【林修の今でしょ!講座】臓器別ダイエット!便秘解消のらっきょうスムージーの作り方

臓器別ダイエット 便秘解消

2016年6月21日放送の「林修の今でしょ!講座」は
夏までに痩せたい!最新のダイエット法! 「脳」「胃」「腸」
の「臓器別ダイエット講座!」

-15kgやせた池谷敏郎先生が、4つの臓器の力に注目し
簡単に痩せるダイエット術を教えます!
ここでは「胆のう」を解説。

便秘を解消してやせやすくする
らっきょうスムージーの作り方も紹介!

スポンサードリンク

胆のうでダイエット!脂肪燃焼の秘密兵器

胆のうから出る胆汁が脂肪燃焼に密接に
関わっているという事が
最新研究によって明らかになりました。

胆汁というのは食後に
体内を巡って食べた油をきめ細かく分解して
その油を腸から吸収してエネルギーなどの材料として
使えるようにしてくれる大事なもの。

最高峰の科学誌ネイチャーで発表!
胆汁は脂肪燃焼を高める

慶應大学医学部の渡辺光博教授の研究で
胆汁が脂肪の燃焼を促進する働きを持つ
という事が明らかになったのです。

胆汁が体内の各細胞内にあるミトコンドリア
(エネルギーをつくる物質)に
エネルギーをつくる指示を出している。

胆汁というのはただ脂肪を吸収しやすくする
ものだけではなくて脂肪燃焼の現場監督的な存在だった
という事がわかったのです。

しかし胆汁の量は増やせない。
胆汁は体内にめぐった後に肝臓に戻ってきて、
再び胆汁となって出ていく。
それがまた胆のうへたまってきてまた巡り巡る。
体内の胆汁の量はほぼ一定。

しかし胆汁の力を利用して
脂肪をどんどん燃やしてほしいですよね。
ではどうするか?
古い胆汁を排出して
新しい胆汁を作るようにすればいいのです。
新しい胆汁は脂肪燃焼の効果が高い。

スポンサードリンク

胆汁が捨てられるのは便の中。
1回の排便で胆汁全体の約5%が排出されて
その分5%の新しい胆汁が作られて補充される。

便秘を解消し、古い胆汁を排出する事で
脂肪燃焼の効率を上げると期待できる。

では胆汁をどんどん排出するためには
どうすればいいんでしょうか?

それにはとるべき食べ物があるのです。
それは水溶性食物繊維を含む野菜。

100g中の食物繊維
キャベツは0.4g。
大根は0.5g。
ごぼうは2.3g。

しかし、それよりも豊富に含まれる食べ物は
らっきょうなのです。

100gに対して、なんと18.6gの水溶性食物繊維が含まれている。

らっきょうというとばカレーの付け合わせを思いだしますが、
カレーのらっきょうは酢漬けにしてあるので
水溶性の食物繊維は流れ出てしまっています。

水溶性食物繊維は水に溶けやすいので
酢などにつけずに生で食べるのがおススメ。

水溶性食物繊維を効率的にとる

らっきょうスムージーの作り方

『材料』
らっきょう→3粒
りんご→100g
レモン汁→大さじ1
はちみつ→大さじ1
水+氷→100g
ミント→お好みで

『作り方』
すべての材料をミキサーにかけるだけ。

好みに合わせてもうすこしあまいほうがよければ
はちみつを増やしたりしてもいいそうです。

感想

らっきょうをスムジーにするとは驚きですね。
これをのまなくても
要は便秘にならないようにすればいいのかなと思います。

「脳」「胃」「腸」の「臓器別ダイエット講座」の記事はこちら↓
【林修の今でしょ!講座】臓器別ダイエット!腸腰筋を鍛えるゾンビ座り体操など

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ