【あさイチ】わさびのレシピ!ガン予防やカビ予防、警報装置も

わさび

2016年7月6日放送のNHK「あさイチ」は「スゴイぞ!わさび」

わさびのガン予防予防の健康効果や
わさびを使ったわさびナーラのレシピ、
カビ予防、わさび警報装置などいろいろなわさびの活用法を紹介!

スポンサードリンク

わさびのレシピ


【わさびナーラのレシピ】

渡辺裕太さんおススメのわさびを使ったパスタ。
わさびの香りと風味が効いたさわやかなメニュー。

『材料』
パスタ(1.9mm)→100g

パルメザンチーズ(すりおろしたもの)→大さじ4

卵黄→1個

ベーコン→40g

牛乳→150ml

塩→小さじ1/2

チューブわさび→小さじ2

オリーブ油→適量

★わさびドレッシング
わさび→小さじ1

オリーブ油→大さじ1

しょう油→少々

『作り方』
1.パスタをゆでる

2.ボールにパルメザンチーズをすりおろし、
卵黄を入れておく

3.熱したフライパンにオリーブ油を入れ、
短冊切りしたベーコンに火を通す

4.ベーコンに火が通ったら、
牛乳・塩を加え、わさびを入れる

わさびは乳製品と相性抜群!
まろやかな味に

5.ゆでたパスタをフライパンに入れ、④となじませる

6.⑤のパスタを②のボールに入れて、余熱でまぜる

7.★を混ぜ合わせて、わさびドレッシングを作る

8.⑥にわさびドレッシングをかければ
「わさびナ―ラ」のできあがり!

ほかにも
納豆1パックに、チューブのわさび小さじ1杯程度を
入れて混ぜるだけのわさび納豆。

クリームチーズにわさびを入れた
わさびクリームチーズで野菜につけた食べたり、

わさびとマヨネーズを加えたポテトサラダ。

驚きの健康パワー

わさびのがん予防

本わさびの根茎部分に含まれる
「6メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート」
という成分にがん予防の効果が期待できることがあきらかになりました。

名古屋市内のわさび加工会社と愛知学院大学教授の
大澤俊彦さんの共同研究で明らかになったもの。

私たちの体には発がん物質を
肝臓などで分解する働きがあります。

人の肝臓細胞に6メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネートを
投与したところ発がん物質を分解する酵素の働きが
投与前に比べて2倍以上にアップすることが明らかに。

わさびの抗酸化作用

また、老化のもとになる活性酸素を抑制する
抗酸化作用があります

活性酸素は体の中にあって普通に存在している分には
悪くありませんが、多くなると体に悪さをするという細胞です。

酸化させてしまって老化につながってしまう
ということで取り除くのに、
大事になってくるのが抗酸化作用です。

抗酸化作用というとワインワインの
ポリフェノールを思い出します。
しかし、ポリフェノールの抗酸化作用は
消去型といわれています。

一方のわさびの成分は抑制型の抗酸化作用だと
いわれています。

消去型は出てきた活性酵素を消してしまうが、
抑制型そもそも出さないようにする働きがあるのです。

わさびの血液サラサラ効果

さらに血流を改善する血液サラサラ効果もあります。
血液サラサラというと玉ねぎを連想しますが、
玉ねぎと同じぐらいの効果があるとのこと。

小さじ1程度摂取すると1時間後には
血流が1.5倍ほどになるとのこと。

冷え性にも効果があるため、
女性にもおすすめです。

一日の摂取目安

量は1日に3~5グラムが目安です。

食べ過ぎてしまうと胃酸がで過ぎて
胃が荒れたりすることもあるため食べ過ぎには注意。

ただし、市販されているチューブのわさびには、
この成分があまり含まれていません。

また、西洋わさびには6メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネートは
含まれていないそうです。

わさびのすり方は“の”をかくように
やさしくするとよいそうです。



スポンサードリンク

抗菌パワーでカビ防止

わさびには、食中毒の原因となる菌を寄せつけない
抗菌効果があります。

チューブのわさびを皿に盛って
冷蔵庫に置いておくことで、カビ予防になります。

掃除の達人、大津たまみさんが教えてくれました。

市販のわさびチューブのもので大丈夫です。

ただ、乾くと効果がなくなってしまうので、
ラップをしてつまようじなどで小さな穴をあけておくと
わさびが乾きにくくなり、長持ちします。

わさびの浴室のカビ予防

チューブのわさびを水に溶かした「わさび水」を
浴室の壁や天井にふきかければ、
カビの予防につながります。

ふきかけたあと、拭き取る必要はありません。
週1回程度ふきかけると効果的です。


【わさび水の作り方】

『材料』
水→100ml
わさび→2g

『作り方』
わさび2gに水100mlを加え溶けるまで
よく振って混ぜればできあがり。

沈殿しやすいので使うときはよくふり、
作ったその日に使い切るようにします。

シンクの三角コーナーにふきかければ、悪臭予防にも。

天然の成分なので口に入っても安全。
小さいお子さんがいるご家庭でも
安心して使うことが出来ます。

わさびシート

お弁当に乗せておくだけで食中毒予防になる
「わさびシート」というものもあります。

わさび警報装置

2011年に、日本の研究チームが開発した
「わさび警報装置」がイグ・ノーベル賞を受賞しました。

イグ・ノーベル賞は、ノーベル賞のパロディとして
ユニークな研究に贈られる世界的な賞。

火災時、センサーが熱を感じると
スプレーからわさびの臭気が噴き出し、
そのにおいで危険を知らせてくれる
という優れものなんです。

わさびの辛味成分が嗅覚を刺激し
眠っていても起きることが出来るのです。

この装置は、聴覚障害者や高齢者など、
火災時に警報音に気がつけない人の
ためのもので、すでにホテルや障害者施設で
実用化されているとのことです。

研究開発チームの中心メンバー田島幸信さんによると
どんなにおいなら警報として使えるのか
さまざまなにおいを試したそうです。

かんきつ類やペパーミントのようなミント系のもの。
ラベンダーなどの花のにおい。
しかし、これらでは効果がなくあげくの果てに
わきの下や靴下、生ごみなど臭いにおいまも試したとのこと。
ただ臭いにおいだと人の迷惑になってしまい、
みんなに怒られたそうです。

100種類以上のにおいを試した末、
目を付けたのがわさびのつーんとくるにおいだったそうです。

努力が実ってよかったですね。

わさび警報装置↓

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ