【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材の梅干しレシピ!骨粗しょう症&肥満予防に

2016年7月4日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「大好評“身近なちょい足し食材SP”第4弾」

粗しょう症を予防し さらに肥満も防止する梅干しを紹介!

スポンサードリンク

宇都宮洋才医学博士のオススメちょい足し食材:梅干し

宇都宮洋才(うつのみや ひろとし)医学博士 
和歌山県立医科大学 機能性食品学 准教授の
オススメちょい足し食材は梅干し。

粗しょう症を予防し さらに肥満も防止する“日本古来の保存食”

梅干しというと古くから食欲増進作用や
抗菌効果が知られているが、
宇都宮博士の研究に新たな健康効果が注目されるように。

梅干しと骨密度に意外な関係があることが分かったのです。

和歌山県に住む男性約60人に
梅干しの摂取習慣と骨密度の関係を調査。

梅干しを週1~2個食べる人のほうが
全く食べない人より約1.2倍
骨密度高かったという。

これは本来カルシウムは水に溶けにくく
体への吸収率は低い栄養素。
クエン酸がカルシウムの吸収率をアップさせている。

【梅干しを摂取する事により期待できる健康効果】
1.カルシウムとクエン酸が吸着する事で、
カルシウムの吸収率が上がるといわれる。
これが骨粗しょう症予防につながる。

2.バニリンという成分が脂肪細胞を刺激し、
肥満予防に効果があるといわれる。

しかし、梅干しというとおにぎりやご飯と一緒に食べるぐらい。
そこで日本一の梅の生産地のみなべ町へ。

50年ほど前にみなべ町で誕生したといわれる南高梅は
果肉が厚く柔らかいことなどから
梅干しの最高級ブランドとして全国的に知られています。

「道の駅 みなべうめ振興館」には
様々な梅商品が販売されているほか、
江戸時代末期に漬けられた梅干しも実際に展示されている。

続いて梅農家のもとへ。

渡辺裕太さんが訪ねた5月下旬は、
まだ完熟する前の青梅の収穫時期。
青梅は梅酒や梅ジュースなどに使われる。

梅干し用の梅は6月に収穫。
完熟し、木から自然に落ちる。

新鮮なうちに約1ヶ月間塩漬けし、
4日間天日干しすれば梅干しが完成。

スポンサードリンク

梅干しのちょい足しレシピ

【梅干しご飯のおにぎり】
1.お米1合に梅干し1個の割合で、
炊飯器の中に梅干しを入れ、一緒に炊く

2.炊きあがってから種を取って混ぜる。

【サバの梅煮】
1.鍋に水、酒、みりん、砂糖、醤油を入れて煮立て、
サバと梅干しを入れ、中火で煮る。

2.煮上がったらそのまま冷まし、
梅も添えて器に盛る。

【梅醤油】
青梅500gを濃い口醤油500mlにつけ、
常温で約2~3か月保存する。

梅醤油は絶品の調味料。
こちらの家では
チャーハンに使うのが定番とのこと。

渡辺さんはさらに別のお宅を訪問。

アルミホイルの中に梅干しを入れて焼いた焼き梅を
バーベキューのタレに入れてお肉と合わせる食べ方が、
産地で流行っているとのこと。

焼き梅にはハチミツの梅干しが
おすすめとのこと。

ハチミツの梅干しとはいったん水につけて
塩抜きした梅干しにはちみつを加えたもののことです。



感想

この日放送のちょい足し食材↓
【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材の青じそレシピ!免疫力UP&夏バテ防止

【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材のきび酢のレシピ!長寿&美肌に効果的

【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材 桜エビのレシピ!シミシワ予防&疲労回復

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ