【あさイチ】キヌアのレシピ!ハンバーグ、ドレッシング、朝食にちょい足しなど

スーパーフードキヌア

2016年6月6日放送の「あさイチ」で「スーパーフード!キヌア」が
とりあげられました。
並はずれた栄養価が世界で認められたスーパーフード・キヌア。

「どうやって食べたらいいかわからない」という方のために、
ふだんの食事に手軽に取り入れられるレシピを紹介!

ハンバーグ、ドレッシング、朝食にちょい足しなど。

スポンサードリンク

スーパーフードのキヌア

キヌアはNASAがその栄養価を認め
宇宙に持っていったというスーパーフード!

キヌアのふるさとは南米アンデス地方。
実は、キヌアはほうれんそうの仲間の植物のタネ。
雑穀の一種なんです。

アンデス地方では昔から母なる穀物と呼ばれ、スープに入れて食べたり
ジュースに入れたりとさまざまな料理に使われます。

キヌアは白米と比べてカルシウムと食物繊維がおよそ6倍。
鉄分は、なんと9倍。
そのパワーは女性にうれしいものばかりです。

どこで生産されているのか。
1位がペルーです、圧倒的です。
生産の9割近くが南米です。
ペルーといえば15世紀に栄えたインカ帝国です。
まずはインカの恵みです。

本場ペルーの食べ方を教わっちゃおう!
と訪ねたのは大胆にもペルー大使館!

わざわざ出迎えてくださったのはエラルド・エスカラ大使と
奥様のクリスティーナさん。

見せてくれたのは3色のキヌア。
白いキヌア、赤キヌア。
さらに、黒いキヌアまで。
いろんな色があるんです。
他にもペルーには1000種類以上があり、用途によって使い分けます。

まず、日本でもっともおなじみの白キヌア。
白キヌア→柔らかいのでスープ向き。短時間でゆであがります。
赤キヌア→味が濃くやや粘りがあるので、
ジュースに入れたりデザートなどに向いている。
黒キヌア→水分が少なくしっかりした食感。
揚げ物の衣などにおすすめ。




キヌアのレシピ


【下ごしらえの方法】

まずは基本的なキヌアの下ごしらえの仕方です。
1.3回ほど水をかえて洗う。
洗うことで外側についているサポニンが取れて苦みがなくなる。

2.キヌア→カップ1
水→カップ1と1/2
(水はキヌアの1.5倍)
塩→少々
鍋に入れ、火にかけて沸騰してから
弱火で15分ほどゆでる。

3.透明感が出て、白い輪のようなものが現れればOK!
冷蔵庫で3~4日間保存できます。
まとめてつくっておくのがおすすめとのこと

スポンサードリンク


【キヌアのサラダ】

ペルーで最もポピュラーなサラダ

『材料』
ゆでたミックスキヌア→300g
とうもろこし、トマト、豆、きゅうり、オリーブの実、アボカド→各30g
ベビーリーフ→ 20g

(ドレッシング)
サチャインオイル→ 大さじ2
パッションフルーツジュース→ 大さじ2
はちみつ→ 大さじ1
塩→ 適量

※サチャインオイルも
植物の種からとったスーパーフードとのこと。

『作り方』
1.ゆでたミックスキヌアに材料をたっぷり混ぜる。
2.ドレッシングの材料を合わせ、よく混ぜる。
3.1にたっぷりかければできあがり!

スライスしたアボカドで器を作り、中に入れるとおもてなし料理に。


【朝食にちょい足し】

ここからはキヌア料理に詳しい料理研究家の
村岡奈弥さんが登場。

キヌアのちょい足し朝食セット。

ごはんとみそ汁と納豆の定番の朝食ですが、
全部にちょい足しすることができます。
いつもの食事に簡単に取り入れることができます。

ちょい足しの割合
キヌアごはん→1合+乾燥キヌア大さじ2
(キヌアを足した分と同じ分量の水を足して炊く)
※お米とキヌアは別々に洗う

キヌア味噌汁→1人分+ゆでたキヌア大さじ3
キヌア納豆→1パック+ゆでたキヌア大さじ2~3

キヌアのよさ
味を吸いやすいので時短料理にもなり減塩にもなる


【キヌアのめんたいドレッシングのレシピ】

ポテトサラダなどに合う。
冷製パスタなどにも

『材料』
ゆでたキヌア→大さじ4
めんたいこ→ 大さじ4
塩→ 少々
エクストラバージンオリーブオイル→ 大さじ2

『作り方』
混ぜるだけ!


【キヌアの合わせ酢のレシピ】

たたききゅうりにとてもよく合う。

『材料』
酢→ 50ml
だし→ 30ml
薄口しょうゆ→大さじ1/2
塩→ 少々
砂糖→ 大さじ1
削り節→ ひとつかみ
ゆでたキヌア→ 大さじ5

『作り方』
1.酢、だし、薄口しょうゆ、砂糖、塩をひと煮たちさせ、
削り節をひとつかみいれる。

2.粗熱を取ったらゆでたキヌアを入れればできあがり!


【キヌアハンバーグのレシピ】

『材料』
合いびき肉→ 150g
塩→ 小さじ1/4
ゆでた白キヌア→ 40g
たまねぎ→ 1/4個
しいたけ→ 3枚
パン粉 大さじ1
牛乳 小さじ2
溶き卵 1/3個分
ナツメグ 少々
オリーブオイル 適量

(ソース)
ミニトマト→16個
塩→ 少々
ポン酢しょうゆ→ 大さじ2
ゆでた白キヌア→ 大さじ4
エクストラバージンオリーブオイル→ 大さじ1/2
青じそ→ 4枚< 『作り方』 1.たまねぎとしいたけはみじん切りにして炒めて冷ましておく。 2.ひき肉に塩を加え、しっかりこねる。 さらに1に加えしっかりまぜる 3.ゆでた白キヌアをまぜさらにこねる。 4.パン粉と牛乳も加えてまぜ、 卵も加えてさらにまぜる。 5.ナツメグを加えさらにまぜる。 6.手に油を少しつけ、まるめる。 真ん中を少しへこませる。 7.フライパンに油を熱し、並べ焼ていていく。 8.トマトソースを作る。 プチトマトを8等分に切り、白キヌア、ポン酢、オリーブオイルを混ぜる。 青じそをちぎって入れ混ぜたらソースの完成。 9.ハンバーグが焼けたらソースをかけてればできあがり! [br num="2"]

感想

キヌアが体にいいっていうことは知ってたんだけど、
なかなか使い方がわからなかったんですよね。

結構、なんにでも混ぜて使える感じですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ