【林先生の初耳学】エキストラバージンオリーブオイルの偽物に注意!

オリーブオイル

2016年7月17日放送の「林先生も驚く初耳学」。

日本のエキストラバージンオリーブオイルは
偽物も多いので買うときは要注意です。

スポンサードリンク

エキストラバージンオリーブオイルのウソ

そのおいしさはもちろん美容や健康面でも
人気のオリーブオイルの問題。
数ある商品の中でも高級とされるのが
エキストラバージンオリーブオイル。

新鮮なオリーブを100%使用し、
加熱殺菌・脱臭などの化学処理(精製)を
していないのが特徴で、

名乗ることができるのはEUが設立した国際オリーブ協会で
細かくオリーブオイルの品質基準が設定されています。

そのためエキストラバージンオリーブオイルは
普通のオリーブオイルよりも
2~3割高い価格で販売されています

日本のエキストラバージンオイルは
実は名乗り放題。

林先生知ってた?初耳?

オリーブオイルには
うるさいといっていた林先生ですが
…初耳!

林先生「日本国内に流通しているエキストラバージンオイルに
はにせものが多いというのはもちろん知っていました。
だからすごく気をつけて買っている。

エキストラバージンオリーブオイルの条件は
酸度が0.8%以下、精製していないもの

でも何で日本だけいいという事情は…。」

品質基準があるのに日本では
定められた条件を満たしていなくても
エキストラバージンオイルと名乗れるのだという。

それには生産国と日本のそれぞれ
問題があるのだそうです

生産国のオリーブオイルの事情

日本オリーブソムリエ協会理事長多田さんによると

スポンサードリンク

エキストラバージンではないような
質の悪いオイルがエキストラバージンのラベルを貼って
日本に入ってきている。

オリーブオイルの生産国では
コストの安いオイルを混ぜたような
エキストラバージンの基準を満たしていない
ニセモノが出回り問題化。

こうした商品が日本にも
少なからず輸入されているといいます。

日本のオリーブオイル事情

基準を満たしていない商品が日本にそのままやって来て
国内法で何らかの規制がかかるかというと
それを規制する法律が日本にはなりません。

日本はオリーブオイルの生産量が少ないため
ヨーロッパの生産国のように
エキストラバージンの品質基準を定めた法律がありません。

日本は国際オリーブ協会に加盟していないのです。

そのため生産国で基準を満たしていない商品が
日本でエキストラーバージンとして売られても
法律上問題はないのです。

そこでたよりになるのが
味と香りから品質を見極めることができる
オリーブオイルソムリエのいる専門店!

身近な食材だからこそ
正しい知識と情報で賢く商品を
選びましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ