【ゲンキの時間】おいしい夏野菜の選び方やカリフローレなど新しい野菜を紹介!

トマトケチャップ

2016年6月5日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
「医者が食べたい野菜の秘密」

新しい野菜から身近な野菜の選び方まで、
野菜について徹底調査。

栄養価がアップする賢い食べ合わせや、
医師が健康のために食べる食材第1位に輝くトマトの健康効果などを紹介!

スポンサードリンク

これからが旬!おいしい夏野菜の選び方

【おいしいナスの見分け方】
・ヘタの部分のトゲが痛いくらいのもの。(とってから間がない)
・光沢があり、実にハリがあるもの。
・ガクの部分の下が白くなっているもの。

【おいしいキュウリの見分け方】
・表面に鋭いトゲがあるもの。
・ツヤが良くて程よい硬さがあるもの。

【おいしい枝豆の見分け方】
・3つ入りのサヤで、豆がぷくっと膨らんでいるもの。
また枝豆を保存するなら、
買ってすぐゆでて冷凍庫で保存するのがおススメ。

様々なニュー野菜

【カリフローレ】
3年前にできたばかりのニュー野菜。
カリフラワーを品種改良したもので、
茎まで丸ごと食べられるためカリフラワーよりも
効果的に栄養が摂取できる。
生でも食べられる。

【ロマネスコ】
カリフラワーの仲間で、ビタミンC、カルシウム、
食物繊維などが豊富。
免疫力アップから美肌効果まで期待できるといいます。

【こどもピーマン】
ピーマンを品種改良したもので、
ビタミンCが従来のピーマンの1.5倍。
皮膚や粘膜の健康を保つβカロテンは2倍以上。

さらにピーマン特有の苦みを抑え、
子供でも食べやすくなっています。

【ブロッコリースーパースプラウト】
スルフォラファンという発がん予防物質が
ブロッコリーの20倍含まれています。

さらにアンチエイジングや肝機能アップなど
様々な面で効果が期待される野菜。
味がほとんどないため色々な物に
混ぜて利用できます。

【アイスプラント】
カリウム、クエン酸、βカロテンなどが含まれ、
生活習慣病予防、血糖値低下作用、抗酸化作用があると言われています。

【グラパラリーフ】
ビタミン、ミネラル、カルシウムが豊富に
バランスよく含まれています。

また抗酸化作用のあるカテキンも
緑茶と同じくらい含まれています。


スポンサードリンク

野菜の食べ合わせ

従来の野菜も食べ合わせしだいでパワーがアップ。
栄養を効果的に摂取できます。

食材の食べ合わせのプロフェッショナル・白澤卓二先生に
お話を伺いました。

【キュウリ+味噌】
キュウリに含まれるビタミンCと
味噌に含まれるコレステロール値を下げる
レシチンのダブルパワーで、老化防止に効果的。

【ニンジン+鶏肉】
人参に含まれるβカロテンの吸収を
鶏肉の脂が助けてくれるため、
動脈硬化や生活習慣病の予防効果がアップ。


『良くない食べ合わせ』
またせっかくの栄養価を損なってしまう良くない食べ合わせ。

【ホウレン草+ベーコン】
ホウレン草の鉄分やカリウムをの吸収をベーコンのリン酸が
ブロックしてしまう。
対策としては炒める前にベーコンをゆでるのがおススメ。

【ネギとワカメ】
ワカメのカルシウムの吸収を、
ネギに含まれるリンや硫化アリルが阻害。
対策としてはリンとカルシウムのバランスを調整する
シラスや青魚も一緒に摂取するようにしましょう。

医者がおすすめ野菜はトマト

お医者さんが健康のために食べている野菜の第一位が「トマト」。

トマトに含まれるリコピンは、
余分なコレステロールを体外へ排出し、
善玉コレステロールを増やしてくれます。

もし善玉コレステロールが少なくなると
生活習慣病や動脈硬化などを引き起こす
恐れが高まります。

しかも悪玉コレステロールは
男女ともに30代から急激に増える傾向に

成人の2人に1人は問題がある
といわれています

つまりトマトは中高年にとって
救世主ともいえる野菜なんです

またトマトはほかにも美白やダイエット効果、
がん予防にもつながるといわれています

しかしトマトというと苦手な人も多いはず
今はそんな方にも食べやすい、
甘いフルーツトマトが作られています。

【徳谷トマト】
フルーツトマト発祥の地、
四国で栽培されている徳谷トマト。
フルーツトマトの最高峰と言われます。

小玉にも関わらず
1玉約300円という高値。

特徴はその甘さにあります。

普通のトマトの糖度は5%前後なのに対10.2%

秘密はこの土地ならではの土にありました。
この徳谷地区は、1970年の台風により久万川が氾濫し、
すべての畑が塩分を含む土壌になり壊滅状態に。

ところが、塩分が宿り、乾いた地質に変化し、
トマトが余分な水分を吸収しなくなり、結果、
甘みがギュッと凝縮されるトマトになったのだそう。

【乙女の涙】
フルーツトマトの新品種、乙女の涙。
水分が抑えられ果肉がしっかりしているのが特徴です。
糖度も11.7%あります。

そして「乙女の涙」に続く最新トマトが登場
その名も「しあわせの涙」
「乙女の涙」から生まれた黄色いトマト
「しあわせの涙」です

『甘いトマトの見分け方&食べ合わせ』
トマトを裏返して白い線が多い物ほど栄養が行き渡り、甘いとのこと。

さらにトマトの栄養価を
最大限に引き出す食べ合わせがアボカド。
アボカドの脂がリコピンの吸収を
さらに良くしてくれるとのことです。

感想

わたしも野菜をなるべくとろうとは思っているのですが、
なかなかとれないですね。

でも、色んな新しい野菜がでてきていますので
試してみたいと思います(^ ^)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ