【ジョブチューン】老眼&近眼の人は必見!100均の老眼鏡で視力回復法

視力回復

2016年7月2日放送の「ジョブチューン」は
「医者ぶっちゃけSP★ベストセラー医療本を書いた名医が大集合!」

日本の名医が書いたベストセラー医療本(秘)内容を公開

がん・認知症・高血圧・免疫・便秘・腰痛・睡眠・ダイエット!
常識が覆るぶっちゃけ大連発。

そのなかの老眼&近眼の人は必見の視力回復法を紹介!

スポンサードリンク

平松類医師の視力回復法のぶっちゃけ

名医が書いたベストセラー医療本から衝撃のぶっちゃけ。

近視や遠視、老眼など、
現在多くの日本人が視力低下に悩んでいる。

彩の国東大宮メディカルセンターの平松類医師は
白内障や緑内障など目に関する病気に関する書籍を執筆し、
視力回復を紹介したこちらの書籍は
5万5000部の大ベストセラーとなっている。

そんな眼科医 平松類のぶっちゃけ!

老眼や近眼の人が視力を回復するのに簡単で効果的な方法は



1日5分老眼鏡をかけて遠くをみること

スポンサードリンク

本来、近視や老眼はピントを合わせる筋肉が
老化や疲れで凝り固まっており、
老眼鏡をかけて遠くを見ることで
ピントを合わせる能力を1回
リセットしてくれるので効果的。

眼には毛様体筋という筋肉があり、
近くを見るときはぎゅっと縮んで
レンズの厚みが厚くなって見ている。

遠くを見るときはピーンと張って
レンズが薄くなって遠くを見ることができる。

老眼鏡をかけて見ると
ピーンと張るのでもギュっと縮むのでもなくて
リックスした状態になることで
疲労が回復されて視力が上がってくる。

老眼鏡は一般的に弱・中・強の3種類ほどあり、
“中”のぼやけ具合が最も効果がある。

普段中以外の老眼鏡を使っている人や
強度がわからない人は
100円ショップなどで売られている老眼鏡で
いいので“中”のメガネをかけて遠くを見る。

メガネやコンタクトをしてる人は、その上から使うと良い。

はっきり見えた状態からぼやけさせることが重要。

なので、メガネやコンタクトをはずして
老眼鏡をかけても効果的とはいえない。

5万5千部の大ベストセラー
に書かれている老眼鏡を使った視力回復方法を詳しく紹介!


【老眼鏡を使った視力回復方法】

中または+2の老眼鏡を使用。
5分間1m以上遠くをぼーっと見つめる。

たったこれだけ。

一生懸命みようとしないのがポイント

1日5分を1カ月ほど続けると効果が現れる。

メガネやコンタクトをしてる人は、
その上からかけてください。

見るものはテレビでも風景でも構いませんが
一生懸命見ようとせず
ぼーっと見るのがポイント。

ぼやけて見えるのが理想の状態。

すぐに効果が表れる方もけっこういるそうです。

8割ほどの人が効果を実感するが、
視力が0.1以下の場合は、疲労の回復や多少の改善はあっても
メガネやコンタクトを外すのは難しい。

先生もメガネをかけているが、
この方法を知った時には
すでにかなり視力が低下していたそうです。

Q.ほかに目に関して知られていないことは?

A.視力がいい人よりも、
視力が悪い人の方が認知症になりやすい。

眼から入ってくる情報が脳にうまく届いてくれない。
それによって認知機能。ものを判断する機能が衰えてしまう。

Q.眼にいい食べ物は?

A.ほうれん草。
ルテインが含まれていて
天然のサングラスといわれるほどに
光を防御する。
光りから守ってくれるので
白内障や失明原因ともなる
加齢黄斑変性症の予防にいい。

ルテインはケール、ゴーヤにもたくさん含まれているとのこと。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ