【ソレダメ】長年使ったサングラスは紫外線対策にならない!

サングラス

2016年6月8日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」で
「サングラスの新常識」がとりあげられました。

サングラスには寿命があり、
長年使ったサングラスは紫外線対策にならないのです。

スポンサードリンク

サングラスの新常識

紫外線対策にお気に入りのサングラスをかける…。
ソレダメ!

紫外線対策にはかかせないサングラス。
お気に入りのものだと
長く使われている方も多いのでは?

しかし井上眼科病院の井上賢治院長によると。

井上院長「長年使ったサングラスをかけると紫外線対策にならないどころか
白内障を引き起こす可能性もあります。

サングラスには寿命があるんです。」

実は紫外線をカットするサングラスには2種類あります。

1つは紫外線を吸収する素材をレンズに練り込んだサングラス。
もう1つがレンズの表面をコーティングしたサングラス。

このコーティングされただけのレンズにはなんと寿命があるという。

スポーツサングラスを専門に取り扱う老舗、
金栄道の那須店長に聞いてみると。

スポンサードリンク

那須店長「UVカットコーティングされたものはどうしても劣化する。
だいたい5年ほどで寿命で、UVカットが低下する。」

表面をコーティングしただけのレンズの寿命は約5年。

摩擦や火にさらされることで劣化が進み、
紫外線を十分に防げなくなるという。

表面を更にUVカット機能を失った
サングラスについて目の専門家井上院長は…。

井上院長「劣化したサングラスは
いわば色のついたただのメガネになってしまいます。

色の濃いサングラスであればあるほど
より光を取り入れようと瞳孔が開き
目の中に紫外線がたくさん侵入。

白内障なのを引き起こす可能性が
増えてしまいます。」

お気に入りのサングラスでも
5年をめどに買い替えることをお勧めします。



MCの若林さんが柴田理恵さんに
「柴田さんはサングラスとかしますか?」と聞いたら

柴田「あんまりしないですけど。
わたしこの間、白内障の手術したんですよ。
それでメガネかけなくてよくなったんですけど。
今までメガネにUV加工してきてたのね。
それがなしになったので
『これからサングラスかけて歩いてください』っていわれたの。」

といっていました。

でもメガネしてましたけどね。
柴田理恵さんが白内障の手術をしたことに
ちょっとびっくりしました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ