【ゲンキの時間】夏になりやすい脳梗塞&痛風!脱水が原因

頭痛や風邪の病気

2016年7月10日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間 」は
「~夏の暑さは甘くなかった!~まさかの脳梗塞&通風」

なぜ夏に脳梗塞&通風の発症者が増えるのか、
その原因と対策法を解説!

スポンサードリンク

脳梗塞と痛風の原因となる脱水とは?

夏に注意が必要な病気といえばまず浮かぶのが熱中症ですが、
夏に患者数が増える病気が2つ。
脳梗塞と痛風。
脳梗塞は命に関わる病であり痛風は激痛を伴います

夏にこの2つの病気が増える原因は同じで、
どちらも脱水が大きく関係しています。

どの程度で脱水してしまうのか?

それを番組では夏の炎天下に30分いた状況を
サウナで再現。
暑い環境で体内はどう変化するのか調べます。

実験に参加するのは、ゲンキチャレンジャーのTさん(43歳)、
Yさん(54歳)、我が家の谷田部さん(38歳)の3人。

実験に立ち会ったのは、東京慈恵医科大学の作田健一先生です。

炎天下に30分いる状況は、
10分間のサウナ+5分休憩×2セットの合計30分
に相当するとのこと。

その通りにはいります。
水分は一切取らずに、汗を流しました。

実験前の体重と実験後の体重の差で、
体外に出た水分量を計測します。

3人とも体重が減少しました。

【体重の変化 】
Tさん→-700g
Yさん→-600g
谷田部さん→-200g

この短時間で脂肪が燃焼したとは考えにくいので、
水分が減ったと考えられます。

作田先生によると、(一概には言えないが)
200g減っただけでも脱水状態に近いそう。

では、脱水とは?
体重の5%が血液といわれていて、
その血液の重さが10%減ると脱水の
ボーダーラインとされています。

簡単にいうと、体重の約0.5%が減ると
脱水状態といえます。
Yさんで例えると体重が90kgなので、、
その0.5%の450g以上の汗が出ると
脱水になるということです。
したがってサウナ実験後、
-700g減ったYさんは脱水状態といえます。

となると血液の状態も気になります。
身体の水分が減ると血液はどのように変化するのでしょうか。

今回、3人の血液検査を解析してくださったのは、
東京慈恵医科大学の井口保之先生。

実験後の3人の血液はみんな粘度が上がっていたのそうです。

血液の粘度を表す血液濃度が5%上昇すると、
脱水状態と判断されます。

【3人の血液濃度】
Tさん→+9%
Yさん→+6%
谷田部さん→+2%

3人中2人が基準値の5%を超え、
脱水状態だったという結果に。

血液の粘度が高くなると、
血栓ができて血管の中を詰まらせてしまう。

脳梗塞は、脳の血管に血栓といわれる血の塊が詰まり、
酸素や栄養が送られなくなることで脳が障害を受ける病気。

脱水で血液濃度が高まると動脈硬化を招いたり、
脳の血栓ができやすくなったりするのです。

サウナに入る前と後で、こめかみ付近にある
血管の脈の回数を計測。

10秒間の脈の回数で比較すると、
3人ともサウナ前と後では1回増えていました。

脈の回数が増えたのは、やはり脱水のため。
この1回の増加が脳梗塞を招くことも。

脱水をしてしまうと、
脳を含めて全身の臓器が血液を欲しがります。
すると心臓は全身に血液を送り出そうと活発に活動。

それにより脳に血液を送る血管の脈の回数が増加。

しかし、心臓には大きな負担がかかり、
動きが不規則に。

すると心臓内の血液がよどみ、血栓が出来てしまう。
これが重大な脳梗塞を招く可能性があるのです。

特に注意したいのが心原性脳塞栓症なのだとのこと。

脳梗塞は、詰まる血管の太さや詰まり方によって3つに分類されます。

(・アテローム血栓性脳梗塞
・ラクナ梗塞
・心原性脳塞栓症)

その一つが、心原性脳塞栓症。

心原性脳塞栓症は、心臓に出来た血栓が血流にのり脳に運ばれ、
脳の太い血管を詰まらせる
最も危険な脳梗塞とも言われています。

脳梗塞を招く危険な脱水に注意しましょう。

スポンサードリンク

屋内でも脱水の危険が

脱水というと屋外をイメージしがちですが、
実は屋内でも危険があります。

普段の生活の中でも、
水分は失われていくのです。

【行動別水分損失量 】
4時間座る(室温23℃)→約200ml
1回のトイ→約200~400ml
8時間の睡眠(室温29℃)→約500ml
15分の入浴(水温42℃)→約800ml

人間は普通に生活していても
1日約900mlもの水分が失われているとのこと。

特に夏場は汗が大量に出てくるので、
気付かないうちに体が脱水状態になることも。

また、人間は年齢とともに
体の渇きを感じにくくなったり
冷たいものを摂りすぎると、喉の渇きを感じにくく
少量で満足してしまい脱水につながることも。

特に、高血圧・高血糖の人は、
体の水分バランスを崩しやすいので要注意です。

痛風が起こる原因は尿酸と脱水

風が吹いても痛いといわれる通風。

痛風の目安となるのが、
健康診断でも分かる尿酸値。

尿酸値が7.0を超えると高尿酸血症と診断され、
痛風の危険な域とされています。

夏に痛風が増えるということは、
夏に尿酸が増えるということ?

教えてくださったのは、プリン体と尿酸に詳しい
帝京大学薬学部の金子希代子先生。

普通、尿酸は血液中に溶けているため見えないものなのだそうです。

しかし、尿酸が血液に溶けきれなくなると、
ナトリウムと結合して結晶化。
この結晶化は、尿酸値が7.0を超えると起こるとのこと。

痛風のポイントになる尿酸値7.0とは
尿酸が血液に溶けきれなくなる値だったんです

尿酸は、食べ物や飲み物に含まれてい
るプリン体を摂取すると増加します。

そしてもう1つの尿酸が増える理由が脱水。

これは脱水によって血液が少なくなればなるほど、
尿酸値が高くなって結晶が増えていくため。

この時期に痛風が増えるのは
脱水により血液が濃くなり
尿酸値が上昇していたのが原因だったんです

実は先ほどのサウナ実験の前後で
尿酸値も計測していました。

【尿酸値】
Tさん:4.43→5.1
Yさん:6.0→6.3
谷田部さん:7.3→7.5

尿酸値は全員上がっていました。

特に矢田部さんは実験の前からすでに7.0を超えていました。

なぜ尿酸値が高くなると足が痛くなる?

痛風のメカニズムを知るため
東京慈恵医科大学の高根絋希先生のもとへ。

なぜ、尿酸の結晶が増えると足が痛くなるのでしょうか?

尿酸は結晶になると、足の関節の中に重なっていきます。

結晶化した尿酸は足の親指の付け根に溜まりやすい特性があり、
痛風発生の約7割がここで発生します。

しかし、酸値が高くても痛みのない人もいます。

それは尿酸の結晶がはがれ落ちれば、
痛みは起こらないとのこと。

痛みが起こるのは、何らかの動作や運動などによって
関節に付着していた結晶がはがれ落ちたとき。

そのはがれ落ちた結晶を、
白血球は異物と認識して排除しようとします。

排除しきれなくなると炎症物質を排出し、
それが痛みを引き起こすのです。

痛くなる一歩手前、いわゆる痛風予備軍の人は、
日本に500万人近くいると言われているそうです。

井口先生によると、
谷田部さんは明らかに高尿酸血症だという。

矢田部さんはお酒が好きなのだそうです。

アルコールそのものが尿酸自体の排泄を抑えてしまって
尿酸値が高くなる可能性があるとのこと。

また、ストレスによっても尿酸値が高くなると言われています。

高尿酸血症というのは、関節に悪さをするだけでなく、
全身の血管を痛める。

つまり、動脈硬化をすすめてしまう可能性も
高くなるので注意が必要です。
特に、腎臓に要注意とのこと。

脱水クイズ

どちらが脱水が起きやすい?
A.ぽっちゃりしている人
B.ムキムキ筋肉マッチョな人

正解
A.ぽっちゃり肥満型の人。

皮下脂肪は水分を溜められないのに対し、
筋肉には水分を溜める働きがあります。

そのため、肥満型の人の方が脱水になりやすい。

どちらが身体がカラカラ?脱水クイズ
A.ビールを飲んで寝る
B.何も飲まないで寝る

正解
A.ビルを飲んで寝る。

アルコールは、水分としての機能はほとんどない。
また、尿が出やすくなる利尿作用があるため、
脱水になりやすい。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ