に欲しいお掃除グッズランキング!

便利グッズ

2016年5月30日放送の「聞きにくい事を聞く/
クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 合体3時間スペシャル 」
の中の大ヒット商品の弱点を開発者が公開しちゃいますSP

ここでは主婦が選んだ絶対に欲しい商品ランキングの
お掃除部門を紹介!

スポンサードリンク

主婦が選んだ絶対に欲しいお掃除グッズランキングベスト8


【8位:毛玉クリーナー】

これまでの商品にくらべ毛玉の取れ方が違うと支持。

10万台売れればヒットといわれるお掃除グッズの中で
40万台売り上げた大ヒット商品。

開発者の滝沢さんを訪ね、実際に見せてもらった。
ひげ剃りの構造をヒントに開発したという。
弱点を聞くと、使い方を間違えると衣類に穴が空く場合もあると話した。

ユーザーからの意見として、
毛玉がとれすぎてダストケースがすぐいっぱいになると伝えた。
たしかにデザイン重視して、
開け方を失敗すると飛び散ることもあると話した。




【7位:コードレス回転モップクリーナー】

腰に負担をかけずに拭き掃除ができる。
半年で2万本というモップ業界では異例の大ヒット。

開発者の三浦さんを訪ねた。
入社1年で開発したという。

雑巾がけでおちなかった油汚れが、水だけできれいに落ちた。

1分間に80回転する電動モップがついている。
また、2種類の毛で汚れを水だけでかきだす。

弱点を聞くと、モップが丸いので、壁際では隙間ができ、
角に拭き残しができると話した。




【6位:アカパックン】

毎日のお風呂掃除が楽になるというグッズ。
湯船に浮かべるだけで簡単にお風呂がキレイになるという。

累計240万個売り上げています。

アカパックンの開発者、安藤さんを訪ねた。
ラー油をたらした水槽にアカパックンをうかべて
よごれをとる様子を見せてくれた。。

開発者の安藤さんが、洗濯にも使えるとのこと。
浮き出た皮脂汚れを吸着し、衣類への再付着を防ぐ。

なぜ脂がとれるのか。
オイルフェンスという重油流出の際に使用される素材を
中に使っているのだという。

弱点を聞くと、100%は吸えないことだと話した。

ユーザーから、ちゃんと絞れないので
中まで乾かずカビが生えそうという声を伝えた。

開発者の安藤さんは、気になる方は
洗濯機で脱水をすれば乾くと話した。

濡れていても効果はかわらないという。



【5位:毛づまりごっそりパイプ職人スリム】

ストレスなくパイプのお掃除ができると主婦から支持を受けている。

累計売上36万個売り上げている。

先端のブラシにごみがしっかり絡み、パイプ詰まりを解消。
この商品のポイントは自在に曲がるワイヤーで、
強力な効果で大ヒット。

開発者の高嶋さんを訪ねた。
1センチの隙間も掃除が可能とのこと。
弱点を聞くと、太い排水管だとうまくとれないという。

また、奥の奥にあるゴミは取り除けないという。




【番外編:ユウブ】

スポンサードリンク

女性を中心にバカうれしているアイテム。

開発者の加藤さんを訪ねた。
お風呂の中で濡れずに本が読めるブックカバーだという。

完全防水状態でページをめくるだけでなく、
疲れたなと思ったら湯船に浮かせることもできる。
さらに指サックがしおり代わりに。

本のサイズも幅広く使える。

弱点について聞くと、本をセットするのに時間がかかることだと話した。
実際にトシがためすと10分かかったのでした。




【4位:水垢とりダスター】

シリーズ累計700万枚売れているメガヒット大掃除グッズ。

簡単に水垢や茶渋が取れる革命的商品。
およそ20年愛されているロングセラー商品。

洗い物の時間が短縮できるという。
コップの茶渋が落ちる様子を紹介。
しかも洗剤がいらない。

アクリル糸を使った生地が汚れを落としてくれる。

開発チームの長野さんに弱点を聞いた。
タオルのトゲがほかの洗濯物と一緒に洗うと
毛玉だらけにしてしまうと話した。

水垢とりダスターの弱点について、
ユーザーからの指摘を紹介。
硬いのでステンレスやホーロー鍋が傷だらけになった。

開発者の長野さんは、
一部の素材を傷つけることはゼロではないと話したのでした。



【3位:シートでスキマキーレー】

吾妻箒で有名な会社が作っている。

22万本を販売。

開発者の高嶋さんを訪ねた。

冷蔵庫の下などの1センチの隙間も掃除ができる。
弱点を聞くと、完璧だと答えた。

しかし、ユーザーの意見として
「将来的に100均でも出てきそう」との声があったのでした。




【2位:ピカっと光るゾウ消しゴム】

累計売上30万個。
開発者の和田さんを訪ねた。

鏡の水アカがカンタンにとれる。

実際に汚れがとれる様子を紹介した。
水とセッケンをつけるだけで元の輝きが。

中にダイアモンドが入っているという。

製造はすべて手づくりだという。
弱点を聞くと、手作りなので、
仕上がりにムラがあると話した。

また、パッケージには「水にぬらしてこするだけ」とあるが、
セッケンをつけたほうが良いとのこと。




【1位:取替え式あみ戸びっクリーン ハンディタイプ】

網戸の汚れをとる商品。
開発者の高市さんを訪ねた。

累計売り上げ300万本。
24億円も売り上げている計算に。

水で濡らしてしっかり水をきり、
外せない網戸でも
片面から軽くこするだけで両面汚れが落ちる。

弱点を聞くと、何回もつかっていくうちに、
ブラシについたゴミが毛玉になって残ってしまうという。

網戸よりブラシの掃除に手間がかかり、
毎シーズン買い替えないといけないとのことでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ