鶏むね肉のソテー2種のソースのレシピ【あさイチ】by音羽和紀

2016年6月8日放送の「あさイチ」の「解決!ゴハン」で
鶏むね肉のソテー2種のソースが紹介されました。

鶏むね肉のおいしい食べ方を知りたいというリクエストにこたえます。

フランス料理店オーナーシェフの音羽和紀さんに教えていただきます。

スポンサードリンク

鶏むね肉のソテー2種のソースのレシピ


【鶏むね肉のソテー2種のソースのレシピ】

『鶏むね肉のソテー2種のソースの材料』

鶏むね肉→1枚

塩・サラダ油→各適量

(トマトとパプリカのフレッシュソース)
トマト(皮・種つきで5mm角切り)→140g

たまねぎ(みじん切り)→30g

パプリカ(赤・5mm角切り)→30g

セロリ(5mm角切り)→30g

にんにく(すりつぶす)→1かけ分

イタリアンパセリ(粗みじん切り)→少々

エクストラバージンオリーブオイル→30g

赤ワインビネガー→10g

塩・黒コショウ→各適量

(きゅうりとセロリのソース)
きゅうり(5mm角切り)→80g

セロリ(5mm角切り・葉は千切り)→30g

たまねぎ(みじん切り)→30g

パプリカ(黄・5mm角切り)→30g

しょうが(みじん切り)→6g

エクストラバージンオリーブオイル→50g

白ワインビネガー→25g

ケイパー→8g

レモンの皮(国産・すりおろす)→少々

塩・コショウ→各適量

スポンサードリンク

『鶏むね肉のソテー2種のソースの作り方』

1.鶏むね肉は6切れにそぎ切りにし、塩をふる。

2.フライパンにサラダ油を入れ、
鶏むね肉を少し強めの火で焼く。

あまり動かさない

焼き色が付いたら裏返してさらに焼き、
火を止め、余熱で温める。

焼き過ぎない

3.トマトとパプリカのフレッシュソースを作る。
パプリカとセロリはボウルに入れ、塩(分量外)をふる。
ほかの材料をすべて加えてよく混ぜる。

※ニンニクのすり潰しを入れますが、
音羽流すりつぶし技

まず、みじん切りにして、塩をふり
包丁の刃を横にして斜めにおしつぶして
ペーストに近いような感じに。
塩がヤスリの役目をするとのことです。

4.別のボウルできゅうりとセロリのソースを作る。
きゅうり、セロリ、パプリカは軽く塩(分量外)をふり、
すべての材料を混ぜてソースを作る。

5.ふたつの皿に、②の鶏むね肉を半分ずつのせ、
2種のソースをそれぞれかけ
れば鶏むね肉のソテー2種のソースのできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ