【林先生の初耳学】さくらんぼ狩りで甘くておいしい実を食べる方法!

さくらんぼ

2016年7月17日放送の「林先生も驚く初耳学」。

さくらんぼ狩りで甘くておいしいさくらんぼの実を食べる
方法が紹介されました。

スポンサードリンク

旬のさくらんぼは栄養豊富

さくらんぼの知識で挑戦するのが俳優の桐谷健太さん。

桐谷健太さんいわく、さくらんぼの軸が
青々としているものが新鮮。

旬をむかえたさくらんぼは今が栄養が豊富。

さくらんぼに含まれる葉酸は
新陳代謝を促し若返りの効果が期待でき、
また皮膚のうるおいを増す保湿作用のソルビトールも
多く含まれているので美容効果も高く
まさに女性の味方。

さらにさくらんぼ農家の人によると
今年は天候に恵まれていて例年にない大豊作で
色づきも良くいつも以上に甘いさくらんぼになっているそう。

そのためさくらんぼを使ったスイーツもかなり充実。

『アトリエコータ』
東京新宿区神楽坂

『リュードパッシー』
東京目黒区学芸大学

クープ・フォレ・ノワール 1350円

フランスの伝統的なさくらんぼケーキを
イメージして作ったパフェ。
さくらんぼを存分に使った
酸味と甘みがクセになるパフェです

スポンサードリンク

さくらんぼ狩りで甘いさくらんぼを食べる方法

桐谷健太さんからの出題。

さくらんぼといえばさくらんぼ狩りですよね。
さくらんぼ狩りは
甘い実を狙う必勝法があります。

それは意図的に美味しいさくらんぼだけを食べられる方法。
林先生、その必勝法知っていますか?

林先生…初耳!

今が最もおいしいさくらんぼ狩り。
その時に絶対外してはいけない心得は?

それは…
高い木の実を狙うべし!

さくらんぼの日本一の産地山形県の農家に話を聞くと
さくらんぼは高い所と低い所では明らかに味が変わるそう。

木の低い所と高い所とで甘さはどれぐらい違うのか。
糖度計を使って比較。

背の低い所のさくらんぼの糖度は20.2%

背の高い木のさくらんぼは31.4%

なんとその差11.2%!

なぜ甘みに差が出るのか?

それはさくらんぼの甘みは日光で作られているから。

太陽の光を浴びるほどさくらんぼは甘くなります

さくらんぼの甘みのもとであるブドウ糖は
日光による光合成で作られています
そのため遮るものの少ない、高い木になっている実は
甘みが強くなります

さらに高い所の方が大きい実がなっています

木の栄養は上へ集まる性質があるので
高い所の実は栄養も凝縮たっぷり蓄えているのです

出荷のさい、高い木の甘いさくらんぼは商品として食卓へ

いっぽう低い木のさくらんぼは
ジャムなどの加工品として使われるのです


さくらんぼ狩りに行けないという方は
とりよせてみては?↓

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ