【世界一受けたい授業】カビが繁殖する場所ワースト3!シャワーヘッドなど

2016年6月11日放送の「世界一受けたい授業」で
「カビ」がとりあげられました。

掃除してもカビが繁殖していた場所ベスト3!

千葉大学の矢口貴志先生に
カビについて教えていただきます。

スポンサードリンク

バジルの香りにカビを防ぐ効果

梅雨に入る今はまさにカビのシーズン。
カビなどの菌にによる苦情・事故が増えている。

乳幼児期にカビが多い家で育つと
普通の人の3倍も喘息になりやすい。

しっかり掃除したつもりでも
目には見えないカビ。

そんな知らないと怖いカビについて
千葉大学の矢口貴志先生が解説。

先生によるとバジルの香りにカビを防ぐ効果が
あることがわかっており、
冷蔵庫の野菜室に葉っぱを入れることで
防カビ効果が期待できるとのことです。

今回もカビが繁殖していたワースト3を紹介。

カビが繁殖していた場所、ワースト3


【第3位:お風呂場のシャワーヘッド】

浴室や床を洗っても
ついつい洗い忘れるのがシャワーヘッド。

お風呂場のシャワーヘッドから
検出されたのは
アレルギーの原因となるカビ
クラドスポリウム。

お風呂場の栓から
検出されたのは
クラドスポリウムに加え
こちらもアレルギーの原因となる
オーレオバシディウム
が検出されたのです。

湯船をきれいにしても栓にカビがあれば
お風呂全体に広まる危険性があるのです。

お風呂掃除をするときは浴槽だけでなく
シャワーヘッドや栓も掃除することが必要。


【第2位:観葉植物の土】

第2位は観葉植物の土。

検出されたのは食べ物を腐らせる
ペニシリウム、

アレルギーの原因となる
クラドスポリウム、

危険なカビ毒を出す
アスペルギスル
が検出されました。

免疫が落ちた人がカビを多く吸い込むと
肺炎になる危険性が。

実はもともと土はカビの生息地なので
いるのがあたりまえなのですが、
病気や体調を崩している人は
なるべく近くに置かないほうが良い。

台所にあったワゴンの野菜の土からも
野菜などを腐らせる
トリコデルマ
を検出。

アレルギーの原因になります。

土がついたままの野菜は
新鮮なイメージを受けますが、
土がついたままの野菜は土を洗い流し、
水気を拭き取ってから保存するようにしましょう。

スポンサードリンク


【第1位:冷蔵庫の製氷室の給水タンク】

きれいに掃除しているにもかかわらず
「カビ」の危険がある場所第1位は、
冷蔵庫の中にある、製氷室の給水タンク

簡単に氷を作れる便利な機能ですが
そこに落とし穴が。

検出されたの
ぬめりの原因となる
ロドトルラ。

アレルギーの原因のとなる有害な黒カビ
クラドスポリウムが検出されることもあります。

実は氷になってもカビは死にません。
製氷室で作られた氷を調べてみると
氷からもロドトルラを検出されました。

つまり、氷と一緒に
カビも一緒に飲んでいる可能性があり
大量に飲むと腹痛を引き起こすことも。

「取り扱い説明書」通りに
お手入れすれば問題ありません。

給水タンクのお掃除の目安は
水道水の場合は1週間に1回以上。

ミネラルウォーターや浄水器の水の場合は
3日に1回以上の掃除が必要です。

塩素が含まれていない水は
カビが繁殖しやすいので要注意です。

佐藤栞里さんの私物のカビ

もっとも危険なカビが見つかったのは
携帯用の粘着クリーナー。

免疫が落ちている人に感染する
アスペルギルス
を検出。

続いて危険だったのは
一度履いた靴下。

携帯用の粘着クリーナから

食べものを腐らせる
ペニシリウム

アレルギーの原因となる
オーレオバシディウム
を検出。

汚れたものをそのままバッグに
入れておくのは危険なのです。

ほかにも
化粧ポーチやバッグから
クラドスポリウムが検出されたが
危険なほどではなかった。

佐藤栞さんの抜きたての髪の毛からカビは
検出されませんでした。

髪には人体に有害なものが
少なくありません。

まれですが頭の水虫といわれる
トンズランス菌が生えていることもあり、
もしこれがでてしまうと
フケやかゆみなど皮膚の病気なってしまいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ