【世界一受けたい授業】ニキビの原因や対処法!肌のポツポツ対策にコラーゲン

にきび

2016年6月4日放送の「世界一受けたい授業」では
「肌のポツポツは梅雨に増える!肌トラブルの改善法教えます!」

ニキビの原因や対処法など、肌トラブルの改善方法を紹介!

スポンサードリンク

肌にできる白いポツポツの正体は?

蒸し蒸しして不快な梅雨。
実はあるものが1年間でも梅雨から夏にかけての季節に
一番できやすいのだそうです。
それは顔にできるポツポツ。

肌の露出も増え、紫外線が強く、
皮脂の分泌量が増えるため、
湿度が高く汗をかきやすい。

そのため肌へのダメージが大きくなります。
これがぽつぽつの原因に。

汗管腫(かんかんしゅ)

例えば目元に、肌と同じ色をした小さなポツポツ。
これは“汗管腫(かんかんしゅ)”と呼ばれるもの。

中年の女性に多く、
女性ホルモンが関係していると考えられています。
でも、良性なので身体に害はないとのこと。

気になる方は、30分程度のレーザー治療で
取ることができます。

レーザー治療の料金は、大きさや量によって変わりますが、
1回約5000円~50000円ほど。
保険がきく場合もあるので調べてみてください。。

脂漏性質角化症(しろうせいかくかしょう)

夏の日差しで増えるポツポツ、脂漏性質角化症。

紫外線を浴びた皮膚が老化し、
肌の代謝が悪くなってできるといわれています。

早い人では30代でも発生。
対策としては、日傘や帽子などでなるべく紫外線を浴びないこと。

さらにこのポツポツ。
数ヶ月のうちに顔だけでなく身体にもでき、
カユミを伴っている場合は胃がんの可能性も。

内臓の悪性腫瘍の場合もあるので、放置しておくのは危険です。

今回ニキビについて教えて下さったのは、
藤田保健衛生大学教授の赤松浩彦先生です。


【スキルアップ!ニキビ治療実践マニュアル】

大人のニキビ

最近、20~30代の若者にポツポツが急増しているそうなのですが、
そのほとんどが「大人のニキビ」。

ニキビというと10代の頃に出るものと思う人が多いが、
最近は大人にも出るようになってきて、意外と多いのです。

ニキビは、正式には「尋常性座そう」と呼ばれ、
肌の一部が炎症を起こしている状態のこと。

顔や背中の毛穴には、
皮脂腺と呼ばれる皮脂を分泌して
肌を潤す機能があります。

しかし、ストレスや寝不足などで
ホルモンバランスが乱れが原因で、
毛穴が詰まり皮脂が溜まってしまいます。
この状態が、白い小さなポツポツ「白ニキビ」の正体。

更に皮脂がたまった毛穴の中で、
誰もが持っている菌のアクネ菌などが増殖し、
ニキビの色が白色の白ニキビから赤色の「赤ニキビ」に
なったら要注意。

赤ニキビは、毛穴が詰まった状態で炎症を起き、
皮脂がパンパンになってしまいます。
そして、限界を迎えると毛穴が破壊され、
肌に陥没ができてしまう。

すると、毛穴自体がなくなってしまい、
スベスベ肌には二度と戻らない可能性が高い。

スポンサードリンク

なので赤ニキビになったら病院に行ったほうがよいとのこと。

ニキビの原因は?

ニキビの原因は、寝不足・ストレスの他にもいくつかあります。

日常生活でおもわずついてしまう“ほおづえ”

実は、ほおづえをつくとニキビなど
顔のポツポツにダメージを与えてしまうのです。

手で頬やアゴを触ることで、
肌が刺激され、毛穴が詰まり、
皮脂が溜まって、ニキビの元が発生。

そこへほおづえなどで肌を刺激しつづけると、
ますます刺激を与えてしまい、
ニキビが悪化してしまうことに。

薬を塗っていても効果を実感できないとお悩みの方は、
無意識に顔を触っている可能性が高い。

ニキビを作らないためには、
できるだけ顔に触れないことが重要です。

多のう胞性卵巣症候群

若い頃はあまりポツポツができなくても、
大人になってから突然赤いポツポツができたら注意が必要。

病院へ行って処方したもらった薬を塗ってもなかなか治らない。
そんな場合は、“卵巣”の病気のサインの可能性が。

“多のう胞性卵巣症候群”という、卵子が排卵できずに
たまってしまう状態の排卵障害のサイン。

血中の男性ホルモンが増加することで発生すると考えられています。
特に、月経不順がある場合は要注意。

病院の薬を塗っても治らない赤いポツポツがある場合は、
一度皮膚科の医師に相談してみましょう。

隠れポツポツの原因

実は、一見肌がキレイに見えても、目に見えない、
将来ニキビとなる“隠れポツポ”というものがあるそうです。

番組では、ゲストのおのののかさん(24歳)、橋本マナミさん(31歳)、
麻木久仁子さん(53歳)の3人が頬の隠れポツポツの検査を受けました。

おのおののかさんは一番若いので大丈夫だと思うといっていましたが
なんと170個も。
でも、多いように見えるが普通ぐらいとのこと。

ただ、おでこにプツプツが出ているので、
おでこを検査したらかなりの数になったのではと赤松先生。

髪の毛の刺激がニキビを悪化させる原因になっているので、
家に帰ったら髪の毛を上げた方がよいとのこと。

麻木久仁子さんは意外にも17個とぜんぜん少なかったのです。

おのおののかさんの写真を見ると隠れポツポツの他に、
小さな白い点がたくさんあったのです。

ぽつぽつの原因になる白い点の正体は“タオル”

タオルの繊維が顔に長時間触れることで、
肌への刺激になります。そうすると皮脂が溜まるので、
ポツポツができてしまうことも。

使い古したタオルを使うのは避けた方がよいとのことです。

ポツポツ対策にコラーゲンが効果的

ポツポツ対策に効果的なのは
食べ物としては、ズバリ“コラーゲン”

一昔前はコラーゲンは食べても意味がないと言われていたが、
コラーゲンを1日5g以上採れば、肌のツヤや水分量を維持し、
肌の健康に効果があることが、
近年の研究により明らかになっているとのこと。

手羽先、鮭、シラスはコラーゲンが豊富。
日本人の女性はコーラーゲンを
1日2g程度しかとれていないそう。
3gも足りません。

なぜかというと理由の1つは
魚を食べるときに皮をはいで食べるとか
コラーゲンを摂らない食事が増えてきたのが
原因と考えられています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ