【この差って何ですか?】虫歯になりやすい人とは?マッサージ法も

虫歯

2016年6月12日放送「この差って何ですか?」で
「虫歯」がとりあげられました。

虫歯になりやすい人となりにくい人の差は?
唾液を増やす唾液腺マッサージの方法も紹介!

スポンサードリンク

虫歯になりやすい人となりにくい人の差

日本大学歯学部 宮崎真至教授によると

この差は…
①3歳までに家族から虫歯菌がうつったかどうか
②よく噛んで食事をしているか どうか


【①3歳までに家族から虫歯菌がうつったかどうか】

口の中には約500種類の細菌がいます。

そのなかで虫歯の原因となるのは、
「ミュータンス菌」という虫歯菌。

「ミュータンス菌」は口の中に残った食べカスを食べて、
酸を出します。
酸が歯を溶かして、虫歯になります。
それが虫歯のメカニズム。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいないのですが、
赤ちゃんの口の中に「ミュータンス菌」が
存在するようになる感染経路は、家族です。
キスをしたり、同じ箸やスプーンなどを使って、
フーフーしながら食事をあげたりすると
虫歯菌が移ってしまうのです。

しかし、3歳までというのは
3歳の歯が生えそろう頃に
口の中に住み着く、
細菌の種類が決まります。

口の中に住み着く細菌の種類が決定すると、
新たな細菌は入ってきても
既にいる細菌に押し出されます。

つまり、3歳までに「ミュータンス菌」が
口の中に混入しなかった人は虫歯になることが、
ほとんどないのです。

スポンサードリンク


【②よく噛んで食事をしているか どうか】

よく噛むと唾液が多く分泌されます。
唾液には抗菌作用があり、
虫歯の原因となる「ミュータンス菌」を
抗菌して洗い流してくれます。

よく噛んで食事し、
唾液が多く分泌される人は、
虫歯になりにくいのです。




【唾液の分泌量低下チェック】

①柔らかい食べ物が好き

②人前で話すことが多い

③口を開けて寝ている

④花粉症や鼻炎である

⑤たばこを吸っている

これらに1つでも当てはまる人は
唾液の量が減っている可能性があるので注意が必要です。


【唾液を増やす唾液腺マッサージ】

唾液腺をマッサージすることで
唾液量を増やすことができます。

口を閉じた状態で、
唾液腺(頬骨下で耳寄りのところ)を
円を描くように10回ぐらいマッサージする。

食事前にこのマッサージすると効果的。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ