「フジ バイキングのひるたつ」コーヒー1日3杯で心臓病とがん予防!

コーヒー

2015年11月30日放送のフジテレビ バイキングひるたつのコーナーで「コーヒー」がとりあげられました。

『1日3杯のコーヒーが体にいい 正しい飲み方とは』

 コーヒー研究の第一人者
東京薬科大学名誉教授 岡希太郎先生

が解説します。

スポンサードリンク

を1日3杯のコーヒーの効果

コーヒーを1日3~4杯飲むと「心臓病死のリスクが4割減」と国立がん研究センターが2015年5月に発表しています。

コーヒー 心臓病



さらに「がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。」(集英社)の著者である東京薬科大学・名誉教授の岡希太郎氏も、コーヒーを1日3杯飲むことが長寿の秘訣と語ります。

東京薬科大学の岡希太郎名誉教授がコーヒーの効果について紹介します。

(コーヒー1杯は豆10gで150mlの量で考えます。)


心臓病死のリスク4割減

心臓病死の危険が4割減について、コーヒーを全く飲まない人のリスクを1.0とします。
そうすると3~4杯が0.6強で最もリスクが低くなります。

コーヒー 心臓病リスク

心臓病というのは、血液がドロドロ状態になっているので病気が起こります。

ここにコーヒーがはいるとコーヒーが血液をサラサラにしてくれるのです。

コーヒーの中には「アロマ」と「ニコチン酸」という成分がはいっています。
この二つの成分が血液をサラサラに改善してくれるのです。

アロマとニコチン酸が同時に摂れるのはコーヒーだけ。

(ニコチン酸というのはたばこのニコチンとは全然別物とのことです。)


スポンサードリンク

コーヒーはがん予防にも効果的

がんセンターによるとコーヒーを摂取すると

肝臓がんのリスク45%減
子宮体がんのリスク20%減
大腸がんのリスク15%減

というデータがあります。
(この3つのがんは日本人の場合 特に良く効果が現れるがんとのこと)

コーヒー ガン予防

コーヒーには「カフェイン」と「NMP」という成分が入っています。

カフェインには、NMPの働きを強化する働きがあり、NMPには、発がん性物質を排除する働きがあります。

カフェインとNMPを同時に摂れるのはコーヒーのみなんです。



巷のギモン大解決!岡先生のコーヒー講座

コーヒーを飲むタイミングは?
Q1.いつ飲んでもいいの?

A.食前または食事中
コーヒーは1日3食の食前または食事中に飲むのが一番おすすめ。
食後でもいいが、食後に飲むときは直後に飲むのがオススメ。

ドロドロ状態の血液をサラサラにしてからご飯を食べるのが良い。

食事をすると血液すぐにドロドロ状態になるので、その前にコーヒーを飲んでおくことで血液をサラサラにしてくれる。



Q2.どんな飲み方でもいいの?
1.ブラック or 砂糖・ミルク入り
2.ドリップ or インスタント
3.アイス or ホット
など

A.どんな飲み方でもいい
砂糖やミルクを入れてのんでも1~2杯なら大丈夫。

あとはおいしいブラックをさがして飲んでくださいとのこと、
(砂糖やミルクを入れても成分は変わらない ただし 糖分や脂肪分の摂り過ぎに注意)



Q.1度にまとめて3杯飲んでもいい?

A.いいえ
3杯を分けて飲めば1日中効果がきいている
しかし、まとめて飲んだ場合はその時しかきかない



美味しいコーヒーの淹れ方

【岡先生の美味しいコーヒーの淹れ方】
①ペーパードリップに10gの粉を入れる
②ゆっくりお湯を注ぐ(最大50mlのお湯で抽出)
③お好みでお湯・牛乳を入れればできがり

ポイント
お湯の量は50mlで充分→有効成分90%抽出できる
(お湯を入れ過ぎると香り・味が落ちてしまう)

コーヒーの淹れ方


まとめ

コーヒーが心臓病のリスクを減らしたり、ガン予防になるなんてコーヒーが好きな人にとってはうれしいことですね。

1日3杯、できれば朝、昼、晩と飲んで健康に役立てましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ