【ガッテン】痛み&認知症も改善!タッチケアでオキシトシン

タッチケア

2016年6月1日放送の「ガッテン」は
『痛み&認知症に効く!「癒やしホルモン」の驚きパワー』
がとりあげられました。

体に触れられると脳から出てくるホルモン「オキシトシン」。

その癒やし効果は絶大で、痛みやストレスを大きく緩和するだけでなく、
血圧まで下げてくれることが判明。

そのタッチケアのやり方なども紹介!

スポンサードリンク

オキシトシンことハッピーホルモンとは?

フランスで行われた実験を紹介。
男性が街を歩く女性に声をかけ、
どれだけ電話番号を聞き出せるか成功率を調べる。

なかなかうまく行きませんでした。
しかし、声をかける時に、1秒「あること」をすると
成功率が2倍なったのです!

この「あること」が医学的に注目されている。

また、攻撃的な言動や徘徊が増えていた認知症の女性が
「あること」で症状が改善。

全身の関節の痛みで歩くのも辛かった女性も
「あること」を10分したことで改善があったという。

これは「あること」がきっかけで、
病気やストレスを軽くする物質が体の中に出たおかげだという。

この「あること」とは何なのか。

正解は「腕に触れた」。

体に触れると、脳からある物質が大量に出てきて
体にさまざまな「いいこと」をもたらすという。

また、ショッピングモールを訪れたカップルに、
カーテンの中でハグをしてもらう実験を行った。

まずは唾液を採取し、5分間のハグを行ってもらい、
再び唾液を採取する。
唾液を解析すると、あるホルモンが激増した人達がいた。

特に増えたのは女性3名。

女性ホルモン(エストラジオール)や男性ホルモンは変化なし。
激増したホルモンは一体何なのか。
それは「オキシトシン」、通称「ハッピーホルモン」

日本人にはあまり馴染みがないものだが、
Lilicoが18歳まで暮らしていたスウェーデンとは関係があるという。

スウェーデンで聞いてみると、
みんなオキシトシンについて知っていた。

スウェーデンの小学校や保育園では「タッチケア」が指導されていた。

スウェーデンの小学校や保育園では
なんと肌に触れるケア「タッチケア」が指導されていました。
実は触れる事によって体の中に出てくるオキシトシンを
さまざまな医療に応用する取り組みが行われているんです。

カロリンスカ大学病院では
さまざまな病気の患者に対してタッチケアが行われています。
特に効果があるのは体に痛みを抱える人。
ある患者さんは5年前から肩と腕に強い痛みを訴えてました。
しかし、タッチケアを1週間続けると痛みが軽くなり
体が楽になったそうです。

オキシトシン研究の世界的権威、
シャスティン・ウヴネース・モーバリエ博士は
「オキシトシンは体の中でさまざまな素晴らしい効果を見せる。
タッチケアは老人から子どもまで幅広く使われ、
病院ではがんや痛みのある患者への治療も行われています」

日本でも最近注目されてきています。
8年前からリウマチで体中の痛みに苦しんでいる
永井さんは痛み止めの薬もさまざま試しましたが
効果はほとんどありませんでした。

そこで永井さん知り合いの看護師に頼んで
背中を10分間ゆっくりさするタッチケアを受ける事に。

まず驚いたのは焼けつくようだった手の痛みが
途端に軽くなった事。

痛くてたまらなかった首や腰も楽に動かせるように。

スウェーデンの学校や保育園では、
タッチケアで問題行動や乱暴な行動が減ったとのことです。

スポンサードリンク

高血圧の人に背中のマッサージを10分間、
週に3回続けてみたところ、血圧が平均10も下がったという
研究結果が多数あるという。

今最も注目されているのは認知症への効果。

徘徊や乱暴な言動・行動が多かった大泉さんは
娘さんがタッチケアを毎日10分1週間続けたら、
行動すべてが変わってきて、乱暴な言葉もなくなり、
徘徊もなくなったという。

タッチケアは病気自体がよくなるわけではないが、
病気による様々な症状の改善が期待できる

東日本大震災、熊本の地震の避難所でもこのタッチケアは
不安やストレスを抑えてくれるため、行われていました。

なぜ「触れる」と体に効果があるの?

痛みやストレスを感じるのは脳の「扁桃体」
扁桃体は慢性の痛み、認知症などの症状の悪化に深く関わっている。

扁桃体の興奮をしずめるのが脳の「前頭前野」。
慢性的な痛みやストレスがあると扁桃体は静まらず、
痛みなどが更に増幅され、血圧の上昇、不眠などが起こる。
その時に体に触れられると脳内でオキシトシンが働き、
偏桃体が引き起こしていた様々な症状も鎮めてくれる。

この触れると安心するという効果は
動物にもあるそうです。
コミュニティー、群れを維持するために
オキシトシンが進化してきた、と想像できるという。

さわる側にも効果がある。
安心・信頼できる人との触れ合いにはオキシトシンが出て、
なるべく頻繁にコンタクトがあると効果があるが、
機械的になってはいけないという。

体にさわらなくてもオキシトシンは出せる?

アメリカ・ウィスコンシン大学のレズリー・セルツァー博士の研究によると、
7歳から12歳かの女の子61人に大勢の前でスピーチをさせました。
スピーチの直後に「あること」をしたところ、
体内でオキシトシンが増えたのが確認でき、
ストレス値も激減したという。

「あること」の正解は「母親と電話する」

自分が信じられる、好きな人の声を聞くと
オキシトシンが出るという。

さらに効率よくオキシトシンを出せる方法

人間そっくりのアンドロイドの開発でおなじみ
「世界を変える天才」と言われるロボット研究の権威である
大阪大学の石黒浩さんの目標は
人間の代わりになるほどの高度なロボットを作り上げる事。

今、石黒さんが開発しているのは1人暮らしの人を癒やすロボット
実験と検証を重ねた末にたどりついたロボットが
抱き枕のようなものだった。

普通の抱き枕との違いは「声」と「手触り」で、
抱き枕を抱きながら電話をすると
相手の存在を感じて電話ができるのでオキシトシンが出る。

高齢者の女性に「抱き枕と電話」の組み合わせを
試してもらうことに。

孫から電話がかかって来た時に
抱き枕を抱きながら話をしました。
「身近にいるって感じがします」「ホッとします」との感想だった。
オキシトシンも濃度が上がっているのが確認できたのでした。



背中をなでるタッチケアの方法


【背中をなでるタッチケアの方法 】

日常のストレスや不安の軽減、慢性の痛みの軽減や、
認知症の周辺症状の改善などに効果が期待できます。

1.いすの背やテーブルにもたれて、楽な姿勢をとる
2.両手のひらを背中にぴったりつけ、全体をなでる

ポイントは、1秒間に5センチ程度のゆっくりとした動き。
手のひらでアイロンをかけるようなイメージ。
目安は1回10分程度。

なで方①
背中の真ん中から弧を描くように、背中全体をまんべんなくなでる

なで方②
肩、背中の一番外側のラインに沿ってなでる

なで方③
腰の位置から首に向かって、ハートを描くようになでる

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ