夏野菜のテリーヌのレシピ【あさイチ】by工藤敏之

夏野菜のテリーヌ

2016年3月10日放送の「あさイチ」の「解決!ゴハン」で
夏野菜のテリーヌが紹介されました。

子供も喜ぶ夏野菜料理というリクエストにこたえます。

フランス料理店総料理長の工藤敏之さんに教えていただきます。

スポンサードリンク

夏野菜のテリーヌのレシピ


【夏野菜のテリーヌのレシピ】

夏野菜のテリーヌ

『夏野菜のテリーヌの材料』

ほうれんそう→4株
グリーンアスパラガス→5本
オクラ→8本
モロッコいんげん→10本
きゅうり→2本
枝豆(冷凍)→500g
とろろ昆布→2g
塩→少々
にんにく→(つぶす1かけ分
昆布→(10センチ角)1枚
粉ゼラチン→20g

A(ソース)
マヨネーズ→30g

パプリカパウダー→1g

酢→小さじ1


サーモン(刺身用)→適量
ラディッシュ→適量
バルサミコ酢→適量

スポンサードリンク

『夏野菜のテリーヌの作り方』

1.ほうれんそうはよく洗って土を落とす。
グリーンアスパラガスは下半分ほど皮をむく。
きゅうりは縦半分に切る。
枝豆は解凍しておく。

2.野菜をゆでる。
鍋に湯を沸かし、塩とにんにくを入れる。

にんにくを入れると野菜の臭みがとれる

グリーンアスパラガスを2分間ほどゆでたら
モロッコいんげん、オクラを加える。

約30秒たったらきゅうりとほうれんそうを加えて、
さらに30秒間ゆで、氷水に取る。

野菜のゆで時間が違うのでずらして入れる
ゆですぎない

3.ゆで汁に昆布を加え、冷ます。
そこから200mlだけ
別の鍋に取り分けておく。

ゆで汁も使う

4.しっかり水けをしぼった②をゆで汁に加え、
冷蔵庫で約30分間浸す。
※枝豆はあとでとりずらくなるのでいれなくてよい

5.あらかじめ取り分けておいた200mlの
ゆで汁を温める。

粉ゼラチンを加えてよく溶かし、
ゼリー液を作り、粗熱をとる。

6.④の水けをしっかりきる。
ほうれんそうは葉と茎を切り分ける。

容器にラップを敷き、ほうれんそうの葉を
容器のふちからはみ出るように広げる。
そこに野菜を重ねていく。

グリーンアスパラガス・とろろ昆布・ほうれんそうの茎
・ゼリー液・オクラ・枝豆・とろろ昆布
・モロッコいんげん・ゼリー液・きゅうり・ゼリー液
・ほうれんそうの茎の順に重ねる。

夏野菜のテリーヌ

※容器は冷やせる容器ならo.k

7.はみ出てているほうれんそうの葉で覆い、
ラップでしっかりくるんで冷蔵庫で約1時間冷やし固める。

8.Aの材料を混ぜ合わせてソースを作り、
器に塗る。

切った⑦をのせる。

飾りにサーモン、ラディッシュを添え、
バルサミコ酢をふれば
夏野菜のテリーヌのできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ