【ヒルナンデス】鶏の照り焼きチキンのレシピ!大ヨコヤマクッキング

鶏の照り焼きチキン

2016年7月14日放送の日テレ「ヒルナンデス」の「大ヨコヤマクッキング!」

今回教えてくれるのは、
和食 鈴なり店主村田明彦シェフと
広尾オステリア・ルッカの桝谷シェフ。

しかし、その前に横山さんのクッキング腕試し。
今回は、鶏の照り焼きチキンを作ります。

スポンサードリンク

横山裕さんの照り焼きチキン

ゆで卵などに比べると難しそうな
照り焼きチキンですが4つのポイントをおさえれば
意外と簡単に作れるのです。

さっそく鶏の照り焼きチキン作りをスタート。
豚のしょうが焼きの時に筋切りすることを教わった横山さん。
今回も鶏肉を筋切りします。

横山はテリを出すため酒、みりん、しょうゆ、
ケチャップをあわせたタレを作り、鶏肉を漬け込みます。

そしてフライパンで鶏もも肉を強めの火力で焼いたのだが
30秒で焦げてしまい急きょ弱火に。

弱火で30秒焼きひっくり返すと全然焼けていないので、
その後フタをして蒸し焼きに。

そして合計2分焼き、見た目は照り焼きチキンのようだったが
中を切って確かめると生焼けでしっかり焼けていなかった。

その後薄く切って、火が通るまで焼き直し。

試食すると仕上がりは悪くなかったが?
焦げたことなどがマイナスとなってしまい
佐藤唯先生は0点の評価だったのでした。

4つのポイントも全て間違っていたとのこと。


スポンサードリンク

ABCクッキングスクールおすすめの鶏の照り焼きチキンの作り方


【鶏の照り焼きチキンのレシピ】

鶏の照り焼きチキン

『材料』
鶏もも肉1枚

しょうゆ→大さじ2

みりん→大さじ2

酒→大さじ2

砂糖→大さじ1

『作り方』
1.鶏肉の厚さを整えていく
厚い部分に包丁で切れ目を入れて肉の厚さを均等にする

2.フォークで皮目に穴を開けて焼き縮みを防ぐ
鶏もも肉はやわらかいので筋切りはしない

3.しょうゆ、酒、みりん、砂糖で合わせ調味料を作る
焼き時間が長い鶏肉は、下味(漬け込み)をすると
焦げる原因となるので、下味はしない

4.フライパンに油を引き、
焦げにくい皮面から中火で6~7分焼く

5.裏面は弱火で3分焼く

6.鶏肉に8割以上火が通ってから調味料を加える

7.鶏肉にタレをかけながら煮詰める

8.鶏肉に照りがでるまで煮詰めること約2分でできあがり!



ポイントは4つ!
1. 鶏肉の厚さを整える
2. 皮目にフォークで穴を開ける
3. 中火で焼きはじめ8割焼けたら弱火で焼く
4. 調味料を入れるのはお肉が8割焼けてから

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ