【林修の今でしょ講座】布団やエアコンのカビ対策!カビの生えた食べ物は?

医者

2016年5月31日放送の「林修の今でしょ講座!」の中の
「梅雨の悩みを解決!林修が本気で知りたいカビ・ダニ質問 」

その中のカビについて。
布団やエアコンのカビ対策の方法を紹介! 

千葉大学の矢口貴志先生に教えていただきます。

スポンサードリンク

林修が本気で知りたいカビの質問:台所編

「食べ物にカビが生えてもそこを除けば食べてもよい?」
カビが生えた食べ物は生えた部分を
除いても食べてはダメ。

体に害のあるカビの毒が広がっていくことがあるため、
少しでも生えていたら処分したほうがいい。

カビの胞子は目でみえるが菌糸は目で見えない。

また、加熱すればいいのかというと
加熱しても一部のカビは死なない。


「カビを食べるとどんな危険がある?」
2004年にケニアで100人単位の人が死亡した例もあるとのこと。

日本では管理がいいためカビの生えた
食べもの流通することはほぼないそう。

日本国内ではリンゴに生えるカビが作る”パツリン”などは
人間にとって毒性があるので注意されています。



「梅雨時期に効果的な食品の保存法は?」
そばに置くだけで防カビ効果が期待できるのはワサビ。

ワサビに含まれるアリルイソチオシアネート
という辛味成分が抗菌・防カビ効果が期待できます。

また唐辛子にも防カビ効果があります。

お寿司に含まれるわさびも、もともとは
冷蔵庫のない時代に魚を長持ちさせるために
入っていたそうです。


林修先生が本気で知りたいカビの質問:浴室編

「カビが多い浴室で洗濯物を干すとカビだらけになる?」
一般家庭の浴室で、カビの数を調査する検証実験を行います。

実験結果は空気中180個のカビが検出されたのでした。

矢口貴志先生によると
浴室で洗濯物を干す場合には
積極的に浴室乾燥機を使ってほしいのこと。

浴室乾燥機は40度以上の温風がでて湿度が低くなるので、
カビが生えにくい環境を作ります。


「浴室乾燥機がない場合はどこで干せばいい?」
浴室乾燥機がない場合に浴室に干すと
カビが生えやすい状態になるのでよくない。

なので、広い部屋でエアコンの除湿や
除湿器を回して部屋干しをします。

換気扇も効果的。
換気扇で空気の流れを作り、湿度を下げると効果があります。


「浴室自体のカビの予防法は?」
浴室のカビはカビ取り洗剤で根の奥まで殺菌できます。
カビは発育環境が整うと菌糸を伸ばす。

なのでカビ取り洗剤で根の奥まで殺菌することが大事。

お風呂上りにお湯をまくのは
カビの栄養源の湯垢や石鹸のカスをとり除くのでよい。

スポンサードリンク

林修先生が本気で知りたいカビの質問:リビング編

「エアコンの中はカビが多い?」
エアコンの中は何も対策をしなければ
カビだらけになってしまう。

ほこりの中にはカビがたくさんいるので
エアコンのケアをしないと部屋中に
カビをまき散らすことになります。

【エアコンのカビ対策】
フィルターの掃除はもちろん大切ですが、
電源を切る前に送風モードにするだけでも効果があります。

15分程度送風にし、
しっかりのエアコン中を乾かすとカビが生えにくくなります。

古いタイプのエアコンは内部の洗浄を2年に1回行うとよい。



「寝ている時はカビを吸い込んでいる?」 
寝ている時はコップ1杯分の汗をかくので、
布団の中はカビが生えやすい環境。

寝ている間にどれだけカビを吸い込んでいるか
微粒子可視化システムで検証。

寝ている間にもほこりといっしょに
カビを吸い込んでいました。

健康な人はカビを吸っても免疫力があるので吐き出す。

免疫力が落ちている人は肺の中でカビが増殖して
肺炎のきっかけにもなります。

ただ、カビを大量に吸いすぎてしまうと健康な人でも
アレルギーになることもあります。

呼吸器系のアレルギーなので鼻水やくしゃみが出たりします。


【布団のカビ対策】
・布団を干して乾燥
・布団を掃除機で吸い取る


林修が本気で知りたいカビの質問:クローゼット編

「カビ臭いスーツから他の衣類にカビはうつる?」

カビ臭い衣類から他の衣類へカビは移るとのこと。

【衣類から衣類へカビがうつる2つの原因】
1.カビが生えた衣類と衣類が直接くっついている場合
2.カビが胞子を飛ばして他の衣類に付着する場合

クローゼットの中は風通しが悪く
湿気がこもりやすいのでカビも成長しやすい。

「クリーニング後のビニールのカバー取るべき?」
クリーニング店から家庭に持って帰る間に
ほこりがつかないようにするためのものなので
ビニールのカバーをとってクローゼットにしまう。

ビニールのカバーをつけたままだと湿度が高い時は
湿気がこもってカビが生えやすい状態に。


【クローゼットのカビ対策】
・衣類を詰め込み過ぎない
・外出時などに扉を開けて通気性をよくする



 「カビが生えやすい衣類は?」
素材が天然のもの。
ウールや綿などはカビが生えやすい。

汚れがなくてもカビは
ウールや綿の素材を食べることができます。
そこに汚れがあったらもっと生えやすくなります。

革ジャンもカビは大好物です。



まとめ

この日の林修の今でしょ講座の記事↓
【林修の今でしょ講座】布団や枕のダニ対策!シーツの洗濯の頻度

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ