バイキング!みきママの超お手軽レシピ!ホットプレートでミラノ風ドリア

みきママドリア

2016年7月4日放送のフジ バイキング!
「坂上忍とみきママの超お手軽!マジックレシピ」

おうち料理研究家 みきママのアイデア料理を紹介!

『ホットプレートでミラノ風ドリア』

料理時間:25分
1人前:約168円

スポンサードリンク

ミラノ風ドリアのレシピ


【ミラノ風ドリアのレシピ】

みきママドリア

『ミラノ風ドリアの材料』(2人分)
高野豆腐→ 3枚
サラダ油→ 大さじ2
玉ねぎ→ 1個
赤パプリカ→ 1個
トマト→ 中3個
ぶどうジュース→ 大さじ3

温かいご飯→ 3合分(約1㎏)
ターメリック→ 大さじ1/2
ピザ用チーズ→ 200g
みじん切りしたパセり→ 大さじ1

(A)
薄力粉→ 大さじ4
水→ 大さじ2
塩・こしょう→ 各小さじ1/2

(B)
おろしにんにく→ 小さじ1
顆粒コンソメ→ 大さじ1
ケチャップ→ 大さじ5と1/2
中濃ソース→ 大さじ4
ナツメグ→ 3振り

(C)
薄力粉→ 大さじ5
バター→ 50g
牛乳→ 500cc
顆粒コンソメ→ 小さじ1
塩→ 小さじ1/4
ナツメグ→ 3振り

スポンサードリンク

『ミラノ風ドリアの作り方』

1.野菜を切る。
トマトを3㎝くらいの角切りにする。
玉ねぎをみじん切りにする。
赤パプリカは2㎝の乱切りにする。

ホットプレートを250度に熱しておく。

2.高野豆腐でひき肉を作る。
高野豆腐をたっぷりの水で5分ほど戻す。

水気をしぼって、包丁で横に4枚にスライスし
縦に千切りにしてさらに横にして
細かいみじん切りにする。

ボウルに高野豆腐を入れ(A)を加えて
手でもみこむ。

ホットプレートに高野豆腐と玉ねぎ、
サラダ油を入れて、
ヘラで5分ほど水分を飛ばすように
そぼろ状になるまで炒める。

3.ミートソースを作る。
②にパプリカ、トマト、ぶどうジュース、(B)を加え、
蓋をせずにさらに水分を飛ばすように
8分炒める。

赤ワインの代わりにブドウジュースを使う
お手軽で赤ワインよりまろやかな味に

焦げないように時々混ぜる。

4.ホワイトソースを作る。
薄力粉とバターを耐熱ボウルに入れて、
ラップをしないで600wで1分加熱する。

バターが溶けたら
泡立て器でよくかき混ぜる。

ダマにならないよう牛乳を少しずつ加えたら(C)を混ぜ、
さらにラップをしないで600wで5分加熱する。

加熱途中、3回取り出して泡立て器で混ぜる。

途中で混ぜるとムラができにくくなる

5.トッピングのカリカリチーズを作る。
30㎝×20㎝にカットしたオーブンシートに
ピザ用チーズ(50g)を広げる。

600wの電子レンジで3分~5分ほど、
全体がきつね色になるまで加熱し、
5分ほど粗熱をとる。

6.盛り付ける。
ごはんに色むらができないように
ターメリックを2回に分けて混ぜ込む。

サフランの代わりにターメリックを使う

ミートソースをホットプレートの周囲の端に寄せて、
温かいご飯を中央に広げる。
ミートソースをご飯の真ん中にのせ、
ご飯全体に広げる。

④のホワイトソースをご飯の端3㎝かかるように四方に
まわしかける。

残りのピザ用チーズをホワイトソース全体に散らして
蓋をして2分加熱し、チーズが溶けたらパセリを散らす。

⑤のカリカリチーズを上部にさしてミラノ風ドリアのできあがり!

※高野豆腐は刻んで薄力粉と水をまぶして
コーティングすることで水分を含まなくなり、
炒めるとポロポロしたひき肉のような食感に。

※赤ワインの代わりにぶどうジュースを入れることで、
赤ワインのコクと砂糖の甘みがでて、
子供が大好きなミートソースの味に。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ