【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材のきび酢のレシピ!長寿&美肌に効果的

2016年7月4日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「大好評“身近なちょい足し食材SP”第4弾」

長寿&美肌 効果的な栄養素が10倍入った“神秘のお酢”
キビ酢を紹介!

スポンサードリンク

吉元誠農学博士のオススメちょい足し食材:きび酢

吉元 誠農学博士 元・鹿児島女子短期大学 教授
のオススメちょい足し食材はキビ酢。

長寿&美肌 効果的な栄養素が10倍入った“神秘のお酢”

お酢の健康効果として
①血圧を下げる
②血中の中性脂肪を減らす
③内臓脂肪を減らす

などさまざまな体に良い効果が認められています。

しかし、一口にお酢といっても
穀物酢や果実酢など
たくさんの種類があります。

しかし、どのお酢がより効果的なのでしょうか?

お酢の中でも“すごい酢”を
研究しているというのが元鹿児島女子短期大学(鹿児島市高麗町)教授の
吉元誠農学博士。

すごい酢とはキビ酢。
サトウキビから作られた酢のこと。

【キビ酢が持つ栄養と期待できる健康効果】
1.カリウム
体内の塩分を体外に排出して
血圧を下げる働きがある。

他の穀物酢よりも10倍も含まれている。

2.鉄
貧血の予防のほか
健全な身体の成長を促す働きがある。

通常の穀物酢の10倍も含まれている。

3.がんの原因ともなる活性酸素を消す力、
「抗酸化力」が米酢の約7倍。

吉元博士によると、サトウキビから黒砂糖は昔は“薬糖”とも呼ばれ、
それを丸ごと天然発酵させたものがキビ酢。

きび酢はポリフェノールも多く含み
活性酸素を打ち消す作用がある。
活性酸素は体内の細胞を老化させてしまう物質。

肌のシミやしわを作ったりや動脈硬化を促進したり、
がん細胞を発生させる原因に。

キビ酢には米酢よりも7倍もの
抗酸化力があったのです。

きび酢とは?

篠山輝信さんが奄美群島・与論島へ。
与論島では本土から調味料が入ってこなかったため、
味噌、醤油、酢などはすべて自家製でした。

きび酢は400年前から作られていたそう。
きび酢を使った定番の郷土料理はナマシィ(なま酢)

大根の酢のものをカツオなどの刺身とあえていただきます。

100歳以上の割合は与論島は
全国平均の約5倍。

まさに長寿の島です。

【キビ酢の作り方】
サトウキビのしぼり汁をアクをとりながら
煮詰めて糖度を調節。
ツボに入れてお酢になるまで発酵させる。

与論島に浮遊している酢酸菌が
酢に変えるとのこと

これを本土に持っていっても
酢にはならないのだそうです。

ツボの中で1年かけて発酵させて
地中で2年熟成させることで
与論島のきび酢が完成。
約3年もかかって作られます。




スポンサードリンク

キビ酢のレシピ

【キビ酢の水割りのレシピ】
キビ酢2に対して水を8で割る。

民宿「楽園荘」の主人は、これをを毎日飲んでいるという。
歯がとても丈夫で血圧も正常なのだという。

【おみそ汁】
おみそ汁のみそを入れる前にキビ酢をちょい足し。

【納豆】
納豆にかける。
納豆臭さをやわらげてくれる。

【キビ酢バナナ酢のレシピ】
ガラス瓶などの容器に、
1.1cm程度に輪切りにしたバナナ3本と、
黒糖300g、キビ酢500㎖を入れる。

2.常温で約3日間保存し、
バナナは取り出して残った酢を使用する。

これを水で割って飲んだり、
ヨーグルトなどにかけていただきます

牛乳で割ったバナナ酢牛乳は朝食に最適なのだとか。

【ゴーヤの肉詰め甘酢あんかけのレシピ】
1.ゴーヤは両端を切ってから、中をくり抜き、水洗いをする。

2.豚挽き肉にタマネギのみじん切りを加えて塩コショウし、
ショウガの絞り汁を入れて混ぜる。

3.①に②を詰めて、1~2cmの輪切りにし、
両面に片栗粉をまぶして160℃の油で揚げる。

4.甘酢あんを煮詰め、④の上からかける。

甘酢あんの材料→鶏がらスープ、キビ酢、
薄口醤油、砂糖、ゴマ油、酒、水溶き片栗粉

【バナナ酢牛乳のかき氷のレシピ】
前出のバナナ酢牛乳を凍らせて
かき氷に。

【冬瓜のビャースー(なま酢)のレシピ】
1.冬瓜を縦半分に切って、種とワタを取り除く。
※とうがんは体の熱を冷ます効果がある。

2.片方は身をくり抜いて器にする。
もう片方は皮をむき、くり抜いた身とともに
千切りにして水気を切る。

3.マグロやイサキなどの生魚と②を、塩少々、
薄口醤油、キビ酢で和える。
好みで唐辛子、葉ニンニクの細切りを混ぜる。

4.くり抜いた冬瓜の器に盛る。

丁宗鐵医師は、実は毎日お酒の代わりに飲んでいるそうです。

動脈硬化を予防したり血管にいい作用がある、
総合するとアンチエイジングで老化を予防してくれる作用がある。

秋津先生によると
さらにサトウキビの表面についている
のワックス分には
オクタコサノールという
果物の皮などに含まれる成分があり
運動機能の向上や
コレステロールを下げる作用があるとのことです。



感想

この日放送のちょい足し食材↓
【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材の梅干しレシピ!骨粗しょう症&肥満予防に

【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材の青じそレシピ!免疫力UP&夏バテ防止

【主治医が見つかる診療所】ちょい足し食材 桜エビのレシピ!シミシワ予防&疲労回復

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ