【この差って何ですか?】野菜の皮(ファイトケミカル)を食べる方法!ベジブロスの作り方

野菜

2016年7月17日放送「この差って何ですか?」で
「皮を食べたほうがいい野菜と食べないほうがいい野菜の差」が
とりあげられました。

皮に含まれているファイトケミカルの栄養素や
皮の栄養を効率よく摂る方法を紹介!

スポンサードリンク

野菜の皮は食べたほうがいい

ゲストの寺尾聡さんが気になる差。

皮を食べたほうがいい野菜と
食べないほうがいい野菜の差はあるの?

寺尾聡さんは皮が好きで、梨の皮とかも
普段食べているそうです。

白澤卓二医学博士がスタジオ解説。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

皮を食べたほうがいい野菜と
食べないほうがいい野菜の差はありません。

基本的に野菜の皮は全部食べた方がいいのです。

皮には大事な栄養素が含まれていて「ファイトケミカル」といます。

ファイトケミカルはギリシャ語で、(ファイト=植物 ケミカル=化学物質)

「ファイトケミカル(phytochemial)」とは
野菜や果物に含まれる“第7の栄養素”と呼ばれているもので
近年注目を集めているのです。

ファイトケミカルの期待される効果

ファイトケミカルは抗酸化作用が強く
活性酸素を中和するので、
身体を若々しく保ってくれる働きがあります。

さらに、リュウマチなど関節の炎症を抑える抗炎症作用や
ガン細胞の増殖を抑える効果まであるといわれているのです。

特に皮ごと食べたほうがおすすめの野菜

・枝豆
・玉ねぎ

枝豆のヘタの部分にファイトケミカルがたくさんある
ゆでても残っているそうです。

「豆と野菜の栄養素」を持つ栄養価の高い夏野菜で、
紫外線から守るため、皮にファイトケミカルが多く入っています。

また、玉ねぎの茶色い皮には最強のファイトケミカルと
呼ばれるケルセチンがはいっている。

スポンサードリンク

皮を効率よく食べる方法

効率よく食べるには、野菜の皮を煮込んで作った
「ベジブロス」というダシにしてつかうとよいです。


【ベジブロスの作り方】

普段捨ててしまう野菜の皮や芯などを冷蔵庫に保存しておいて
野菜の皮を鍋に入れて30分ゆでるだけ。

野菜の皮や芯

このとき、野菜の茎やヘタも一緒に煮込むとよいです。

実は普段生ごみとして捨ている部分に
ファイトケミカルが多く含まれているのです。

ファイトケミカルのだしを保存しておいて、
お味噌汁などのだしとして使うと
毎日、簡単にファイトケミカルを摂ることができます。

特に皮ごと食べたほうがおすすめの果物

・りんご
・ぶどう

りんごの皮にはアップルポリフェノールという
ファイトケミカルがあって
動物実験では動物の寿命が伸びるそうです。

リンゴはそのままかじって食べればよいのですが、
ぶどうのようにふだん皮ごと食べない果物は
ミキサーに皮ごといれてジュースにするとよい。

種もそのまま入れるとよいそうです。

ミキサーにかけてもこの栄養素はこわれないとのこと。

メロンやスイカは外側の皮をいれると
あまりおいしくないので、皮に近い部分の白い部分も
ファイトケミカルが多いので
外側の皮を入れなくても白い部分を食べるとよいそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ