【ソレダメ】イケア(IKEA)の達人が教える裏ワザ!

イケア

2015年8月12日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~ 」

2016年7月16日に再放送されましたので、
その一部を紹介します。
イケアマニアの森井ユカさんがイケア(IKEA)の裏技を紹介!

スポンサードリンク

人気家具チェーンイケア(IKEA)のソレダメ

今、家具と雑貨で大人気のチェーン、イケア。

人気の秘密は豊富な品ぞろえと安さ、
カラフルでおしゃれなデザイン。

しかしイケアにもたくさんのソレダメが潜んでいます。
イケアのソレダメ3連発を紹介!

イケアマニアの森井ユカさん

IKEA立川店を訪れたのは、内藤大助一家。

ソファーとテレビ台、ベッド、
長男のエプロンが欲しいという。

お店に入るとイケアマニアの
森井ユカさんが出迎えてくれます。

イケアのソレダメを教えてくれる森井ユカさんは
イケアがうまれたスウェーデンをはじめ
世界20カ国のイケアを巡り歩いた経験を持ち
本まで出版しているのです。

イケアの達人ならではの裏ワザを大公開!


値段だけを見て買うのはソレダメ

まず一番気になるソファー売り場へ向かった。

イケアでは実際の生活をイメージしやすいよう
家の間取りを想定して家具がコーディネート、
展示されています。

そのまま住めてしまうようなショールームが
約50部屋もあるのです。

値段だけを見て買う→ソレダメ。

IKEAの値札の色は4つの種類があり、
色によって意味が違うのです。

白は通常価格
緑は新製品
→とにかく新しいものがほしいひとにおすすめ

黄色は期間限定の特別価格
→限られた時期のみ

黄色&赤は同じ種類の商品の中で最安値の商品。
→デザインよりとにかく安く買いたい人におすすめ



スポンサードリンク

商品の番号をIKEAのメモ用紙に書くのはソレダメ

IKEAは価格を安くおさえるため
セルフサービス。

そのため店内のいたるところに設置してるメモ用紙に
気に入った商品の番号をメモ。

そのメモを頼りに自分で倉庫に行って
組み立て前にパーツを取り出す。

そうやって買い物をするのがイケアのルールなのです。

内藤大助一家はテレビ台を見て、
リストに番号をメモしようとした。

ショッピングリストに番号をメモするのはソレダメ!

スマホで商品番号をとっておけば
間違いも防止されます。

商品も撮影しておけば
色で迷った時などもあとで確認できます。



欲しい商品を買うか悩むのはソレダメ!

ベッドコーナーへ向かった内藤大助一家。

家族4人で寝ているという一家。

よさそうなのがあったが、
ベッドを買うのは保留にしようとした。

欲しい商品を買うか悩むのはソレダメ!

何日かたってやっぱりあれが欲しいと思って来店しても
その時はないかもしれない。

イケアの商品は90日以内なら返品可能であるという。

組み立てた家具や使用した枕も返品交換できます。

その方法は店内にある返品カウンター。

商品、レシート、段ボールなどの包装、
購入時にあったものを全部持って行けば返品可能。

ちなみに返品された商品は
アウトレットコーナーで販売されます。
展示品などと一緒に最大70%offの格安で提供されるのです。


ソーイングサービス

長男、亮君のエプロンをチェック。
しかし気に入ったものがなく布地売り場へ。

けれども、奥さんはエプロンを作ったことがないという。

しかし、あきらめるのはソレダメ!

イケアにはソーイングサービスがあり、
気に入った生地でクッションカバーや
エプロンなどを作ってもらうことができるのです。

値段は物によって異なります。
クッションカバー→500円
トートバック→800円 
エプロン→1800円
テーブルクロス→1000~1300円

商品は10日前後で完成して
宅配便で届けてくれるのです。

ということで亮くんが選んだ生地で
エプロンを作ってもらうことにしました。

そして内藤一家は大量の家具を購入したのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ