【ジョブチューン】イオンの惣菜売り場などの秘密!買うと得する惣菜

イオン

2016年6月4日放送の「ジョブチューン」で「イオン」がとりあげられました。

全国におよそ500店舗を抱える業界No.1スーパーイオン

青果・鮮魚・精肉・惣菜の各売り場の秘密をぶっちゃけ。

買うと得する惣菜ベスト3や
持ち帰った揚げ物を家で美味しくする方法なども伝授!

スポンサードリンク

イオンの惣菜売り場のヒミツ

イオンで扱う惣菜はほとんどが店内で調理され、
その品ぞろえは600種類。
その数ある惣菜の中で最も売れている商品が「ザクうまコロッケ」。

コロッケ

こちらの品は全粒粉を混ぜているため、
栄養価が高く、冷めても衣にザクッとした食感が出るのだという。
また、天ぷらはトクホに認定された油を使用している。

この油はコレステロールを下げる効果がある。
こだわった油を使うことでおいしさはもちろん
ヘルシーな天ぷらに仕上がります。

イオンの寿司は地域によって好みが違うため、
酢飯の味を地域ごとに変えている。
全国で7つの味に分かれている。
関東は酸味が強く、関西は甘みが強い。

また巻きずしは海苔に目に見えない小さな穴をあけているため、
子供やお年寄りでも食べやすく、
口に入れた時海苔の甘みをより感じられるのだそう。

イオンでは社内の訓練を受け、
試験に合格した人を中心に惣菜が造られていて、
資格取得者の写真を提示している。

更にイオンの惣菜売り場には
煮物やサラダ、スイーツまで並び、
およそ60種類の惣菜がすべて100g198円(税抜き)で買える
マイセレクトデリという売り場が設置されている。
※取り扱いのない店舗もあります

実は材料費にお金が掛かっていて
お客さんが選ぶと得をする惣菜TOP3ぶっちゃけ!
第3位:「生ハムのマリネ」
上質な生ハムを使用

第2位:「チキンとほうれん草のサラダ」
チキンは一度蒸した後に皮をこんがり焼くという
手間がかかっている

第1位:「大海老と彩り野菜のマヨソース」
普段惣菜では使われない採算度外視の大きいエビを使っている


イオンの総菜売り場のヒミツをぶっちゃけ

イオンの総菜売り場のヒミツをぶっちゃけ。
【出来立ての惣菜を並べるとき、奧ではなく右側に置いている!】

できるだけ出来立ての商品を買ってもらいたいので、
右利きの人が多いので取りやすい右側に置くのだという。

左側の商品は時間がたってきたら値段を引いてお買得にしている。

全部の揚げ物、お寿司などのパック販売の商品も
そのようにしているとのこと。

【天ぷらなどの揚げ物を家で温めなおすいい方法】
1.2回程天ぷらに霧吹きで水をかける。
2.5分程度オーブントースターで加熱する。

そうするとサクッとした食感になる。
少しコゲる場合があるのでアルミをかけるとコゲが出にくくなる。


イオンの青果売り場のヒミツをぶっちゃけ

イオンの青果売り場のヒミツをぶっちゃけ。

【沢山の商品を買ってもらうために
知らないうちにぐるぐる歩かせる陳列をしている!】

(イオンスタイル御嶽山駅前の場合)
青果売り場の入り口では季節感のある果物を並べて旬を感じさせ、
棚の端の特売品で足を止めさせることで道を誘導していた。

売り場の滞在時間が長くなると
買い物の個数も増えるという研究に基づいて、
バナナなどの人気商品は種類を増やして選ぶ時間を稼ぐとのこと。

2分間長くいることで1点購入が増えるといわれているそうです。

そして待ち構えているのがミニトマトバイキング。
たくさんつめたらお得なミニトマトは“みどりちゃん”
仕入れ値が一番高くてお得。

トマトを詰め終えた客を誘導するため、
試食売り場を設置。

売り場内をグルグル移動してきたお客は
”もやし”をゴールとして歩かされていた。

野菜が収穫不足で高い時は、
あらかじめ切ってあるカット野菜がオススメ。

カット野菜は契約農家と年間契約しているので、
ずっと同じ価格で販売することが出来る。

また通常農家が収穫してから2日程度で店頭に並ぶが、
イオンには今朝採れ野菜といって
その日収穫された野菜が並ぶこともある。


スポンサードリンク

イオンの鮮魚売り場のヒミツをぶっちゃけ

イオンの鮮魚売り場は安心安全環境配慮をモットーに
最大70種類250品目の魚介を扱っている

イオンの鮮魚売り場のヒミツをぶっちゃけ。

【鮮魚売り場で、最も新鮮な魚が買える時間は朝一番ではなく午後1時ごろ!】

鮮魚コーナーではその日の朝に穫れた魚を販売する
「朝獲れ鮮魚」というものがあり、
その魚が店頭に並ぶ時間が午後1時頃になっている。

朝、並んでいる商品は朝8時の開店時間に合わせて
市場から生鮮魚を仕入れている。

朝獲れ鮮魚は市場ではなく漁港から
鮮魚士の資格を持っているバイヤーが直接買い付けている。

また、朝獲れ鮮魚は普通のスーパーは置いていない
珍しい魚をあえて取り揃えている。
珍しい魚を店頭に並べることでお客さんが
立ち止まってくれるのだそう。

セリ落とした魚は鮮度を保つためバイヤー自ら
血抜きを行う。

そして店舗へ運ばれていく。

イオンでは魚を丸ごと買ってもらって、
調理方法を言ってもらえれば無料で調理をしている。
鮮度も良いので丸ごと買ってもらうのがオススメとのこと。


イオンの精肉売り場のヒミツをぶっちゃけ

イオンの精肉売り場のヒミツをぶっちゃけ。

精肉売り場の多くは複数の段になった棚に肉が並べられている。
どのお肉にしようか迷った時は一番下の棚の商品を選ぶとよい。

一番下の棚は目につきやすく取りやすいため、
広告に乗るようなオススメ商品を置いているため。

お肉の特売日はこま切れ肉がお得。
こま切れ肉とは、各部位の肉を切った時に出る
切れ端を集めたもの。

特売日はサーロインなどの高級な肉の切れ端が入る
可能性も高いのだという。

ちなみに様々な肉が並ぶ中、
タスマニアビーフが最もオススメだとのこと。
タスマニアの自社牧場で飼育。

年間2万頭を日本に出荷しているという。
成長ホルモン剤や抗生物質などは浸かっておらず
安全なお肉とのこと。

イオンの精肉売り場ではお肉を買っていただいたお客様には
牛脂を無料配布しているので、
これを使って焼くことで
非常に美味しく調理することが出来る。

イオンの精肉コーナーに置いてある牛脂は国産牛の牛脂とのこと。

イオンでは4時からデリカという取り組みをしていて、
4時前後になると古い商品を順番に値下げしている。

イオンのプライベートブランドはメーカーの工場を借りて
作っているため、設備投資がかからないので、
その分お安くすることが出来る。

商品に製造所固有記号がついているので、
トップバリュのHPから入力するとその商品の
製造所名や所在地を検索することもできるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ