【この差って何ですか?】朝と夜のジョギングのダイエット効果の差!

ジョギングでダイエット

2016年7月17日放送「この差って何ですか?」で
「朝と夜のジョギングにはダイエット効果に
差があるのか? 」が
とりあげられました。

朝、走ったほうが体脂肪が減る実験と理由も紹介!

スポンサードリンク

朝と夜のジョギングダイエット効果の差

ある調査によると、
いつジョギングをしているのかと聞いたところ、
朝と回答した人は34%、夜と回答した人は49%でした。

朝ジョギングする人と夜ジョギングする人の
ダイエット効果には差があるのか?

20代~40代の男女8人に実験に参加してもらいました。

実験前に体重と体脂肪率を計測。

朝ジョギングチームは朝食前の朝7時に走り
夜ジョギングチームは夕食前の夜7時に走ります

毎日30分を1週間走ってもらいました。

食事も公平にするため朝昼晩、
全員同じお弁当を食べてもらいました。

実験を見届けているのは
日本体育大学准教授の岡田隆さん

効率よく脂肪を燃やすポイントを
教えてくれました。

ジョギングはゆっくり走る

脂肪を燃焼するには酸素が必要。
うまく酸素が取り込める
会話できるスピードで走ったほうがいい。

また、走り始めて20分以上走ると体温が上昇し、
脂肪を燃焼し始める。

脂肪を燃焼しやすくするには20分以上走る

スポンサードリンク

朝ジョギングチームと夜ジョギングチーム
どちらが多く体重と体脂肪率が減ったのか?

『朝ジョギングする人の体重の結果』
4人の平均値を見てみると1週間で-2.7kg

『夜ジョギングする人の体重の結果』
4人の平均値を見てみると1週間で-2.1kg

朝ジョギングする人の方が
夜ジョギングする人より
若干ですが、-0.6kg体重が多く減ったのです。



『朝ジョギングする人の体脂肪率の結果』
ある男性
26.6%→24.2%で-2.4%減

ある男性
21.3%→17.0%で-4.3%減

4人の平均体脂肪率は1週間で-2.0%減

『夜ジョギングする人の体脂肪率の結果』
ある女性
26.6%→26.2%で-0.4%減

4人の平均体脂肪率は1週間で-0.7%減

朝ジョギングチームの方が約3倍も体脂肪率が
減少するという結果に



朝ジョギングで体脂肪率が減る理由

朝食前なので空腹で血糖値が低い状態のため
痩せやすい状態になるとのこと。

そもそも人間は、運動すると
糖分と脂肪を燃焼しますが
まず先に糖分を燃焼させてから
脂肪を燃焼します。

朝は朝食前で何も食べていないので
体内に糖分がほとんどありません

そのためすぐに脂肪が燃焼しはじめるのです

夜は朝食や昼食を摂った分、
体内に糖分が多くあるので
なかなか脂肪が燃焼されないのです。

もし夕食後に走った場合は
さらに糖分が増えているので余計に
脂肪が燃焼しづらくなります

効率よく痩せようと思ったら、
朝、ジョギングした方がいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ