【得する人損する人】家事えもんのコクたっぷりカレー&サバの煮つけ!

再現カレー

2016年6月2日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の
すぐマネできる得ワザを紹介!

焼肉のたれとコーヒーミルクを掛け合わせた
「コクたっぷりカレー」を作ります

スポンサードリンク

カレー専門店 原価率研究所からオファー

得損ヒーローズのエース、
家事大好き芸人「家事えもん」にミッション!
それは街で人気のカレー店の味をさらにレベルアップすること。

新潟で7店舗チェーン展開する
「カレー専門店 原価率研究所」を訪れた。

カレー1杯、たった200円で食べられる安さが新潟で評判を呼び、
今年1月、東京へ進出した格安チェーン店。
多い時は1日500食も出るという。

店主の吉田恭平さんはお客に飽きられない新しい味を作りたいと思い、
今回家事えもんにオファーを出した。

現在、メニューは200円カレー1種類のみなので
お客にあきられないたらし味を作ってほしいというオファー。

しかも値段は200円を守りたいとのこと。。

通常の200円カレーの作り方を見せてもらった。
沸騰したお湯にいきなり鶏肉を入れた。
(炒める手間御カットし作業効率をアップ)

鶏肉の皮は好き嫌いがわかれるので
取ってあるとのこと。
鶏肉に火が通ったら
半年以上かけて開発したルーを入れ
たった10分で40人前のルーを作っていた。



カレーのコクがグッと増す、家事えもんの簡単テクニックとは?

焼肉のたれとコーヒーミルクを掛け合わせた「コクたっぷりカレー」

スポンサードリンク

コクたっぷりのカレー


【コクたっぷりのカレーのレシピ】

『コクたっぷりのカレーの材料』
鶏肉(適当な大きさに切る)→150g
水→600ml
焼肉のタレ→大さじ3
コーヒーミルク→1個
市販のカレールー→水分量に対して適量
※野菜など他の具材はお好みで

『コクたっぷりのカレーの作り方』
1.鶏肉から皮を取り細かく刻み、鍋で皮を焼く。
鶏の油を皮から引き出すまで焼いたら、
皮を取り出す。

鶏皮の脂には、うま味と脂質が含まれているのでコクがアップ!

2.皮から出た油で鶏肉を炒める時に、
焼肉のタレを入れる

焼肉のたれを入れてコクをアップ
焼き肉のタレには、リンゴ・にんにく・黒蜜などコクとなる成分が含まれていて、
それらはカレーの隠し味に使われているものばかり。
つまり、焼き肉のタレを入れることで、
最初からたくさんの具材で煮込むのと同じに

3.肉に火が通ったら水を加え、
沸騰したらルーを入れる。(野菜など他の具材はお好みで)

4.盛り付けたら仕上げにコーヒーミルクをカレーにかければできあがり!
コーヒーミルクの植物油脂がルーとまざって
まろやかな味に!
生クリームを使うより安くすむ。




【焼肉のタレでサバの煮付のレシピ】

『焼肉のタレでサバの煮付の材料』
サバ→ 半身
焼肉のタレ→ 100ml
水→ 200ml

『焼肉のタレでサバの煮付の作り方』
1.フライパンにサバと焼肉のタレと水を入れ、
落としぶたをして、弱火で10分ほど煮る

2.サバをひっくりかえし、
タレにとろみが出てきたらできあがり。

おいしいサバの煮付けを作る時に必要な、
醤油や砂糖などで作る煮汁と、
焼肉のタレの成分は似ているので、
焼肉のタレ1本あれば簡単においしくできます

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ