【ジョブチューン】カルピスシャーベットのレシピ!おいしい飲み方

カルピスシャーベット

2016年6月18日放送の「ジョブチューン」は
「国民的大ヒット食品のヒミツぶっちゃけ2時間SP第3弾

そのなかのアサヒ飲料 カルピスのヒミツをぶっちゃけ。

また、カルピスのおいしい飲み方や
カルピスを使ったアレンジレシピも紹介!

スポンサードリンク

アサヒ飲料 カルピスのヒミツをぶっちゃけ

1919年に日本初の乳酸菌飲料としてカルピスが誕生。

原液を薄めて飲むお得感と甘酸っぱいおいしさが人気で
日本人の99%が飲んだことがある国民的飲料。

年間売上げ11億本にものぼります。

アサヒ飲料 カルピスのヒミツをぶっちゃけ。

『大正時代に誕生したカルピスは、
カルピスの原液を100年間、継ぎ足しながら作っている!』

カルピス菌は創業者が偶然発見したもので、
なくなったらカルピスは二度と作れないという。

カルピス3つのヒミツ

群馬・館林市のカルピスの製造工場に潜入。
秘伝のタレのように継ぎ足しているカルピスは
どのように作られるのか。

3つのヒミツを大公開。

カルピスの原料は牛乳。
カルピスの白さは原料である牛乳の色で
着色料は一切使っていない。

新鮮さにこだわり、工場の近くにある
契約牧場からしぼりたての牛乳が届く。

そして工場に届いた牛乳は遠心分離機で分離し
脂肪分をとりのぞいた脱脂乳が出来る。

続いて脱脂乳にカルピス菌をいれて発酵させる。

約100年間継ぎ足しているカルピス菌の原液を
特別に見せてもらうことに。

のぞいてみるとタンクの中には白い液体が。

原液は脱脂乳が入ったタンクに入ると発酵がはじまる。
発酵が始まるとカルピス菌が増えるので
増えたカルピス菌の一部をとっておき、
次に作る時に使用する。

スポンサードリンク

この方法で約100年間カルピス菌は受け継がれてきた。

約2週間、カルピスを発酵させて熟成。
カルピスは2回発酵させて作られる。

1回目の発酵でヨーグルトのような酸味が生まれ、
これに砂糖を入れタンクで寝かせると
2回目の発酵がはじまり、
甘酸っぱい味に変化する。

このように2回発行させて作るのは
数ある乳酸菌の中でカルピスだけなのだという。

出来上がったカルピスは水玉ラベルを貼り完成!

工場は2ヶ所あり、非常事態にそなえ、
カルピス菌は冷凍保存されている。

その場所は社員の99%が知らないが、
社長は以前に神奈川県とテレビで発言している。

カルピスのそのほかのぶっちゃけ

口の中に残る白い固まりは
カゼインと唾液が反応してできるもの。

カルピスバターという商品はカルピスを作る際の
脂肪分で作られている。
隠れた人気商品とのこと。

カルピスのおいしい飲み方、食べ方

社員は居酒屋ではカルピスサワーを飲むという。
カルピスサワーはカルピスのの社員が考えた。

カルピスとビールを1:5で割る
カルピスビールもおすすめ。




【カルピスシャーベットのレシピ】

アサヒ飲料社員がオススメする暑い夏にピッタリの
カルピスを使ったシャーベット。
 
『材料』
カルピス
牛乳
レモン→お好みで
 
『作り方』
カルピス1:牛乳2の割合で
混ぜ合わせる。
 
2.お好みでレモン汁を加えてもよい。
 
3.冷凍庫で3~4時間凍らせるだけ!
 
3~4時間であれば簡単にほぐすだけで
完全に凍らずにシャーベット状に。


感想

この日放送されたそのほかのぶっちゃけ↓

【ジョブチューン】 味の素の冷凍食品 ギョーザの油と水なしで羽根つきギョーザが焼けるヒミツ!

【ジョブチューン】かっぱえびせんの名前の由来や人気は“紀州の梅”味

【ジョブチューン】グリコ プッチンプリンのおいしいレシピ!

【ジョブチューン】敷島製パン パスコの超熟食パンの和風ピザトーストのレシピなど

【ジョブチューン】日本ハム シャウエッセン肉じゃがのレシピ!おいしい食べ方も

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ