【林先生の初耳学】顔のむくみ解消&若返り効果絶大!舌スイングエクササイズ

女性

2016年6月26日放送の「林先生が驚く初耳学」で
「外国人と比べて日本人の顔が圧倒的にむくみやすい理由」
がとりあげられました。

顔のむくみ解消&若返り効果絶大の舌スイングエクササイズも紹介!

スポンサードリンク

外国人と比べて日本人の顔が圧倒的にむくみやすい理由

日本人は世界でも特に顔だけがむくみやすい。

専門家が断言。
手や足ではなく顔だけがむくみやすいという。

林先生…知ってた?それとも初耳?

初耳!

【解説】
それは日本語では表情筋がほとんど動かないため。

むくみとは不要な水分や老廃物が
顔にたまってしまうために起こる現象。

これを解消するためには顔の筋肉を動かして
血流を良くして、溜まってしまった老廃物を
流す必要性があるのです。

しかし、わたしたちが普段使っている日本語が大問題。

実は日本語を話していても
むくみ解消に必要な表情筋を日本人は
約20%しか使えていないのです。

表情筋量はドイツが80%、アメリカ60%に比べ、
日本語は圧倒的に低い。

では日本語はどれくらい表情筋を使えていないのか?

日本ごとドイツ語を話せる女性に「桃太郎」を
日本語で読んだ時とドイツ語で読んだとき、
浸かっっている表情筋はどれだけ違うのか
サーモグラフィーを使って検証。

表情筋を使えば使うほど血流がよくなり、
体温が上昇し、赤く変化していくのですが、
日本語とドイツ語ではその変化の差は歴然。

温度があまり変化しない日本語に対してドイツ語は
首やおでこなどが大幅に赤く変化しました。

日本語は外国語と比べると、
ほとんど舌やくちびるを動かさなくても
意味合いが通じてしまう。

外国語には日本語にない、
舌やくちびるを使う発音が多い。

スポンサードリンク

表情筋を鍛える舌エクササイズの方法

宝田恭子先生はエクササイズ歴15年でむくみ知らず。

さらに60歳にはみえない風貌で
若返り効果も期待できるようです。


【舌スイングエクササイズ】

1.両手を胸の前でクロスさせる
2.上を向き、舌を限界まで突き出す
3.眼と一緒に左右交互にスイングさせる

舌スイングエクササイズ

左右に8回行う。

1日3セットやるだけで口のまわりの
表情筋を鍛えることができるので、
むくみ解消と若返り効果が期待できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ