【この差って何ですか?】梅雨時、髪が広がるのを防ぐ対策!

髪の毛の長い女性

2016年6月19日放送「この差って何ですか?」の中の
梅雨時に「髪が広がる人」と「髪が広がらない人」の差を紹介。

スポンサードリンク

「髪が広がる人」と「髪が広がらない人」の差

梅雨時の雨の日のような湿気の多い日は
髪の毛がぼわっと広がって爆発している事って
ありますよね。

そんな時は髪の毛をセットするのもひと苦労。

反対に雨の日でもあまりぼわっと広がらず、
くしを通せば簡単にまとまる髪質の方もいます。

「髪が広がる人」と「髪が広がらない人」には
いったいどんな差があるのか。

美容師さんなどプロ向けのシャンプーを製造する
日華化学株式会社デミコスメティックス化粧品研究部主任の
天谷美奈子さんに聞きました。

この差は…髪の毛のキューティクルが
はがれているかいないか どうか

髪の表面を保護するたんぱく質である
キューティクルがはがれてしまうと
はがれた個所から髪1本1本が水を多く含んでしまい、
うねるように曲がってしまうため広がってしまいます。

湿度が高いとキューティクルが
はがれたところから水分が入り込み、
髪の毛が膨張し、太くなることで様々な方向に曲がり
全体にぼわっと広がってしまうのです。

つまりキューティクルを保てば梅雨時でも、
髪の毛は広がらないのです。

ちなみにくせ毛の人は
毛髪の断面がだ円形になっていたり、
いびつな形をしているので、水を含むと
さらに形にクセが出てよりうねってしまう。

スポンサードリンク

キューティクルを保護する方法

プロが教える梅雨時でも髪が広がらない
キューティクル保護テクニック。

キューティクル保護テクニック①
寝る前にしっかりブローする。

髪が濡れたままで寝ると
枕と髪の毛がこすれ、キューティクルは
摩擦に弱いのでキューティクルがはがれてしまうのです。
健康なキューティクルを保つには
寝る前にしっかり乾かすこと。

キューティクル保護テクニック②
寝る前にヘアオイルを使う。

ヘアオイルとは髪に栄養やつやを与えるためのオイル。

椿油、ホホバオイルなど
現在さまざまなヘアオイルがありますが、
中でも天谷さんがおすすめなのがアーモンドオイル。

髪の毛と同じ成分のオレイン酸が多く含まれ、
キューティクルを保護しながら
余計な水分をブロックしてくれるので、
雨の日でも髪の毛が広がりにくくなるのです。

毛の流れに沿ってつけるとよいそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ