1位のロバート馬場のカレーパンのレシピ・作り方!秋吉久美子も【プレバト】

ロバート馬場のカレーパン

2016年7月21日放送の「プレバト」の中の「パン作りランキング」

その中から1位のロバート馬場のカレーパンのレシピと
秋吉久美子のパンが最下位だった理由を紹介!

スポンサードリンク

世界一のパン職人佐々木卓也先生

今回査定をするのは世界一のパン職人佐々木卓也先生。

4年に1度フランスで行われる
ベーカリー・ワールドカップで見事優勝。

繊細で奥深い味わいを生み出す佐々木のパンは
パン愛好家だけでなくプロからも一目置かれています。

ロバート馬場のカレーパンのレシピ

ロバート馬場のカレーパン

生地をもっちりさせるために
生地にタピオカ粉を加え、
カレーにコクを出すために
カシューナッツペーストを加えています。

『材料』
(生地)
強力粉→200g
タピオカ粉→50g
ドライイースト→3g
砂糖→15g
塩→3g
バター→30g
溶き卵→大さじ1
水→150ml

(カレーの具)
合い挽き肉→150g
にんにく→1片
生姜→1片
玉ねぎ→1/2個
にんじん→1/2本
セロリ→1/2本
トマトペースト→大さじ2
カシューナッツペースト→40g

サラダ油→大さじ1


(スパイス)
ターメリック→適量
チリパウダー→適量
カルダモン→適量
ナツメグ→適量
コリアンダーパウダー→適量
クミン→適量

スポンサードリンク

『作り方』
1.フライパンでカレーの具を炒め
カシューナッツペーストを加える。

カシューナッツペーストを入れると
コクが出る

2.スパイスは別のフライパンで油をひいて炒めてから
①の具材と合わせて香りが飛ばないようする。

3.ボウルに生地の材料を入れてよくこねる。

タピオカ粉は
熱を加えると膨らみ、パンの生地をもっちりさせる

4.生地を小さくちぎってカレーを包む。

5.170℃の油で2~3分揚げればできあがり。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

佐々木先生「普通のカレーパンってルーだけみたいな
感じのが多いが、これはドライカレー的な感じで
すごい具材を食べてる感じがします。
パン生地もすごくもっちりしている。」


秋吉久美子のパンが最下位の理由

秋吉久美子はヨモギのフランスパンを作ったのですが、
最下位でした。

健康にいいとされる全粒粉を使ったのですが、
実は量とこね具合が難しいハイレベルな食材なのです。

ちなみに先生も全粒粉のパンを焼き上げましたが、
2つの膨らみ具合の差は歴然。
生地を根気よくこね続けることも
全粒粉で美味しいパンを作る大切なポイントだったのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ