【林修の今でしょ講座】布団や枕のダニ対策!シーツの洗濯の頻度

ダニ対策

2016年5月31日放送の「林修の今でしょ講座!」の中の
「梅雨の悩みを解決!林修が本気で知りたいカビ・ダニ質問 」

その中のダニについて。
布団や枕のダニ対策の方法や洗濯物のダニ防止方法などを紹介!

ダニ研究30年以上 農学博士 吉川翠先生に教えていただきます。

スポンサードリンク

林修が本気で知りたいダニの質問

ダニは6月から増え、だいたい7月がピーク。

家庭いるダニのほとんどだチリダニ。
チリダニの大きさは0.3mm。
フンの大きさは0.01~0.04㎜。

繁殖力が高いチリダニは何も対策をしないと
3ヵ月で500倍に増える。

林修が本気で知りたいダニの質問 寝室編

本当に布団にダニは多いの?

2日に一度は布団を干す家庭で
布団にダニは多いのか検証。

布団の表面のゴミを吸い取って調べてみると
敷布団646匹、掛布団11匹の
ダニの死がいが見つかったのです。

林修は「掃除機で布団のダニは吸い取れているのか?」と質問。

梅雨に入ると外に布団を干せる回数が少なくなる。
となると室内でできる布団掃除のことは気になりますね。

吉川先生は掃除機だけでは万全とは言えないと答えた。

とれるのは表面だけ。
全部は吸い取ることができないんです。

家の中の殆どはチリダニ。
フケが好きなので寝具や寝室に多い。
吸い込むとアレルギー疾患(鼻炎、結膜炎、
アトピーなど)を引き起こす。

部屋中舞う誇りの中にはカビだけでなく
ダニの死がいやふんも含まれている

きちんとしないと寝ている間に大量に
吸い込んでしまうことに。

スポンサードリンク

【枕のダニ対策】 
枕にタオルを巻くとよい。毎日交換する。
使用後のタオルは洗濯して干せばダニは死ぬ。

【ダニ対策になる布団の干し方】 
生きたダニは50℃で死ぬ。
これからの時期は布団を干せば死ぬ。
ただ、布団の裏側に逃げるので3時間後に裏返すと効果がある。

外に干せない時は
布団乾燥機やコインランドリーの布団乾燥機では
70℃から80℃になるのでダニは死ぬ。

林修が本気で知りたいダニの質問 洗面所編

「洗濯をすればダニは洗い落とせる?」と質問。
吉川先生は洗濯でダニは全ては洗い落とせないと答えた。

洗濯機に入れる量が多いと水流が行き届かず
ダニが生き残ってしまう。
詰め込み過ぎは注意。
たくさんのお水で流せば落ちる。

【シーツや枕カバーはどのくらいの頻度で洗えばいい?】 
1週間に最低1回洗うとよい。

なぜかというと卵の段階はアレルギーがない。
幼虫になるとアレルギーの原因となるふんをする。
卵から幼虫になるまでが1週間ぐらいなので1週間に1度洗うとよい。

【洗濯物のダニ防止方法】
洗濯物を絨毯やカーペットの上でたたむとダニはつく?
ダニはもちろんつきます。
高いところ(テーブルなど)をきれいに拭いてたたむのが一番いい。

床でたたむ場合は布や新聞紙などをひいてたたむのがおすすめ。

たたんだら早めにしまうようにする。

梅雨時期にダニ対策になる収納法は風通しを良くすること。
押入れや引き出しもたまにはあける。

布団カバーにいれると汚れは防げるが、
結露しやすいので、
カバーをないでをしまったほうがよい。

布団を圧縮して収納するときは
圧縮袋でもわずかな空気で生き残るので乾燥材をいれるとよい。
ダニは乾燥に弱いため。

ただ、神経質になってゼロにしようとするのは無理。
ダニはどこにでもいるので
病気にならない程度まで数をへらせばいいとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ