【主治医が見つかる診療所】呼吸法を変えて健康に!やせる、美肌、若返る

呼吸法

2016年6月6日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「呼吸を変えて健康になる!」がとりあげられました。

呼吸の改善で免疫力・代謝アップ!やせやすく肌もキレイに。

呼吸筋を強くする方法や口すぼめ呼吸法などを紹介!

スポンサードリンク

呼吸とは

人間の呼吸の回数は1日約2万回。

池袋大谷クリニック大谷義夫院長によると、
現代人は浅い呼吸になりやすく、
肩こり、頭痛、めまい、疲れやすいなど
いろんな弊害がおきるという。

呼吸を改善して酸素を充分に取り込めば
免疫力・代謝もアップし、
病気になりにくくなるだけでなく、
やせやすく肌もキレイになり若々しくなる!
と考えられている。

【呼吸筋の衰え度チェック】

①パソコン仕事や家事など前かがみになることが多い

②疲れやすくその疲れがとりにくくなった

③階段を上るのがつらくついエスカレーターや
エレベーターを使ってしまう

④ダイエットしても昔より痩せにくくなった

⑤喉がよく乾くようになったり
口臭が気になるようになった

⑥以前と比べ声が小さくなり、
たまに聞きかえされるようになった

⑦タバコを吸っている

3つ以上該当する場合は
肺もしくは呼吸に問題がある可能性がある

解説
①は猫背になると肺が圧迫され呼吸が浅くなってしまう

②③④は体が酸素不足になっていないかのチェック。
酸素不足で代謝が悪くなる
→疲れが残る・息切れする・やせにくい

⑤口呼吸すると乾燥して喉が渇く。
また、雑菌が増えて口臭を感じるようになる。



夏カゼと間違いやすい命に関わる肺の病気

夏カゼと間違いやすい肺の病気①
【夏型過敏性肺炎】

発症年齢56歳・女性の場合
小さな咳が出始めたため、近くの診療所へ行った所「夏カゼ」と診断される。
しかし1か月後には激しく重い咳が出るようになる。
家族全員にも同じ症状が現れるが、なぜか自分だけ症状が悪化した。
長男の勧めで専門医へ行くと、「夏型過敏性肺炎」である事が発覚。

夏型過敏性肺炎とは
・「トリコスポロン」というカビが原因で起こる、アレルギー性肺炎の一種。
・夏場にこのカビが繁殖しやすいため、夏に患者数も増える。

トリコスポロン
・どの家にも発生する可能性がある。
・特に、「風呂場」「台所」などの水回り、湿気が多く、風通しの悪い所に繁殖する。
・白、黄色で目立ちにくい。

夏型過敏性肺炎を疑ったほうがいい場合
・咳が2週間以上続く
・3日以上家から出ると、症状が軽くなった場合(家にカビがある可能性がある)。
・冬場に、比較的症状が楽になる場合(カビの繁殖が弱まるため)。



夏カゼと間違いやすい肺の病気②
【肺マック症】

発症年齢55歳・女性の場合
・小さな咳と痰が出始めたが、看護師経験があり、
健康には自信があったため、病院には行かなかった。

しかし1週間後には強く激しい咳に悪化、
専門医を受診した所「肺マック症」と診断された。

肺マック症とは
・マック菌という細菌が肺に入り込む事が原因。
・進行が遅く、気が付かず放置してしまう場合も多く、
一度かかると完治するのが難しいとも言われる。
・患者数が近年急増、年間1~2万人増えているという。

マック菌(MAC菌)
・身の回りにある水や土の中などの、ほとんど全ての場所に生息している。

肺MAC症などの危険な肺の病気を疑ったほうがいい場合
・咳が2週間以上続いた場合。
医療機関を受診し、診断してもらう事が必要。

予防法
・風呂場の浴槽やシャワーヘッドなど、
ぬめりの多い所に繁殖しやすいと言われる。

・シャワーヘッドは菌が飛び散らないように、
水の中につけた状態で静かに洗う。

・土いじりをする時は、マスク・ゴム手袋を着用、
終了後は手洗い・うがいをする事が大切。



スポンサードリンク

簡単!呼吸筋トレーニング

呼吸というのは肺がふくらんだり縮んだりして行われている。

実は、肺自体に膨らませたり縮ませたりするための筋肉はついておらず、
横隔膜が上下することで、胸の中の圧力が変化し肺も動く。

つまり、呼吸筋とはおもに横隔膜のことを指している

そして、呼吸筋を鍛えることで肺炎・ぜんそく・COPDなど
の予防にもなる。


そして、呼吸筋をどうやって強くしたらいいのか探っていくうちに
ある職業に注目したのです。

千葉県南房総市白浜の海女さん5人は、平均75歳の現役で
1日約60回、繰り返し素潜りを行っていた。

水深10mを1分半も潜っています。
調べるとみんな実年齢よりも若く、中には20歳若かった人も。

水深10m潜ると陸の2倍の圧力が肺にかかる。

水中で負荷をかけて運動をしている状態で
自然と呼吸筋が鍛えられている。

さらに海女さんたちは息を吐くときに
口笛のような音がする「磯笛」という呼吸法を
自然と実践していた。

磯笛を10回ほど吹くと呼吸が落ち着くとのこと。
大谷医師によるとこれは
口すぼめ呼吸によく似ているとのこと。




【口すぼめ呼吸】

1.2秒かけ鼻から息を吸う

2.6秒かけ口から息を細く長く吐く

1セット10回ぐらいおこなうとよい。

口をすぼめることで、吐く息に圧力がかかり
空気の通り道である気道が広がるため呼吸が楽になるのです。



【シャボン玉トレーニング】

大谷医師オススメの呼吸筋トレーニング法

鼻で息を吸い、ゆっくり吐いて、
シャボン玉を大きく膨らませていく。

呼吸筋を鍛えるポイント
1.吸うより吐く事が大切
2.吐くときは時間ゆっくりをかけて
3.適度な負荷をかけながら行う

※作り方はストローの先をはさみで切って
放射線状に広げるだけでできる。

※ストローは細い方が負荷がかかるため
効果が期待できる。




【呼吸筋ストレッチ体操】

1.両手を頭の後ろで組み、ゆっくりと息を吸う
2.息を吐きながら腕を上に伸ばして
背伸びする

1セット5~10回 1日3セットほど行う



丁宗鐵医師はカラオケとかで大きな声で歌う(マイクは使わない)
だけでも腹式呼吸が身につき、
呼吸筋を鍛えることができるとのこと。

呼吸筋を鍛えて健康になる歌い方のポイント
1.出来るだけ大きな声で歌う
2.息つぎを減らし、声を長くのばす

姫野友美医師は、肺の粘膜の防御をしている物質は
グルタミン(アミノ酸)とビタミンAで成り立っている。

アミノ酸は肉・お魚・タマゴ・大豆などタンパク質をしっかりとり、
ビタミンAはウナギやあん肝がいい。

酸素を運ぶ鉄は牛肉・アサリ・レバー・ヒジキだとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ